皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】卵管閉塞と卵管水腫で自然妊娠不可!医師より体外受精勧められ

妊活

36歳女性、専業主婦です。
夫は33歳の会社員です。

 

夫との出会いは32歳の時、焦って婚活していた時に、合コンで知り合いました。
交際開始から結婚までは半年

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

おりものの匂いが気になるけど・・・不妊の原因?

妊活

 

交際3ヶ月で妊娠発覚し、結婚に向けて動いている最中に切迫流産。

 

残念ながら死産となったが、予定通り結婚し、妻はすぐ子供が欲しかったが、夫は2人の時間を楽しんでからで良いと思っていた。

 

結婚後1年は避妊、その後自然妊娠せず、2年経過してから病院で不妊治療開始

 

ネットでも妊活情報収集し、タイミングを取るのにベストな期間や回数を基礎体温を毎日測って、妊活アプリで体調管理をしました。

 

タイミングを取るのにお互い仕事で疲れていると上手く行かないこともあり、妻が転職して、出来るだけ万全にタイミングを取れるように努力しました。

 

元々、妻はホットヨガを趣味としていましたが、妊娠しやすい体づくりのために、生姜パウダーや腹巻、五本指ソックスなど、体を冷やさないように積極的に温活もしました。

 

妊活サプリも夫婦で飲みました。
自己流でタイミングを取ろうとしても夫が疲れていると、拒否されたり、タイミングの度に夫婦喧嘩になったりもしました。

 

その度にお互いに子供が欲しい気持ちを確認し合って、自己流のタイミング法でいつまで頑張るか、期間を決めました。

 

決めた期間までに妊娠出来なかったら、不妊治療専門のクリニックで治療をしよう!と決めて、2人で説明会に参加し、今後、どのような治療をしていくかを夫婦で話し合いました。

 

治療費も高いので、検査の結果次第ですが、どこまで治療するか…などの話し合いもしました。

 

流産から1年後、仕事のストレスなどで、生理不順や不正出血がありましたが、近所の婦人科で診てもらい、異常がなかったのをきっかけに生理不順も不正出血も治りました。

 

その後は特に体調不良はありませんでしたが、おりものの匂いが気になることはありました

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

片側の卵管は閉塞、片側は卵管水腫で自然妊娠が出来ない

妊活

 

不妊治療は、現在も通院中ですが、1年弱です。

 

まず全ての検査をするのに、週一回ほどの通院で一ヶ月くらい掛かりました。
検査の費用は7万円程だったと思います。

 

私の場合は卵管造影検査で異常が見つかり、片側の卵管は閉塞、もう片側は卵管水腫とわかり、自然妊娠が出来ないと言う医師の判断で、体外受精を勧められました。

 

夫婦で話し合い『やるだけやってみよう!』と決めて、顕微授精をしましたが、1回目は陰性。
それまで掛かった費用は80万。

 

卵管水腫があると着床しにくいデータがあり、医師から卵管切除の手術をすすめられ、これから卵管の手術をする予定です。

 

卵管水腫があるため、着床を妨げるリスクがあり、卵管を切除してから胚移植をした方が、着床の確率が上がると医師に勧められていましたが、切除したとしても必ず妊娠出来る訳でもないため、一度目はそのまま顕微授精で移植しました。

 

結局、上手く行かなかった為、医師に勧められた卵管切除の手術をしてから2回目の移植をする予定です。

 

卵管切除の手術日までの時間があったので、その間に2度目の採卵をし、顕微授精で一個、凍結胚を保存。

 

両卵管切除の腹腔鏡手術をした後、経過を見て、今後、凍結胚移植をする予定です。

 

不妊治療助成金は申請しましたが、すぐに貰える訳ではないのと、助成される金額も少ないし、助成される回数も決まっているため、金銭的負担は大きい。

 

また、仕事をしながらの高度不妊治療は難しく、余程、理解のある職場でないと、仕事を続けながらの不妊治療は出来ないため、仕事も辞めざるを得ない。

 

いつ授かるかわからない不安と貯金も底をつく、金銭的負担は本当に辛いと思います。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

後悔はもっと早く不妊治療を始めたかった!一度自然妊娠で安心していた!

妊活

 

大変なのは、ホルモン注射の副作用などで、体調不良が起こり、だるさ、眠気、お腹の張り、全身の浮腫みなど、個人差はありますが、ホントしんどいです。

 

また、仕事をしながら治療する方は、仕事の調整や職場の同僚への配慮も重なり、大きなストレスになると思います。

 

体の負担も大きいのに、精神的にも追い詰められ、余程の覚悟と夫の協力がないと、精神的にも体力的にも辛いと思います。

 

職場の理解がなく、シフトの相談などしてみましたが、私だけ特別扱いはできないと言われました。

 

治療のストレスに加え、仕事でも気を遣い、辛くなるのが目に見えたため、仕事は辞めて、不妊治療に専念することに決めました。

 

夫は協力的だと思ってましたが、精神的に落ち込んだ時や体調不良への配慮は足りません。

 

不妊治療を始めて、連絡を取らなくなった友人や親戚はいます。

 

自然に子供を授かった人や、不妊治療に理解のない人は、悪気なく傷付く言葉を平気で発します。

 

それに毎回傷付くことが辛くて、自分から距離を置くようになりました。

 

最悪の場合は『2人で生きて行こう!』と決めて、お互いの存在の大切さに気づけたと思います。

 

当たり前に家族が増え、当たり前に五体満足の子供が生まれると思っているよりも、命の尊さ、幸せの定義、夫婦のあり方を考える良い機会になったと思います。

 

夫からタイミングに同意してもらえなかったり、妻不妊のため、夫への罪悪感で自分を責めてしまいます。

 

夫も仕事が忙しいと妻への配慮に欠けてしまい、妻は一人で抱え込んでしまう状況になり、心の支えとなって欲しい夫へ当たってしまいます。

 

夫も妻の辛さを理解しようとしますが、こればかりは女性にしかわからない部分なので、度々喧嘩になってしまいます。

 

後悔している事は、もっと早く、不妊治療を始めたかったです。
一度、自然妊娠したことがあったので、夫婦共に、いつかは授かれるだろう…と高を括っていたのかもしれません。

 

不妊治療と年齢は大きく関わってきます。
子供を授かりたいと思っているなら、少しでも早く決断して、不妊治療を始めるべきだと思います。

 

検査結果次第で、今まで努力していたことが無駄になってしまうこともあります。
私の場合はそうでした。

 

早めに原因がわかっていれば、もっと早く高度不妊治療を受けていれば、年齢が若い段階で治療していれば、結果で出るのも早かったかもしれませんし、治療にかける時間の余裕もあったかもしれません。

page top