皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】2人目不妊治療に夫は消極的!「1人いるし無理するな!」の言葉

妊活

34歳女性、公務員です。
夫は34歳会社員の男性です。

 

2人が出会うきっかけは、共通の知り合いが主催する合同コンパで知り合いました。

 

交際開始〜結婚までの期間は1年くらいでした。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

2人目不妊夫は「1人いるし無理するな!」私は「なんとしても!」

妊活

 

2人とも子どもが大好きで、年齢的にも30代だし早めに授かると良いと思っていました。

 

当時は週末婚だったので、授かれば一緒に暮らすことができると思っていました。
こうしたら良い、子どもが出来る!と言われることは、とことんやりました笑

 

関連する本を読み漁りました。

 

体に良いものや葉酸や亜鉛などのサプリメントを摂取し、妊娠しやすい体作りを行いました。

 

基礎体温表を基にタイミングをはかり、密かに妊娠検査薬で確認・・・ダメでガッカリ

 

子授けに関する神社にお参りに行きました。
「子宝の神様木村さん」というサイトで子授け祈願をしました。

 

妊活女性は木村さんに頼る方が多いです。
妊娠出産を経験した友達が描いた富士山の絵をもらいました。

 

妊娠を希望する人達から受け継がれているざくろの絵を譲り受け、寝室の北側の壁に飾りました。

 

今回は私たちは、いわゆる2人目不妊。

 

1人授かっているので無理をしなくていいというのが主人の考えで、二人目の不妊治療には消極的でした。

 

しかし、上の子どもは「妹がほしい」と七夕の願い事に書くくらい兄弟を望んでいたため、私自身がなかなか諦めることができないでいました。

 

不妊治療を始めた頃は「なんとしても!」と意気込んでいましたが、治療歴が3年も過ぎるようになると少しずつ諦めの気持ちも出てきてしまい・・・

 

夫婦で2人目子供の話題にすることも少しずつなくなってきてしまいました。
私のカラダは、ストレスなどにより、生理周期の乱れがありました。

 

不妊治療を始めてからいろいろ検査をし、多嚢胞性卵胞症候群であることが判明。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

不妊専門病院治療と漢方外来薬局の煎じ薬を平行で自然妊娠!

妊活

 

不妊治療で通院は、4年ほど

 

不妊治療専門の病院に月4回ほど通いました。
ホルモン治療や造影検査などを行いました。

 

1年通っても妊娠しなかった為、漢方外来を受診し併用していくことにしました。

 

注射や薬、ストレスなどにより卵巣が疲れていて妊娠しにくい状態になっていたため、まずは妊娠しやすい体になるように、漢方の煎じ薬を毎日飲みました。

 

「ショウキ」というタンポポエキス(1袋360円くらい)を朝晩飲むよう指示された時期もありました。

 

ショウキだけで月2万以上かかりました。
おかげさまで2人目を自然妊娠、出産をすることができ、現在育休中です。

 

上の子どもが小学生になり、生活リズムがガラッと変わってしまったこともあり、もう我が家には2人目は来ないのか…と

 

それなら今生きている子どもと楽しく暮らそう!と気持ちを切り替え

 

子どもと海外旅行に行く計画を立てたりして、楽しく過ごしていたら妊娠が発覚しビックリしました。

 

つわりもあり、また高齢出産にあたるため、漢方外来に引き続き受診をし、妊娠を継続しやすくする漢方薬を処方してもらいました。

 

共働きであるため、収入の上限にひっかかり、市町村から不妊治療に関わる補助金の支給条件に当てはまらず、補助金を受けることができませんでした。

 

もしもらえていたら体外受精や顕微受精などのステップアップをもっと早い段階で踏み切ることができていたのではないかと思います。

 

私の場合、病院では検査と多嚢胞性卵胞症候群の治療、タイミング法

 

並行して漢方薬局で妊娠しやすい体を作るための煎じ薬を飲んでいての自然妊娠でした。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

全てやりきった不妊治療!赤ちゃん授かり後悔は無し!

妊活

 

不妊治療中は、仕事を早退して小さい子どもを保育園に迎えに行った後に病院受診をし、長時間待たされ、帰宅するともう夜というのが毎回でした。

 

子どもを狭いキッズスペースで待たせること、帰ってからの家事育児は辛かったです。

 

子供にも負担をかけたと思います。
愚図る子どもと一緒に抱っこして治療台に乗ったこともありました。

 

職場には不妊治療をしていることを公表していたため、早退や遅刻などしても温かく応援していただいていました。

 

その分仕事を手抜きしてはいけないと自分なりに頑張っていました。
仕事、家事、育児、治療の両立は大変でした。

 

周りからは、特に義母からの期待は大きく、毎回帰省をするたびに「2人目はまだか」と質問責めにあいました。

 

治療の様子など涙ながらに話したこともあり、理解を得ることができました。
それ以降は聞かれることがなくなったので話すのは大事だと思いました。

 

治療の初めから義母にも気軽に話していれば心配されずに良かったかもです。

 

夫婦間では、なかなか2人目が授からない苛立ちやストレスなどもあり、しょっちゅう主人に思いをぶつけていました。

 

そのたびに受け止めてくれていたのが救いだったと思います。

 

不妊治療中は、家族で楽しい時間を過ごすことで、コウノトリさんが我が家に来てくれると信じて過ごしました。

 

私が苛立ちやストレス、治療の痛みでボロボロになっていく様子に主人は心を痛めていたそうです。

 

「1人いるからもう無理をしなくていいよ」という話をよくされましたが、私は諦めることができずにいました。

 

また、主人は採精室に入ることがイヤだったようです。
それはそうです。

 

恥ずかしい事を病院のとあるお部屋でやらなければならないのですが・・・。
でもよく主人もやってくれたと思います。

 

私たちができることは全てやりました。

 

我が家は幸いにもかわいい赤ちゃんを授かることができましたが、もし授からなかったとしても後悔はなかったと思います。

 

やれることは何でもやったし、後悔はありません。
いっぱい泣きましたが、全てが我が家に必要な試練だったのではないかと感じます。

page top