皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】不妊治療後悔はもっと早く通院していれば授かれた!やめ時に悩む

妊活

32歳女性、パートです。
夫は35歳専門職の男性です。

 

私たちが出会うきっかけは、合コンで知り合ってからお付き合いを始めました。

 

交際開始〜結婚までの期間は1年

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

自己流のタイミング法は間違っている?

妊活

 

お互いに子供は好きな為、出来るだけ早くに子供が欲しいと思っていました。

 

結婚当初から気持ちはその部分では変わってないです。
結婚してから妊娠せず、1年3ヶ月ほどで不妊治療を開始しました。

 

不妊治療する前からタイミングと、基礎体温を付ける事はやっていました。

 

不妊治療を開始してから、葉酸サプリを購入したり、子供が授かりの神社はお参りをすることが多かったです。

 

友人に不妊治療専門の病院の情報をよく聞いたりしてました
不妊治療の本を読んで知識が以前より増えた為、着床に良いとされる体操をしました。

 

体操は寝る前が多く少し体の硬さは解消されつつあったかなと思います。
風邪を引きやすいので甘酒を毎日飲んだり、イソブラボンを摂取ます。

 

結婚して1年の頃、子供が出来にくいのかなと私は思っており、夫に「病院へ行ってみたい」ことを伝えるとすんなり了解してくれました。

 

「自己流のタイミング法が間違っているんじゃないか」という夫の言い分はありましたが、病院へまずは行ってカラダに問題があるのかないのか知りたいという面は理解してくれたと思います。

 

不妊治療していく上で、ステップアップすることへの恐怖心や心配は女性である私の方が大きいので、夫に対してはそういった面でのちょっとした言葉がイラッとしたことはありました。

 

私のカラダは、不正出血は結婚してから三ヶ月後に現れ、病院を転々としましたが、原因は掴めませんでした。
処方された薬により改善しました。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

不妊治療のやめどきには悩む!体外受精までステップアップ100万円

妊活

 

通院での不妊治療は、1年以上です

 

最初は、血液検査、内診など基礎的な部分の検査と、タイミング法の為、それほどの通院回数はなかったです。

 

その後卵管造影検査などをしました。

 

旦那さんの精子を見てもらうなどしてから、人工授精へ進みました。

 

人工授精の際は排卵日が重要な為その期間は頻繁に通院していました。

 

人工授精は半年ほどで、その後は体外受精に。

 

卵子を取るための注射や内診の為1週間に2〜3回行き、採卵後は1カ月通院お休みしました。

 

移植に向けて通院などがあり、今までで支払ったのは100万円近くでしょうか。

 

現在も治療中です。
不妊治療のやめ時にはいつも悩まされます。

 

体外受精も採卵の数は多くても胚盤胞までいったのは、2つ。

 

1つは頑張ってお腹の中にいてくれましたが、化学妊娠で終わってしまいました。
しっかり育ててあげられなかったのが何度も自分自身追い込んでしまってました。

 

もう一つの胚盤胞を今度お腹に入れるため、凍結して冷たい所から温かいお腹に入ってすくすくと育ってくれるのを信じて今は待っています。

 

辛いこともありますが、治療を続けている所です。
まだ貯金の中でやりくりしてますが、体外受精のお金は思っていた以上にかかります。

 

大きな金額の時は事前に大金を用意しときますが、滅多に多額のお金を持つことがないのでその点でもドキドキしました。

 

これから先、治療が進むとお金の余裕が尽きるので心配です。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

不妊治療後悔はもっと早く行けば良かった!

妊活

 

リセットになる度に、泣くことが多く家事も仕事も力に身に入らないことはありました。

 

通院も仕事が休みの時は良いですが、仕事と通院両方行く日は、朝早く起きて家事をしたりなど忙しい日を、過ごすのも大変でした。

 

仕事はシフト制で今不妊治療をしていることを理解して貰ってます。
しかし、急なお休みをしなかてはいけない時は申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

夫は協力的ですが、不妊治療初期は言葉のすれ違いも多く喧嘩することも度々ありました。
喧嘩すると、タイミングなんて・・・無理です。

 

「子供はまだ?早く作らないと!」と意外と両親や夫の両親からあまり言われないです。
気を使ってくれていたのだと思います。

 

他の親族やコミュニケーションのきっかけとしてお話ししてくる時に子どもの事を言われると、どうすることもできない無力さに辛くなることは多かったです。

 

夫との関係は、お互い子供が好きというのは変わらないと思いました。

 

始めの頃は喧嘩もしたり、今も全く喧嘩がないわけではないですが、少しずつお互いの気持ちを話すことができているので、不妊治療という辛い中にも絆はできてると思ってます。

 

人工授精初回は、夫の問題で上手くできなかったことがあり、それに合わせて服薬をしていたのと、悲しさが溢れていました。

 

しかし、その日の夜ゲームをしている暢気な夫を見て気持ちが爆発してしまったことがありました。

 

その時は仲直りに数日、お互いに話して少しずつ気持ちが楽になりました。
不妊治療には、もっと早く行ってれば良かったと思います。

 

30代ですし・・・
そしたら、赤ちゃんがお腹の中に居たかもしれないと思うことはあります。

 

でも後悔しても戻ってこないので、今は進むことしかできません。

 

何度も落ち込み、そして立ち直るまで時間かかりますが、前を向いていきます。

page top