皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】子作り失敗!妻のお誘いを夫が何度も拒否!ショックで別々に寝る

妊活

20代女性、主婦です。
夫は20代会社員の男性です。

 

私たちが出会うきっかけは、呑み屋で知り合ったお客様の友達の友達の紹介

 

交際開始〜結婚までの期間は4年半でした

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

夫は子供が欲しくない?友達の赤ちゃん見て欲しいに変わる!

妊活

 

子供が欲しくて結婚しましたが、相手がそれほどでもなくて数年後に子どもを授かればいいという気持ちでしたが1年、2年とともに全く授かる気配なかったです。

 

結婚後自然妊娠せずに2年後に不妊治療開始、今まで3年病院に通いました

 

私は子供が欲しくて結婚したので、最初から妊活情報を携帯で調べたり、お互いの体調管理したり、基礎体温を常につけたりして、自分たちで出来そうな事はしました。

 

今後のためにお金かかるので、なるべく自分たちでできることに関してはお金のかからない生活をしようとしてました。

 

子どもを授かって欲しいという気持ちが強ければ強い程、お互いの気持ちがすれ違っていくことに気づきなるべく夫に圧力をかけないよう努力もしました。

 

神社にも何度も行きお願いも沢山してきました。

 

自然妊娠できる努力。

 

夫婦での話しあいの中、意見がすれ違って、夫は結婚して5年後ぐらいに授かればいいなぁって感じ。

 

自分はすぐにでも欲しかったので、できるだけ早く妊娠したかったです。
夫婦間の考えが全く正反対で温度差はすごくありました。

 

自分達より後に結婚したお友達が先に妊娠、出産して、いざ赤ちゃんをみると夫も欲しいという気持ちになり結婚して2年後にようやく協力的になりました。

 

夫の気持ちもだんだんと変わってくれて嬉しく思いました。

 

お互いがその気持ちになれば授かると思っていました。
私のカラダは、生理不順でもなかったです。

 

体調によって、1日2日は遅れたりすることもありますが、順調に生理はきてました。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

夫の精子検査で判明、精子が2つだけしか生きてない!

妊活

 

不妊治療の通院は、だいたい3年ぐらい
通院頻度は月に1〜2回でした。

 

最初は1回の診察通院で5000円ぐらいでしたが、だんだん金額も高くなってきました。

 

子宮のエコーを撮ったり、妊娠しやすいかしにくいか調べてもらいました。

 

夫も精子がちゃんと生きているかと、精子の検査もして、色々と調べてもらいました。

 

夫に問題がありその結果体外受精で赤ちゃんを授かることを知り、夫にも何度か病院に通院してもらって検査したり、治療したり。

 

今までの不妊治療に要した金額はだいたい200万円くらいになると思います

 

現在では無事に出産・子育て中ですが、なんと夫の精子が2つしか生きてなくて2回しかチャンスがない!

 

1度目は妊娠しましたが、安定期に入る前に流産
半年後に最後の精子でやっと子どもを授かることができました。

 

1度目に流産した時は、私には出来ないんだと思い、同じ思いはしたくないと思い1歩前に進むことがなかなかできなかったです。

 

その中夫が「もう一度チャンスがあるならそれにかけてみよう」と言われ、ようやく授かりました。

 

現在はかわいい子どもにめぐまれて幸せです。
不妊治療でかかったお金はほんとに大変。

 

私たちの住む自治体の補助がありました。
最初は頑張って貯めた貯金を切り崩して通院代に使いました。

 

貯金も底をついてしまったときには諦めかけてやめようとも思いました。
どうにか補助で助かりました

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

妻側のお誘い性行為を夫に拒否されショック、耐えられない

妊活

 

不妊治療始めて、いろんなことに気をつかい精神的に参ったこともありました。

 

体力的に疲れたこともありました。

 

夫が体力的にセックスしたくない時でも、子どもを授かる為に関係持たないといけないので相手にも気を使って機嫌を損ねないようにするのが大変でした

 

仕事場では不妊治療をすることを説明して、急な通院で休んだりしました。

 

そのためいろんな方から陰で文句や悪口言われ精神的に参ったこともありました。

 

家事では、たまにしたくない時があり何もする気力がなくて夫にしてもらってたこともあります。

 

夫は頼りになりました!

 

親族は会う度に「まだ授かってないの?いつ孫の顔みれるの?」と会う度に言われてました。

 

友達には、「気長に待って授かっていけばいいんじゃない」って言われたこともあります。
目の前では気遣ってくれてますが、またそれがプレッシャーになってました。

 

最初は無関心だった夫が、友達の赤ちゃんを抱っこした瞬間になにかが走りスイッチ入ったようで(笑)。

 

「自分達の子どもが欲しい。」と思ってもらい、自分の意見などをいうようになりました。
やっと前向きになってくれて、そこから2人で協力することができたと思います

 

夫は、「いまはまだ授からなくてもいい」って思ってたみたいで、2人の意見も正反対で、早く帰ってきても会話もなく険悪になり、性行為も何度か拒否されたこともありました。

 

妻側からのお誘いを夫に拒否されるというショック!
その空気に耐えられなくて何度も別々に寝たこともありました。

 

不妊治療始めることにあたって、1番最初に夫にも積極的になってもらうことを約束して始めるべきだと今になって思います。

 

「今日チャンスの日だからしましょう」とか言うと夫も「またか…」ってなってしまうので、違う誘いかたがあったのかな?って思う

page top