皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】旦那が不妊治療をやめたいと言った!理由はお金と精子少なく諦め

妊活

30代女性、専業主婦です。
夫は30代工場勤務の会社員の男性です。

 

私たちが出会うきっかけは、ある専門サイトでやり取りしたのがキッカケです。

 

交際開始〜結婚までの期間は10年くらい

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

子供が欲しくて欲しくてたまらない!行為後逆さまになる!

妊活

 

私たち夫婦は、最初からお互いに子供が欲しいと言う気持ちでした。
旦那も「子供が欲しいから頑張ろうか!」と同じ気持ちでした。

 

避妊は最初からしませんでした。
直ぐに赤ちゃんが欲しかったのです。

 

ですが直ぐに授からず・・・おかしいので産婦人科に行きました。

 

産婦人科に行ったら直ぐに不妊治療が開始になりました。
ひたすら夫婦生活の回数を重ねてました。

 

基礎体温を書きながら、この日が出来やすい日などを見付けては夫婦生活、回数をこなしてました。

 

気分を変えて、ドライブする事も

 

遠出してまで神社などお寺などに行き子宝祈願をしてもらったり、御守りを購入したりと試してました。

 

本などで書いてある体操なども行いました、行為後に私が逆さまになったり(笑)

 

旦那はサプリや増強剤などを飲んで協力してくれました。

 

亜鉛が良いと聞けば、亜鉛を!
葉酸が良いと聞けば、葉酸を!

 

体調管理にも気を付けて薬をあまり飲まずに私も妊活サプリを飲んでました。

 

体を冷やさないなど、とにかく子宝に良い漢方なども服用、これは金額高いです

 

どおにかして子供が欲しいから、頑張って不妊治療を開始しよう。私達の中では、子どもが欲しい度数が100%です。

 

ですが、旦那がやっぱり仕事で疲れてるなどで少し面倒くさがる等がありました。

 

夫婦で子作り行為をしなければ、妊娠できるわけがありません。

 

タイミング法を試していたので、必ずその日と言う決まりがあったので、旦那が業務的で嫌だ…と言う温度差などがありました。

 

今後どおやって不妊治療でも何の治療にしようか?等の夫婦の話し合いなどは、よく会話がありました。
治療内容により、金額も違いますし、どこまでやるか?いつまでやるか?

 

お金は続くか?
お互いの体力的な事なども話し合いがあります。

 

私のカラダは、元々10代の時生理不順などあったり、生理痛が重い方で産婦人科の先生からピルの治療方で飲まされたりしてました。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

人工授精治療中は毎月5万円以上の出費が続く

妊活

 

不妊治療では、必ず最低月三回は通院していました。
週に1度という感じで通院してました。

 

最初は私がホルモンが少なかったのでホルモン剤をお尻に注射してました。

 

旦那の精子も検査して、なんと精子が足りないと・・・

 

旦那の精子の数が半分以下だったので、旦那も精子の数を多くする為に漢方を服用していました。

 

人口受精をしていた為、一回の治療費が10000円は掛かりました。

 

それ以外、私のホルモン剤注射、旦那の漢方薬代を合わせて約一万円はしていました。

 

1ヶ月合計で足すと4万円から5万円くらいは、治療費は掛かります。

 

精子を抜き取る作業もありますし、それを私の体に入れないといけないので結構な金額はします。

 

現在は旦那と話し合った結果…不妊治療を止めました。

 

ほぼ一方的にですが、旦那から「治療止めよう…」と言われた時は悲しいも有りましたし怒りを覚えました。

 

人口受精は子宮口奥ギリギリまで注射をいたしますので、治療したら痛くて立てない位でベッドで暫く寝ていました。

 

旦那が病院付き添い、それを見てたにも関わらず自分に問題があったからと勝手に治療を止めると言い出した時は、普段泣かない私でも泣きました。

 

そして私は、物に当たり、暴れる事も・・・
病院では、人工授精がダメなら、次は体外受精との話もありましたので。

 

お金の事ですが、治療に月に多くて5万円を越えてましたので、役場からの補助・援助など依頼しました

 

ですが、旦那が別の所に住んでて私の所に来た為、最低5年は在住しないと補助は受けられないと言う事でしたのでそこが結構辛かったです。

 

何とか貯金の部分で賄っていました。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

不妊治療止めた理由は費用と旦那の気持ちが切れた事

妊活

 

人工授精だった為に痛みは辛かったです。
まず酷い時は診察台から降りれなかったのです。

 

ホルモン剤注射でも、やっぱり液体を入れるので痛いです。
頑張ってましたが結構体力的には厳しかったです。

 

通院もですし、待ち時間もざらに半日は掛かりますので。

 

旦那の精子が少ないと言う事だったので、特に旦那の食事栄養面を常に考えてました。

 

人工授精の前はタイミング法だったので、お仕事での疲れを取れるよう努力したり、雰囲気を作ったりなどを努力していました。

 

そこが一番大変です。
なるべく義務的にならないように。

 

親族からは、「自然と出来るのだから安心しなさい。そんなに自分達でプレッシャーを掛けては駄目だよ。」と言われていたのですが、それが逆にプレッシャーを感じていました。

 

本人達は気を使ってくれてるのは分かっていましたが。
私たち夫婦が絆が強まったかどうかは、半々

 

気持ち絆が強まったり、逆に弱まったり・・・
お互い辛い立場でいたので喧嘩が絶えないのもありました。

 

お互いの考え方等は、こおなんだ、ああなんだ、等の話は出来ました。

 

でも、夫婦で分かり合えた事は、全くありませんでした。

 

悲しい事に。

 

旦那は、治療費が高いので病院に行った日は、必ず機嫌が悪かったです。

 

お金にケチな旦那なので、「何でそんなに値段するの?」的な感じと、セックス自体も業務的作業で、苛々はありました。

 

いざ行為になるとしても…険悪になり微妙な感情でした。

 

振り返ってみると…旦那の気持ちをもっと尊重してあげれば良かったなと思います。

 

そうすれば、旦那の気持ちが切れることなく、治療を止める事にはならなかったと思います。

 

旦那も精子検査で精子が少なくてショックだったと思います。
色んな事で、旦那ばかりに頼ってばかりで悪かったなと思います。

 

私も悪い態度ばかりだったので・・・。

page top