皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】無月経なんだけど子供妊娠できるの?このまま放置でいいの?

妊活

30代後半女性、専業主婦です。
夫は30代後半会社員の男性です。

 

私たちが出会うきっかけは、職場が同じだったことで職場恋愛からの結婚です。

 

交際開始〜結婚までの期間は1年

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

無月経は子供を妊娠できるか?放置でいいの?

妊活

 

自分(妻)は昔から無月経だったため、子供は持てないと思っていたので、ずっと二人だと思っていました。

 

夫も優しい人なので、私の状態を理解してくれて子供のことは言わずにいてくれました。

 

でも口に出さなくても、実際は夫は子供を欲しかったと思います。
無月経でも妊娠できるのか?

 

無月経でこのまま放置しても良いのか?
知るのが怖いながらも、調べてみたい気持ちは前から持っていました。

 

結婚して半年で、一度治療してみようと思い病院へ。

 

本で不妊の事を読んだり調べたら、無月経の私は怖い気持ちが大きくなりました。

 

無月経だし、どうせダメなんだろうな・・・。
病院に行きながらも、半分は諦めの気持ちもどこかにありました。

 

そうは思いながらも、子どもがどうしても欲しい!という気持ちも半分
本に書いてあるサプリメントなども飲みましたし、冷やさないようにもしました。

 

他にも体調には気をつけたことはもちろんやりましたし、舌で測る基礎体温を計ることも

 

タイミングなど基本的なことはやってみたものの、やはり無月経という前提があったので、自力では無理だろうなという思いが最初から強かったです。

 

元々機能的な問題がある夫婦もあると思います。
そうしたご夫婦はためらわず通院をしたほうがいいと私は思います。

 

夫婦生活のせいとか、旦那さんの機能不全とかではなく、我が家の場合はとにかく私(妻)の機能をなんとかしなくてはいけなかったので、彼は気長に私が決断するのを待っていてくれました。

 

夫から、急かしたりはされたことはありませんし、むしろ「二人で生きて行くので十分だよ」と言ってくれていた

 

子どもの件で夫と喧嘩になったり、悲しい気持ちになったことは一度もありません。

 

最終的には私が、子供が欲しくてというよりも、親の手前妊活をしなければという強迫観念に囚われてしまって通院を始めたような気がします。

 

私のカラダは、無月経、多嚢胞卵巣症候群の二つ不妊の可能性となるものを持っていました。

 

ダイエットも繰り返していたのでそういうことも、もしかしたら良くなかったと思います。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

無月経でも不妊治療半年で妊娠!二人の子どもに恵まれる

妊活

 

不妊治療は、6ヶ月通いました。
まずは、タイミングでトライしようということになりました。

 

最初に血液検査、内診をしました。

 

そして、まずは生理をおこす薬を処方され、飲んでから二週間ほどで生理がきます。

 

生理5日目からクロミッドという処方された薬を飲み、11日目に受診。

 

そこでたいてい卵胞が全然成長していないということで、卵胞を育てる注射を打たれます。

 

さらに2日後にまた同じ注射をします。
そしてその2日後にまた受診。

 

内診をして、卵子の大きさが足りていれば、そこで排卵の注射をされます。

 

そして翌日がタイミングなので、夫婦生活を取るよう言われます。
そして、注射から3日後くらいに受診

 

内診で排卵が終わっていることを確認します。
これで1クールです。

 

この後生理がきたらまた最初に戻ります。

 

治療はこの繰り返しですが、おかげさまで私は二児を授かることができました。

 

一人目も二人目も、サイクルをちょうど6回やったところで妊娠しました。

 

たまたま両方6回目でうまくいっただけなのですが、どちらも途中挫けそうになったので(注射が筋肉注射で痛いのです、とても。)諦めずに続けてよかったと思います。

 

一人目は8ヶ月半で早産、NICUでお世話になり、二人目は胎児の体勢が悪く鉗子分娩で避けて大出血…と出産のトラブル色々ありましたが、二人とも健康に育っています。

 

タイミングだけでしたら、一回のサイクルでかかる金額は1万円以内くらいにおさまるかと思います。

 

でも、通っていた病院でも体外受精の方は一回の受診で数万円請求されたりしていました。

 

そうなっていたら我が家は諦めていたかもしれません。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

無月経で病院に行くのが怖かった!

妊活

 

体力的に辛い事は、一日置きの注射、これに尽きます。
筋肉注射なので、とても痛いのです。

 

小さい頃から注射は苦手な方で、注射をするまえから心臓がドキドキします。
今でも注射針がチクッと腕に刺されるに目をそらしてしまいます。

 

子どもみたいですが(笑)

 

それを一日置きに三〜四回やるので、両腕とお尻の四箇所を使って違う場所に打ちます。

 

時によって痛みは違うのですが、悶絶する時もありましたのでこれが一番辛かったです。

 

私は職場からすぐのクリニックに通っていたので通院はしやすかったです。

 

でも不妊治療の病院は待ちがとても長いところが多く、このクリニックも待つときはとても待たされたのが大変でした。ので、通院は比較的しやすかったです。

 

痛い注射だけが苦痛でした。

 

周りの人たちには、自分たちが不妊治療をしているとこちらが言うと、やはり可哀想な顔をされました。

 

親族については、義父母はむしろ「頑張ってくれてありがとう」と言ってくれるような人達だったのでありがたかったです。

 

おかげで不妊のプレッシャーはそれほどなかったです、

 

主人との関係ですが、不妊治療ということをすることで、一緒に1つのことに頑張ろうと目標を持って行ったことは絆になったと思います。

 

成功した時の感動もひとしおでしたし、女性の大変さを主人がよく理解してくれたのはありがたかったです。

 

不妊治療で険悪とか夫婦喧嘩とか、よくそういう話を聞きますが、我が家は大丈夫でした。

 

ひとえに旦那様の優しさと理解してくれたおかげだと思っています。

 

私自身は体力的にも精神的にも疲れてしまったことが何度かありましたので、イライラもしていたと思います。

 

もしかしたら、意識せずに旦那さまを傷つけていたかもしれません。
今振り返って、もっと早く治療をしていたらよかったなと思います。

 

無月経だったので、医者に行ってもどうせ怖い事を言われると、自分で決めかかっていました。

 

固定観念を持たずに、素直に子供が欲しい時に早めに治療していたら良かったかなと今なら思います。

 

無月経、妊娠できるカラダなのか?このまま放置でいいのか?と悩み続けていました。

 

治療始めた年齢が遅かったので子供二人でしたが、できたら三人欲しかったです。

 

私は治療しないと絶対妊娠できないので、そればかりは悔やまれますが、でも現状で満足しています。
幸せに生活しています。

page top