皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】夫の男性不妊!チャンスの日に夫が飲み会大喧嘩!離婚覚悟で家出

妊活

27歳女性、現在は専業主婦、当時は看護師でした。
夫は28歳公務員の男性です。

 

私たちが出会うきっかけは、お互いの友人がセッティングした合コンで知り合いました。

 

交際開始〜結婚までの期間は約4年

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

子作りは、とにかくタイミングの回数を増やしていた!

妊活

 

夫の急な単身赴任で結婚が延期になったこともあり、お互い結婚式が終わればすぐに赤ちゃんが欲しいと思っていました。

 

結婚式が終わってから子作りを開始しました。

 

それから約一年、自然妊娠せず、不妊治療専門のクリニックに受診し、治療を開始しました。

 

私は、毎朝の基礎体温の測定やルナルナアプリを使って妊娠しやすい時期を調べ、自己流でタイミング法を行っていました。

 

夫は携帯で色々と妊娠しやすい体位などを調べてくれており、夫とともに毎回チャレンジしていました。

 

体位が本当に効果があるのか?疑問に思いながら・・・

 

また、妊娠に関する雑誌を購入し、妊娠に良いとされる食べ物や生活習慣を手当たり次第取り入れていました。

 

不妊治療を開始するまでは、そうやって色々とやっているうちに授かるだろうと思っていたので、とにかくタイミングの数を増やすということを1番に考えていたと思います

 

夫婦生活しなければ、子どもは授からないという思いです。

 

私が妊娠しないのは、何が原因か知りたくて、子作りを始めて半年ぐらいからクリニックを受診したいと夫に相談していました。

 

しかし、夫はまだ早いと言っていて、始めはクリニックの受診にはあまり積極的ではありませんでした。

 

「そのうちできる!、できないと思っているからできない」などとも言われました。

 

「子どもが全てではない」とも言われましたが、周りがどんどん妊娠していくのを見て、私は1人で焦っていました。

 

そんな私を見て「プレッシャーになる」と夫に言われたこともあります。

 

私のカラダはPMS(月経前症候群)がひどかったため、低用量ピルを服用していた時期はありましたが、婦人科系疾患は何もありませんでした。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

男性不妊!卵胞も育たない!そしてまさかの自然妊娠!

妊活

 

不妊治療は、約一年間ほど

 

タイミング療法を開始と同時に私の血液検査や卵管造影検査をしました。

 

毎回の診察は卵胞チェックを行い、それにあわせて月に少なくても2〜3回は病院に通っていました。

 

その後人工授精(AIH)に切り替えました。

 

1回の病院の費用は検査や注射・投薬などでばらつきがかなりありましたが、3000円〜20000円程度だったと思います。

 

私たちの場合は男性不妊の可能性があり、夫の精密検査を行ったため、総額では80万円以上

 

男性不妊の検査は精液検査や精巣のエコーの検査などです。

 

奇跡的に自然妊娠することができ、現在6ヶ月の赤ちゃんがいます。

 

しかし、自然妊娠する直前が不妊治療の中で1番辛い時期でした。

 

初めて卵胞が育っていないと言われ、卵胞を育てる注射を自己注射を含めて3回行いました。

 

3回目の注射を終えて卵胞チェックに行くと、既に排卵していました

 

確率は下がるがAIHするかと聞かれ、もうどうでもよくなって何もせずに帰宅しました。

 

どん底のなか、それから数日後に妊娠が発覚しました。

 

どうでもよくなり自暴気味の状態でのまさかの自然妊娠!

 

AIHまでの段階ではすべて自費でした。

 

共働きだったため、当時治療の費用はなんとかなっていました。

 

しかし、もし体外受精にステップアップしていたら、かなり高額になると聞いていたので治療を続けられなかったかもしれません。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

夫側の不妊、AIH前に夫が飲み会許せず大喧嘩!離婚覚悟家出

妊活

 

お互い夜勤のある仕事をしていたので、夫婦でタイミングが合わないことがありました。

 

夜勤明けや夜勤前に通院することもあり、時間を取る事がかなりしんどかったです。

 

夫も夜勤明けで採精してもらわないといけないこともあり、申し訳なかったです。

 

職場の上司の理解がなかなか得られず、遅刻や早退の相談がかなり辛かったですし、肩身狭い思いで申し訳なかったです。

 

私たちの場合は、夫の精子が足りない、男性不妊の可能性があったので、夫のメンタルへの配慮もかなりしていました。

 

夫にソッポを向かれたら、子どもが授かれません。
リセットした時に夫に伝えるのはかなり辛かったです。

 

友人や知人がSNSで妊娠や出産、育児について投稿しているのを見るのが苦痛でした。

 

特に誰かから何かを言われたわけではなかったですが、周りにどう思われているのか、勝手に気にしてプレッシャーに感じていました。

 

その頃、友人知人との交流は自分から作ろうとはしませんでした。

 

夫が未来の赤ちゃんのために禁煙したり、サプリや漢方を内服したり、生活習慣を改善してくれたことが、とても嬉しかったです。

 

私も頑張ろうと思う事ができます。

 

私がどんなに落ち込んでも、夫は常にポジティブで私が明るく元気になれるように努めてくれていました。

 

初めてのAIH前に夫が飲み会に行ったことが、その時の私には許せない行動で、かなり言い合い

 

これ以上無いぐらい言い合いをして、離婚も覚悟で家出したことがあります
このチャンスを逃したくない思いが強すぎました

 

お互い言葉足らずで、うまく思いを伝えられていなかったことで、大きな喧嘩

 

今までの夫婦生活、赤ちゃんがほしいと思った時点で基礎体温測定やタイミング療法、生活習慣の改善をしていれば、もっと早く赤ちゃんを授かることができていたのかなと思います。

 

治療に関しては、やれるだけのことはやっていたので後悔はありません。

page top