皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】夫は無精子症、染色体検査結果は「妊娠の可能性はほとんど無し」

妊活

31歳女性、専業主婦です。
夫は31歳、会社員です。

 

二人の出会いは、職場の同僚が開いてくれた合コンで知り合いました。

 

交際開始から結婚までは3年ほど

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

子供ができない原因は?検査の結果なんと夫に原因が!

妊活

 

2人とも子どもが好きなので、結婚したら子どもはすぐにでも欲しいと思っていました

 

約半年後に挙式、新婚旅行があったので、子どもの事はそれが終わってからを考えようとしていました。

 

入籍半年後の挙式後から避妊をしませんでしたが、そこから1年近く経っても妊娠しないため検査を受けました

 

私が努力していた事は、本やネットでの情報収集をしながら、基礎体温を測りタイミングを合わせるように夫婦生活をしていました。

 

排卵検査薬も使いました。
また私のカラダ作りのため葉酸のサプリメント、アーモンドミルク、ルイボスティーを飲んでカフェインを控えました。

 

主人にはマカのサプリメントを飲んでもらいました
温活として体を冷やさないように腹巻きやレッグウォーマーをつけ、子授けにご縁のある神社にも2人で行き、子授け祈願、お守りをいただいてきました。

 

やれる事は何でもやっていたと思います。
それなのに、なんで授からないのか私の方が先に焦っており、主人はそのうちできると思っていたようです。

 

何でもなければそれでいいから、ハッキリさせたいと不妊検査を2人で受け、主人の方に原因があることがわかりました

 

しかし2人とも子どもが好きでどうしても欲しかったので、少しでも可能性があるなら、できるところまで頑張りたいと思いました。

 

お互いの考えも一致し、それぞれの両親からの理解も得た上でさらに高度の治療に進み頑張ることに決めました。

 

私は、精神的なストレスなどで体調を崩しやすく、生理も不順気味でした。

 

PMSもひどく、頭痛、腹痛がありました。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

夫の無精子症が判明して泌尿器科へ転院

妊活

 

不妊治療9か月です(現在治療継続中です)

 

私のホルモン値などの血液検査後、卵管造影検査を受ける前に主人の無精子症がわかり、産婦人科から専門の泌尿器科へ転院

 

染色体検査の結果、妊娠の可能性はほとんどないと言われ、さらに高度な治療に進むためカウンセリング、転院

 

精巣内から精子や細胞を見つける手術(Micro TESE)を受けました。
この手術だけで60万円程かかり、これから採卵、顕微授精、移植で1回あたり35万円程かかると言われています。

 

検査、治療ともに実費が多いです。
高度な不妊治療が必要だとわかったため私自身仕事を続けるのが難しく、退職しています。

 

主人の手術が終わり、顕微授精に進めることになっただけでも、わずかなチャンスをいただけて嬉しく思っています。

 

細胞からの妊娠はかなり確率も低く不安ではありますが、主人も痛い思いをして頑張ってくれた分、チャンスを無駄にしないように頑張らないとと思います。

 

同じような境遇の方々とインスタを通じて出会い、情報交換しながら励ましていただいています。
治療に通うのが困難で退職しましたが、治療にはすごくお金がかかります。

 

基本自費が多いので。
それでも授かれる保証はなく、補助金も微々たるもので貯金を切り崩し治療を進めていくしかありません

 

収入がないのに出費が増える一方です。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

もし子供が授からなくても笑いあえる家庭を!

妊活

 

私の治療はこれからなのであまりわかりませんが、妊娠のために体をつくらないといけないのに、不妊治療について周囲の理解もなく精神的に不安定になりやすく、投薬や自己注射などで体を丈夫に保つことは難しいと思います。

 

ありがたいことに主人からの理解もあり、精神的にも支えていただいています。

 

前職が保育士だったため、行事があったり担任として休みが取りづらい中、周期に合わせて通院しなければいけなく、上司に相談しましたが理解を得られず心無い言葉ばかりで辛かったです。

 

周りからのプレッシャーをかけられることはあまりなく、治療をしていくことになったのがわかった時、お互いの両親にも伝えましたが理解していただき応援していただいています。

 

数名の友人にも治療のことなど話しているので理解してもらっています。
不妊治療を通してお互いの考えを伝え合うことの大切さを感じました。

 

また、これから先のことも考え、2人で治療を進めていきながら、楽しみを見つけていく中で、もし子どもが授からなくても笑い合って過ごせたらと思うようになりました

 

不妊治療を進めていく事は決めたものの主人の仕事が忙しくなかなか先に進めないことにモヤモヤしたこともありましたが、主人も潔く先に進むことを考えてくれたので順調に進めている方だと思います。

 

夫婦関係、今のところあまり険悪になったことはありません。

 

先が見えず、目の前が真っ暗になったこともありましたが、主人と一つ一つ一緒に考えながら進んできた中で何が正解なのかまだわかりませんが、自分達にできることを少しずつ前向きにやっていくしかないのかなと思っています。

page top