皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】不妊治療はお金がかかる!仕事辞めればお金がなくなる!優先は?

妊活

34歳女性、専業主婦です。(当時は会社員)
夫は36歳会社員の男性です。

 

私たちが出会うきっかけは、中学時代の友人に誘われた社会人サークルで知り合いました。

 

交際開始〜結婚までの期間は11ヶ月

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

仕事、お金、年齢どれが優先?優先したのは年齢という期限

妊活

 

知り合って1年後に結婚したので、「しばらくは二人でゆっくりして、1年ほどしてから子供が欲しいね」と話していました。

 

結婚後1年は避妊。
その後、1年間自然妊娠せず、通院することに。

 

自然妊娠を期待している間に

 

・不妊治療に関する本を購入して勉強

 

・毎日の基礎体温チェック

 

・妊活アプリを活用して排卵日のチェック

 

・温かいものを飲むなど体を冷やさないようにする食べ物管理

 

・排卵検査薬を使って排卵日のチェック

 

・神社子宝祈願へ行くなど

 

朝起きてから、夜寝るまで仕事以外の生活の全てが妊活でした。

 

特に体を冷やすのは良くない、と聞いたので、家にいるときは、夏でももこもこ靴下を着用するなどして、温めることを意識しています。

 

恥ずかしいことですが、タイミングをとってセックス後には、私が逆立ちをするようにするなどして妊娠しやすいような工夫をしています。

 

夫とは、いつ頃子供が欲しいか、といった話し合いはいつもしています。
自然妊娠を期待していましたがうまくいかなかったので、不妊治療を始めるための話し合いも。

 

また不妊治療が始まったと同時に私の仕事が忙しくなり、治療にいける時間がなくなったため、不妊治療専念のための退職に関する話し合いをしました。

 

治療費がかかるけれど、仕事が忙しいと治療にも通えない、でも仕事はいつでもできるけれど、子供を作るのには期限がある、と不妊治療を優先させることを決めました。

 

何を優先しなければならないのか?
答えは私の年齢の期限を考えた不妊治療という事。

 

私のカラダは、生理不順で35〜40日周期でした。

 

28日周期以上になると、妊娠しづらい体質と言われたので、周期が整うように治療をしています。

 

また冷え性はかなりのものです。
いつも氷水に足を浸しているような冷えがあります。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

治療2年、今まで80万円かかるも治療先が見えず

妊活

 

不妊治療は、2年。
現在も通院中です。

 

通院頻度は1ヶ月に7回ほどです。
検査については、血液検査と内診は毎回行っています。

 

タイミング法から始めて、5回ほどチャレンジしてもうまくいかなかったので、卵管造影検査にステップアップ。

 

その後、薬を服用しつつ排卵誘発の自己注射をするなどして人工授精ステップアップしています。

 

1回の治療費は2,000円〜30000円。
その時の検査内容により、変動します。

 

現在は人工授精中なので1ヶ月で5万円ほどの出費になっています。
総額は80万円ほどに達していると思います。

 

これからもっとステップアップすると、大変です。
現在まだ子供を授かっていないので、通院をしてるので、先が見えないのが一番辛いですね

 

通院は1ヶ月に7回ほどで、現在は人工授精3回目です。

 

人工授精をしてから、排卵をした際に熱っぽくなったりと体調を崩すことが多くなりました。

 

最近は、なかなかできないことに精神的に辛くなっている側面もあり、この1ヶ月間は不妊治療は休憩しています。

 

治療を休むのか、止めるのか?など常に迷い続けています

 

あまり考え事をせず、ストレスフリーの方が良いのでしょうが、どうしても考え込んでしまいます。

 

私より後に結婚した人たちが続々と出産していることもあり、そういったものをSNS上で嫌でも見たりするので、少しきつくなっているところはあります。

 

現在人工授精をしていて人工授精だけで3万円ほどかかっていて、1ヶ月で5万ほど要しています。

 

できるだけ削減しようとしたいところですが、必要な治療ばかりなので節約することもできず・・・。

 

なかなかの出費に苦しんでいます。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

1年間ロスした不妊治療、口コミ評判の専門病院に行けば良かったと後悔

妊活

 

カラダ的に大変なのは、人工授精をするようになってから、排卵タイミングでホルモンバランスの影響なのか、熱っぽくなったり体調を崩しがちになったことです。

 

ホルモンバランスが崩れやすくなり、日常生活に支障が出るほどの時は辛いです。
立っていられない事も・・・

 

家事は夫が料理をしてくれたりなど助かったのですが、私の仕事が忙しくなり、出張が多くなったことで、通院をするのが難しくなることも。

 

仕事にもそれなりのストレスを抱えていることもあり、治療もうまく進められず・・・と負の連鎖となり、結果、治療優先で退職しました。

 

親は孫を期待してくれているのは薄々感じていますが、直接言葉上でのプレッシャーなどは特になかったです。

 

友人知人のSNS上に出産報告や赤ちゃんの写真がアップされるのを見ていると、キツイ時はあります。

 

SNS見ないようにしていても、見ちゃいます。
そして勝手に傷ついていました。

 

特に私が不妊治療をしていると知っている人が子供の写真をアップし続けているのをみると、イラっとすることはあります。

 

まだ、私自身そこまでストレスが溜まっていないこともあるのか、主人と不妊治療で絆が深まった、と感じたことはありません。

 

もう少し治療が進み、私が不妊のストレスを抱えるようになると、夫ともぶつかり合って絆が深まる、といったこともあるのかもしれません。

 

特に主人と意見が相違したことや夫婦仲が険悪になく、なにかと主人は協力もしてくれています。

 

主人と意見が相違することなく、穏やかに不妊治療ができているのは幸せな事。
私がストレスを抱えるようになってくると、険悪になるのかもしれませんね。

 

当初仕事をしていたので、会社から近いことを優先して婦人科病院を選んでいましたが、現在は、仕事を退職したこともあり、口コミの評判の良い病院を探して不妊治療専門の病院に転院しました。

 

2つの病院を経験すると、明らかに治療内容や治療器具、病院のシステムなどが違い、仕事が調整つけば、もっと早い段階から、不妊治療に特化した良い病院に通えばよかったと後悔。

 

病院によって治療ができる内容とできない内容も物があるようで、その辺りが当初は無知だったため、1年間は治療期間をロスしたような形になりました

page top