皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】流産しやすい体質でも1人目人工授精、二人目自然妊娠!ママになる

妊活

30代女性、事務職です。
夫も30代、製造業の男性です。

 

私たちが出会うきっかけは、夫が居酒屋でバイトをしていたお店にたまたま友達とご飯を食べに行き話たのがきっかけで仲良くなり交際するようになりました。
交際開始〜結婚までの期間は6年

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

過去に何度も流産経験!流産しやすい体質だった

妊活

 

私は結婚したら早く子供が欲しく、若い母親になることに憧れていたのですが、旦那は自然にいつか授かればいいと考えていました。

 

結婚後、2年間は自然に出来ると思い頑張っていましたが出来ず、結婚3年目に不妊治療病院へ通うようになりました。

 

結婚してからすぐ赤ちゃんが欲しかった私は、本やネットで不妊についての勉強を独学でしました。

 

基礎体温をつけてタイミング療法で毎月頑張っていました。
今考えれば、自己流のタイミングが上手く行かなかったのかもしれません。

 

食事にも気を付けて、葉酸や鉄も進んで取るようにして、サプリも不妊治療と明記があるものは決まって飲んでいました。

 

飲酒はお互い止め、規則正しい生活習慣に出来るだけ変え、精力がつくとゆう食品を排卵日近くには旦那に食べさせて頑張ったりもしていました。

 

子供を授かるお守りなど、よく効くと聞いたら神社に拝みに行ったこともありました。
神様がケンカするのでは?と思うくらい、お守りを何個も鞄に付けたり

 

結婚してすぐに子供が出来ると思っていた夫は、子供がなかなか出来ないことが初めは不思議で仕方なかったようです。

 

私も歳だったので、「2年間自分達で頑張って自然に赤ちゃんを授かることが出来なければ、不妊治療の専門病院に通いたい」と最初に夫に話していました。

 

当然、どちらに子供が出来ない原因があるかは調べないと分からないので、夫にも「嫌だろうけどその時は病院で検査することを嫌がらず私が子供をどうしても欲しいことを理解して欲しい」と伝えました。

 

私のカラダは、過去に流産で子供が流れてしまったことが何度かあり、先生には流産しやすい体質なんだとゆうことは言われていました。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

1人目は人工授精、二人目は自然妊娠で二人のママに!

妊活

 

不妊治療は、約2年間です
不妊治療では初めに近所の専門病院へ通院

 

私に合う病院でないと見切りをつけ、遠くの不妊治療専門病院へ転院しました。

 

通院では最初に私の体の色々な精密検査をしました。
内診、超音波、血液、卵管の通り具合・・・

 

それから生理がきたら病院に行き、生理期間の確認をされ、卵胞が大きくなっていく経過観測で通院しました。

 

私の排卵日までの期間や良いタイミングがいつなのか病院で検査され、自分に合った治療へと進んで行きます。

 

私はタイミング療法で1回2万円くらい払い、人工受精で1回5万円くらい払っていました。

 

次の治療、次の治療と進むにつれ、金額もハンパないです。

 

検査から通院、1人の子供を授かるまで約60万円くらいは病院に支払っていたように思います。

 

不妊治療の末、2年前に人工受精で女の子を1人授かりました。

 

その後、今年自然妊娠で女の子を1人授かり、現在は二人の女の子の母親になることが出来ました!

 

不妊治療病院での人工受精ですぐに赤ちゃんがお腹にいることが分かったのですが、妊娠2ヶ月の時に赤ちゃんの心臓が止まってしまいました。

 

流産することがなくお腹に留まったままになってしまったので、手術で赤ちゃんを死産分娩しました。

 

その手術後、2ヶ月後に現在2歳になる娘を次の人工受精で授かることが出来ました。

 

不妊治療病院は健康保険対象になる治療と保険対象外とがあり、ほとんどの治療が対象外になる為、毎回通院時には財布に現金5万以上は入れていかないと怖かったです。

 

ボーナスを不妊治療にあてるしか通院する費用をねん出できず大変でした。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

不妊治療専門病院は自分に合わない時は早めに転院する事!

妊活

 

不妊治療をいざしたくても、家の近くに不妊治療専門病院はなく、片道1時間もかけ車で通院していました

 

仕事もしていたので病院行ってから仕事へ行ったり早退したりと忙しい日々
治療の為に子宮の中をゴソゴソされた日は腹痛がひどく仕事も辛かったです。

 

不妊治療は職場へ言うことはとても抵抗があり、私の場合は上司もすべて男性だった為とても言える環境ではありませんでした。

 

身近な同僚にだけ悩みを打ち明けて協力はしてもらっていました

 

どうしても不妊治療で病院に通院しなければいけない頻度が多い為、上司への言い方はすごく気を使いましたが、セクハラまがいの発言は多々受けていました

 

早退の申請には嫌な顔され、「また〜?」と毎回言われていました。

 

親からは「まだ子供できないのか?旦那さんは協力的じゃないのか!?」っていつも言われててすごく嫌でした。

 

不妊治療している事を相談できる雰囲気でなく、秘密にしていたので・・・

 

周りの友人達はすでに子供がいる子が多く、結婚して1年くらい経つと「まだ子供いないの?」とか「欲しくないのー?」とか普通に言われたりしてたので、かなりのプレッシャーでした。

 

一人目の子供がお腹の中で死んで出てこないことが分かったとき、どうしても自分ではその現実を理解出来ずに泣いてばかりいました。

 

手術しないとお腹の中で亡くなった赤ちゃんが腐ってしまうので早く手術して摘出しないといけないと先生から言われても、辛すぎて決心がつきませんでした。

 

「もう2度と子供授からないんじゃないか」って夫に言ったとき、夫は「もし子供がこのまま出来なくても君が一緒にいてくれればそれでいい」と言ってくれました。

 

治療が辛ければ、その治療を「我慢しないでいつでも止めたらいいよ」と言ってくれました。

 

その言葉ですごく救われた気がしたし、夫婦間の絆が深まった気がしました。

 

夫は私を心配して「そこまで神経質になる必要はあるのか?」と夫には言われた事もあります。

 

不妊治療で高額な治療費をかけ、わざわざ家から遠い病院に頻繁に行くため、私の体がクタクタになっていた為です。

 

夫とたまにケンカ、言い合いになるのはどうしても金銭的な部分が大きいと思います。

 

元々、子供を授かった不妊治療専門病院の前に家からまだ近くにある不妊治療病院に通っていたのですが、治療費ばかりかかり、全然自分に親身になって相談や治療をしてくれる病院とは思えませんでした。

 

後悔する事は、あの最初の病院に通ってた時間や費用がなければもっと早く子供も授かることが出来ていたと思うし、嫌な思いをして高額な治療費を払う必要もなかったと思うので、早く今の病院に通えば良かったと後悔しています。

 

病院に通ってみなければ分からない事ですが、自分に合わない・納得できなければ、見切りを付けて、早めに転院するのが良いと思います。

page top