皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】卵管造影検査せずにタイミング法!実は卵管詰まりが有った!

妊活

36歳女性、専業主婦です。
夫は45歳飲食業の男性です。

 

私たちが出会うきっかけは、夫のお店に食事に行った時に出会いました。

 

交際開始〜結婚までの期間は12年

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

治療お休みしたり、やめ時をお互い確認しながらの不妊治療

妊活

 

私は結婚する前からずっと子供が欲しかったんですが、夫はいつか自然に授かる事が出来ればいいねっていう感じでした。

 

結婚の半年前から私は病院に通院していました

 

不妊の事は知識なく、ほとんど何も知らなかったので、不妊の雑誌を購入して色々試しました。

 

基礎体温を測るようにして、冷たい飲み物が好きだったんですが温かい飲み物を飲むようにし、ルイボスティーを飲むようにしました。

 

排卵時期を調べるのに排卵チェッカーを買ってみて使用したり、基礎体温が高い方がいいと聞いたのでホットヨガに通ったり、よもぎ蒸しにも行ったりしました。

 

不妊専門の鍼治療にも週に1回通いました。
妊活中の友達がオススメだったからです。

 

夫にはマカや亜鉛のサプリを飲んでもらったり、牡蠣を食事に入れるようにしました。

 

パワースポット巡りや子宝神社はご利益があるか不明ですが、お守りを何個か持っています。

 

不妊の原因が私にあったので、自分の事をすごくせめたり落ち込む事がよくありました。

 

夫はというと、妊娠にいいといった情報を聞くと色々試したり、体質改善などとにかく頑張ってくれていました。

 

結果が悪かったりすると泣く事が多くなり、不安定になる私を見て夫は優しくフォローしてくれたり、「治療を少しお休みしよう」という話し合いにとなり半年ぐらい治療を止めた時もありました

 

止めてる間にも夫と話し合いをして、「あと何回トライしたら諦めようね」っと、不妊治療のやめ時をお互い確認し、今後の事を決めました。

 

私のカラダは、何日かの生理開始のズレはありました。
子宮頸がんなどの検査はしていたので特に何か言われる事もなかったです。

 

30代になってから排卵痛と言われるものがある月もありました。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

不妊治療3年で400万円!2度の流産乗り越え妊娠!

妊活

 

不妊治療は、3年ぐらいです

 

私はタイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精全て経験しました。

 

最初の病院は薬や注射が多く体に合わず体調を崩す事が多かったので、なるべく薬を使用しないやり方でやってくれる病院に転院しました。

 

生理3日目に1回目の通院、生理10日目に2回目。

 

2回目の時に卵胞の大きさで採卵の日程が決まる時もあれば、卵胞の育ちが悪い時はさらに3日後に3回目の通院。

 

その後採卵をし採卵から5日目に受精がうまくいけば移植となり、移植後から1週間が妊娠判定日となっていたので5回か6回は月に通院していました。

 

無事妊娠する事ができ、出産しました。

 

出産するまでに、2度の流産を経験していたので今回もダメだったらどうしようという不安が常にありました。

 

不妊治療の病院を妊娠3ヶ月くらいで卒業し、産婦人科に通うようになっても元気に育ってくれているだろうか?毎日そういう心配もありました。

 

不妊治療の時に筋腫があるけど不妊には問題ないからっと言われていた筋腫が出産には邪魔になる位置にあるらしく、帝王切開になりました。

 

帝王切開も筋腫の位置が悪いのでリスクが高くなると言われ、妊娠してからも何かと問題が多く大変でした。

 

不妊治療の費用は400万円ぐらいかかったと思います。
ヨガや鍼治療なども含めての金額ですが。

 

結婚式の為に貯金していた分を不妊治療にまわしました。

 

後は私の両親が援助してくれたりもしたので治療を続ける事ができました。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

病院の治療が合わなければ迷わず転院した方が良い理由

妊活

 

最初の病院は薬を多く使っていたので、体がだるくなったり吐き気もおおかったです。
筋肉注射も多かったので痛みが苦手な私にはつらかったです。

 

転院してから、薬の副作用もなく体力的に大変だった事はあまりありませんだした。

 

通院の日程が前もって決まっているわけではないので、自分が大体この日が採卵かなって計算をしてお休み申請

 

体の事外れたりすることもあったので、不妊治療をしている事を職場に話をしてお休みをもらっていました。

 

両親のプレッシャーがすごくて、それが1番のストレスでした。

 

どうしても孫を作ってくれっと言われ続け、妊娠判定がダメだった時の報告や流産した時の報告をした時の残念な声とため息がとてもつらくて、連絡するのが嫌でした。

 

不妊治療をして赤ちゃんを授かるのって奇跡なんだなって思ったら、人間の体のつくりってすごいねって、夫婦の間でも沢山の会話がありました。

 

不妊治療は一人ではできないので夫婦で協力しないといけないので夫は常に私に協力してくれました

 

夫婦仲が険悪になったのは流産した時に、「どうせ私に原因があるんだからあなたは辛くないわよね」って夫にあたることもありました。

 

言わなくても良い事を、ついつい言ってしまっていました。

 

私が悪いって言うのが口癖のようになり多くなった頃、「そんなに辛いなら不妊治療やめよう」とも言われました。

 

最初の病院で卵管造影をしてくれなかったんですが、転院して卵管造影の検査をして卵管が詰まっている事がわかり、自然妊娠が無理だという事がわかりました

 

最初の病院でタイミング法、人工授精を8ヶ月程やっていたので、その分の費用や月日が無駄だったとわかった時は愕然としました。

 

なので、「卵管造影は必ずやった方がいいよ」って不妊治療を始める知り合いには言うようにしています。

page top