皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】子供はまだか?と聞かれたら何て返す?周りの爆笑を誘う答え方

妊活

20代女性、専業主婦です。
夫は30代会社員の男性です。

 

私たちが出会うきっかけは、私の友人夫婦が軽い感じで紹介してくれた。

 

交際開始〜結婚までの期間は一年間

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

SEX時の体勢を工夫、セックス後の脚あげは効果あり?

妊活

 

結婚してすぐにお互いが子供欲しかったのはあったが、旦那のほうが子供欲しい度の度合いは強い感じはあった。

 

子宮の病気をしたのもあり、私は不妊の可能性があると医者から伝えられていたので結婚したらすぐに治療をしようと決めていた。

 

彼とは、付き合っている段階で子作りしたが、一年後に結婚して自然妊娠できなかったのですぐ不妊治療開始

 

子宮の病気持ちなので自分で努力していた私

 

例えば、基礎体温を計る、携帯や本で勉強、占い、葉酸などのサプリ飲む、運動、禁酒、早寝早起き

 

そしてSEX時の体勢を工夫、セックス後の脚あげ
白湯、ヨモギ蒸して股の所を温める、夏はシャワーだけ、ストレッチ

 

夫婦生活は雰囲気を変える、旅行、妊活セミナー

 

子宝神社祈願、子宝神社巡り 子宝の神様のお祭りに行く、子宝のぬいぐるみ、キムラ様、もう神頼み!

 

タイミング、マッサージ、海外サプリは怖いけど試した

 

モロヘイヤが子宝に良いと聞いて夏は毎食食べたり氷禁止、カフェイン禁止
まぁ〜考えられる事は何でもトライです。

 

旦那がどうしても自分の子どもを作りたいと言う気持ちがすごくあったので、自分ためより旦那のためにもです。

 

又夫婦で話し合いをして、自分の不妊になる可能性があることは結婚前に伝えてあったので、結婚してすぐに不妊の治療法を2人で調べて周辺でできる病院を探した。

 

そのときに旦那は不妊治療すればすぐに誰でも出来ると勘違いをしていたので、また話し合いの場をつくり、不妊治療の大変さ、辛さを携帯や本でピックアップして伝えた。

 

それを理解して旦那もその後に自分がどのような行動、協力をしたらいいかなどの提案をしてくれた。

 

私は、生理不順、生理痛が重度の痛み、不正出血、高度異形成による円錐切除術をした事もあります。

 

無理なダイエットでの体調不良ぎみでもあります

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

人工授精は気持ち悪くなる!人工授精6回で治療はお休み、限界

妊活

 

不妊治療は、5年間。
現在はお休み中

 

通院頻度は週に一回など。
2週おきになどでそのときの卵の様子でかわった。

 

検査治療は、始めはタイミング法、その後にホルモン注射を打ちながらのタイミング法、卵管造影、精子の運動率検査、卵子精子の相性検査、ホルモン注射、注射を打ちながらの人工授精。

 

一回の治療費は始めはタイミングなどで3000円ほどでしたが、人工授精のときは1万円の治療費でした。

 

血液検査などもやる検査日あったのでそのときは1万円超えでした。
今までで不妊治療には総額50万円くらいかかったと思う。

 

とりあえず今は不妊治療を休憩中です。
タイミング→人工授精6回でお休み

 

諦めた訳ではなく、不妊治療でものすごく精神的にもやられてしまい夫婦仲がこじれてしまったりすることが多くなったり、気持ち悪くなったり、旦那と話し合いをして一旦治療休憩することにしました。

 

ちょうど休憩をしようと思ったタイミングが、当初人工授精を病院で決めた限界の6回目が終わった時

 

その6回目でうまく妊娠しないで生理がきてしまったら休もうと夫婦で決めてあったのですぐに治療をストップしました。

 

なんかこう、人工授精って気持ち悪くなる事があって・・・。
でも、またそろそろ始めようかと考えています。

 

公的な補助があるのを全く知らなくて治療を休憩しだしてからテレビで不妊治療の特集を見た

 

そのときに補助金があるのを知ったので全額ではないとしても、全く知らずに払っていた治療代が2人でそれぞれ独身時代から貯めていた貯金でまかなった

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

「子どもはまだか?」と聞かれたら「子どもの作り方が分からない!」と爆笑誘う夫

妊活

 

不妊治療は、とくに人工授精は気持ち悪くなるのです。
そして、やはり病院に通うのにその道のりはかなりしんどいです

 

行くまでの時間、待ち時間、治療の時間とほぼ一日を病院に費やします。

 

又、診察は毎回足を開いて中に器具を入れられたりすることが辛い
何をやられているのか、カチャカチャの音が怖い

 

先生は普通に仕事をしているのかもしれないが、コチラからすると、いきなり何かを入れられ、ゴソゴソと作業

 

細胞を取ったり、子宮内を診察だけど、何度やっても、どうしても慣れる事ができない

 

血液検査のときの注射、ホルモン注射て筋肉注射なんですがそれをお尻に打たれるので、その筋肉注射した場所が数日間痛みが続く

 

その当時は仕事をしていたので仕事場での不妊治療の報告、配慮、主人への配慮は特に気をつけた。

 

タイミングを取るにしても病院で言われたからとか言うと義務感がすごいあり、そんなのは自分もイヤだと思ったのでなるべく自然に持っていけるように心がけた

 

主人の方の親族からのプレッシャーはものすごく感じていた。
毎回会うたびに「子どもはまだか?」と聞かれたりした。

 

友人知人からも「まだ子どもできないの?早く2人の子ども見たい」などの言葉を言われてすごくプレッシャーはあった

 

でも、主人とは治療で不妊について一緒に勉強して、夫婦の絆はすごく強まった気がします。

 

主人が特に私への配慮がすごいと思いました。

 

主人の知人などが「子どもまだいないのか?」など言ってくることがあるが、そこで主人は真剣に返すのではなくふざけて「子どものつくり方わからないから!」などと笑いに持っていくようにしてくれました。

 

その言葉で、子どもの話はすぐ終わるので本当に感謝です。
しかし、私の治療中にストレスもすごくて、ささいなことでイライラ

 

精神的にやられることが増えていき、主人に八つ当たり、夫婦喧嘩も頻繁になりました。

 

わたしが、ヒステリック気味になり、でもそんな自分がイヤで突然家出したりした事もあります。

 

お互い大変なのに、自分のほうが大変などお互いが思っていました。

 

不妊治療の後悔は、人工授精をしたのはきっと検査の中では必要だったとは思うが、3回くらいでやめれば良かったと思う

 

私の場合は人工授精6回、なんかそれで精神的にも疲れました。

 

人工授精3回位にして、すぐに体外受精に検査を進めておけばよかったと思った・・・。

 

タイミング法も本当に時間の無駄な気がした。
早く治療をどんどんすすめてれば精神的にも体外受精を受ける余裕があったのかなと思う。

page top