皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】どうしても子供が欲しい夫と不妊治療無理してまで子供欲しくない妻

妊活

 

39歳の女性会社員をしています。

 

36-38歳のころ不妊治療をしていました。

 

夫は47歳の会社員男性です。

 

私たちの出逢いは、私の友人の兄だったのでその紹介で知り合いました。

 

交際期間は半年程度で結婚しました。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

無理してまで授かる子どもは親のエゴを満たすだけ

妊活

 

結婚当初は二人とも赤ちゃん欲しい欲しくない以前に、当たり前のように結婚すれば子どもができるものなのだろうと思っていました。

 

結婚直後から避妊はしていませんでしたが、授からなかったため3年程度経過してから不妊治療を始めたのです。

 

最初の頃は私も無知で・・・ネットで色々調べたり、子どもを授かった先輩からお話を聞いたりしました。

 

妊活サプリも試しましたよ。

 

妊活サプリは私にとり効果があったか定かでないですが、副作用もなく、効果がある人もいると聞きます。

 

主な成分である葉酸はどのみち女性に必要なものなので、迷っている人は一度くらいは買って試してみたらよいのではないかと思います。

 

その他には基礎体温をつけたり、生理周期にもとづくタイミング法も何度か試しました。

 

その際、夫婦でアプリをインストールし、互いに情報共有しながら取り組めたのは良かったと思います。

 

夫は子どもは授かって当たり前と考えていたようで、不妊治療にはとても協力的でしたし、むしろ私をリードしてくれました。

 

私の方は、妊活は一通りのことはするけれども、無理してまで授かる子どもは親のエゴを満たすだけ

 

子供本人が幸せではないのではないかと疑問がわいてきてしまい、途中でやめたくなり、実際に通院はしなくなりました。

 

夫とは話し合いというほどでもありませんが、私の考え方を強く伝えたら、夫は理解してくれました。

 

不妊治療をする前の私は、生理不順は特になかったですし、健康診断で婦人科系の病気が引っ掛かることもありませんでした。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

不妊2年費用は100万円!治療やめ気持ちは楽になる

妊活

 

私の不妊治療期間は2年程度

 

月に3回くらいは通院していたと思います。

 

お金は数千円単位から、十万単位までかかる場合があり、合計すると百万円くらいいったと思います。

 

人工授精が、検査や投薬のたびに数千円かかり、実際に精子を体に入れる際に5万円くらいかかります。

 

体外受精は、一回のサイクルで数十万かかるのです。

 

病院によっても違うと思いますが・・・

 

人工授精は体の負担はそれほど目立つものはありません。

 

体外受精は、卵子を採取する際に注射針のようなもので採取するため、全身麻酔をしたりするほか、自分で注射をするのが結構大変です。

 

現在も子どもは授かっていませんが、不妊治療をやめたので不妊治療中心みたいだった生活が終わり、気持ちは楽になりました。

 

無限に努力したりお金を遣ったりもできないものなので、どこまでやったらやめるのかは決めておいたほうがいいと思います。

 

私は、自分が無理だと思わないひととおりの努力はするけれども、無理して子どもを授かってその子がもし病気をもっていたりしたら申し訳ないなどと考え、とにかく何がなんでも不妊治療をという考え方は合いませんでした。

 

治療費は、幸い共働きなので、高額のお金が出ていったけれども他に贅沢も特にしなかったので、生活が困ったということはありませんでした。

 

ある程度は会社の福利厚生と、確定申告の際、高額医療費はある程度国から戻ってくるので、それでまかないました。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

「不妊治療はもう嫌だ!」気持ちを夫に伝えて不妊治療止める

妊活

 

治療の時は、薬によっては体調が悪化したり、気持ち悪くなるので、それが嫌でした。

 

又、自分で毎日注射を打たないといけないのが、怖いし緊張するので一苦労でした。

 

何回も自宅で注射しましたが、何度やっても慣れたりすることはありませんでした。

 

最初のころは使い方になれなくて針で指を切ったこともあります。

 

仕事上では、忙しい職場にいて、人手も少なかったので、平日の昼間など通院に抜けないといけないのは気をつかうという意味で負担でした。

 

あと、チームメンバーが男性しかいなかったときは誰にも言えなくて・・・。

 

子供ができないと、両親などから重圧かけられる方がいますが、私自身はプレッシャーを受けたことはありませんでした。

 

同い年の女性がSNSに出産についてアップすると、自分が遅れをとったような気持ちにはちょっとなりました

 

でも、そう感じる筋合いはないと頭で考えて感情をマネージしていました。

 

私自身は、夫が子どもがほしい人なので、「夫を幸せにするためには子どもを作らなくちゃいけないのだ」というようなプレッシャーを勝手に感じていました

 

「不妊治療はもう嫌だ!」という感情をぶつけたら、夫が、私のことが一番だと言ってくれて安心でき、その時は絆が深まったと感じ嬉しかった。

 

私が、「何がなんでも子どもがほしいわけではない」とか、「いつまでこれを続ければいいの?」という発言をすると夫の顔が曇ります。

 

それが申し訳ないと言うか、ちょっと辛かったですが、「あなたの機嫌をとるために妊活をするのはもう嫌だ!」と吐き出しました!

 

もちろん夫も結構そんなことを言われて怒りましたが、吐き出したことで夫も今後の二人のあり方をよく考えてくれるきっかけになったと思っています。

 

できる事はやったつもりなので、私には後悔や反省はありません。

 

むしろ、スッキリしています。

 

高いお金をかけて結局子どもを授からないのならやらなければよかった、という考えもあるかもしれません

 

私の考えは、行き過ぎがよくないと思っています。

 

治療の止めどきは悩みますが、どれくらいやるのがベストかは人によると思います。

page top