皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】不妊治療合間の念のためのタイミングでまさかの妊娠!成功の理由?

妊活

 

33歳 (不妊治療26〜28歳)女性、パート勤務をしています。

 

夫は33歳(不妊治療時26〜28歳)会社員

 

私たちは、同じ地元の同じ中学校に通っていた同級生で、成人式の時に再開し、そこから交際に発展しました。

 

交際期間は約5年で結婚しました。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

流産、過呼吸・救急搬送でも夫婦二人で前向きになる

妊活

 

結婚当初は2人きりで旅行や趣味などを楽しみたかったので、結婚して1年は子どもを作らず、『2年目から作りたいね』と当初から話していました。

 

それは2人とも共通の意思でした。

 

結婚して1年経ち、当初の予定通り『そろそろ子ども作りたいね』と話し、避妊しなければすぐできるものと思っていたのですが…

 

なかなかできず、生理不順もあったので、妊娠しているのかただ生理が遅れているのかがいつもわからず、妊娠検査薬を何本も無駄にしてました。

 

こんなにモヤモヤした日々を送るなら1度病院でみてもらおう、と結婚後1年半頃から病院に通い始めまたのです。

 

自分でできる事として、よもぎ蒸しを試しました。

 

とにかく生理不順を何とかしなければならないと思っていたので、生理不順に良いとされるよもぎ蒸しに定期的に通いました。

 

水分を多めにとって汗をかき、冷え性だったので、なるべく常に体を温めるように気をつけました。

 

それから血流を良くするためにヨガも実践。

 

自分でDVDを買って自宅でやったり、スタジオに通ったりしました。

 

どちらも、とても気持ちがよく、眠りも深くなり健康にはなった気がしましたが、生理不順の改善にはあまり効果がありませんでした。

 

最初、病院に行って生理不順の原因を調べ、治せるなら治してもらいたいという私の意思に夫も賛成してくれました。

 

それから、半年間は生理不順の治療、さらに半年はタイミング法、さらに半年で人工授精、ここまでは夫婦2人とも前向きにやってきました。

 

しかし、人工授精2回目で流産、4回目で生理痛が酷すぎて過呼吸を起こし救急搬送される始末

 

肉体的にも精神的にも追い詰められていく私を見て、そこまで無理してまで子ども作る必要があるのかな、と旦那から話をされ、そのあたりで私も少し立ち止まり、夫婦2人だけの生活を視野に入れるようになりました。

 

2人とも『夫婦2人だけの生活もそれはそれで楽しいよね』と前向きにも考えていました。

 

人工授精半年やった後、先生から体外受精に進もうと話をされた時、費用の面も含めて、2人で体外受精やるのをやめようと結論を出しました。

 

2人とも、やるだけやってダメなら2人で人生楽しもう、という気持ちがあったので、そこまで夫婦間の温度差はなかったように思います。

 

生理不順は、中学生の初潮の時からありました。

 

だいたい3ヶ月に1度くらい。

 

長い時で5ヶ月に1度。

 

私生活でストレスが強い時などは特に遅れがちでした。

 

その代わり、PMSの頻度は普通の人より少なかったので、体はあまり不調になることはありませんでした。

 

高校生くらいの時、1度母が心配し、地元の産婦人科に基礎体温表を持って行きましたが、若い頃の生理不順はよくある、子どもが欲しくなってからで大丈夫と言われ、無治療のままでした。

 

もしかしたら、それが良くなかったのかも…

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

治療の合間、タイミングでのまさかの妊娠はなぜ?

妊活

 

不妊治療期間は約3年

 

生理不順治療時、月1度。中用量ピル処方。

 

漢方(当帰芍薬散)継続して処方。

 

卵管造影検査、糖代謝検査、潜在性プロラクチン検査、血液検査など。

 

タイミング療法時、2週間に1度。

 

卵胞チェック、排卵誘発剤、ホルモン注射、高プロラクチン血症の薬は月に1度。

 

排卵後、高温期を持続させる飲み薬。

 

人工授精時、2週間に1度、薬はタイミング療法時と同じだけど、効きにくくなってきて用量が少しずつ増えていく。

 

人工授精一回につき約15000円。

 

今までにかかった金額はちゃんと計算できませんが、ざっくりと50万円ほどだと思います。

 

現在は、29歳で無事、出産しました!

 

ちょうど、担当医が変わる時期、引き継ぎがうまくいかず大切な排卵期に人工授精が間に合わず、今回は見送りにしましょうという周期。

 

念のため、タイミングだけ一応とっといて、と言われた周期にタイミングで授かりました。

 

排卵誘発剤と高温期に飲む薬は飲みました。

 

今までさんざんタイミングでは全く授からなかったので、先生を恨みつつ、お休みの周期を楽しもうと、週5日の夫婦生活、仲良くしました。

 

一応、行為後に足を上にあげて逆立ちをしました(笑)

 

お酒も飲み、遊びの予定もたくさんいれ、妊活のことを考えないようにしました。

 

そうしたら、なぜかその周期に授かっていました。

 

流産経験があったので、妊娠がわかった後もしばらく高温期持続のお薬は飲み続けていました。

 

それにしても、ストレスがかからなかったのが良かったのか、まさかの妊娠でした!

 

治療費は、人工授精までしかやっていないので、そこまで大きなお金が一度にまとめて出ていくことはありませんでしたが、必ず毎月数回は通院があり、何かの検査があると少し高い金額になってしまう為、私もパートに出ていました。

 

体外受精に踏み切れなかったのは、お金の面もあります。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

友人の出来ちゃった結婚報告が心に刺さる

妊活

 

薬の副作用でめまいや吐き気が酷い日があったことはとても辛いものでした。

 

流産後に出血が1ヶ月以上止まらなかったこと、また過呼吸で救急搬送されたり辛いことは多々ありました。

 

そんな中でパートとはいえ仕事をしなければならなかったのも体力的に大変でした。

 

また、朝イチで旦那の精子を出してもらって、バスと電車を乗り継いで一刻も早く病院に届かなければいけなかったことも…。

 

排卵の周期によって、急に仕事を休まなければならない時がある事、副作用が酷い時は出勤できないことは職場に迷惑をかけます。

 

こどもを相手にする仕事をしていたので、流産後は、目の前にいるようなかわいい子どもを私は持つことができないのかと考えると涙が出てきてしまったりなど、精神的に辛い事もありました。

 

幸い、上司が女性で流産をきっかけに不妊治療をしている事を打ち明けると、優しく理解してくれ、休みなどにも対応してくれたのがありがたかっです。

 

私の実家の家族は私たちに気を使ってか、子供について何も話さなかったですね。

 

田舎に住んでいる遠い親戚はこどもを3人産んでこそ本当の母親になれる、などと古くさい言葉を言われた事もありますが、田舎の文化かな、とあまり気に留めていませんでした。

 

友人で出来ちゃった結婚した子で、あまりこども欲しくなかったのに急に出来ちゃってどうしよう、みたいな事を言われた時は自分自身がただ辛かったです。

 

彼女も悪気はなく、望まない妊娠で私に相談しただけなのですが、心に刺さります。

 

夫婦で『2人の生活でも楽しもうね』と話をした時に、不妊の原因はほぼ100%私にあったのに、夫は嫌なこと1つ言わず、人工授精にも付き合ってくれて、2人でも楽しもうと結論を出してくれた夫には感謝しています。

 

それから、1つの共通の目的に向かって2人で協力して進めたのも夫婦の絆が深まったのではないかと思います。

 

夫は、割と『もうこんなに辛いならやめれば?』というタイプ

 

私は『次こそは頑張る』と少し無理をして自分を追い詰めるタイプでした。

 

こっちがこんなに頑張ってるのに、『やめればってどういうこと?』と優しさで言ってくれている言葉も理解できない時期がありました。

 

結果として、私は出産ができているので、今の幸せがあるのはあの辛い不妊治療の期間があったからだと思っています。

 

だから、後悔はありません。

 

辛かったけど、その辛さが未来に繋がるって事を信じてやってきて良かったと、今は思っています。

 

もし子供が授からなくても、二人で治療に向き合った事、無駄にはなりません。

page top