皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】生理は周期通り、婦人科病気も無いのに不妊治療3年妊娠せず!なぜ?

妊活

 

30代女性、現在は専業主婦。

 

治療時点では会社員をしていました。

 

夫は30代会社員です。

 

私たちの出逢いは、同じ会社に勤めていて仕事を通じて知り合いました

 

交際期間は1年で結婚したのです。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

生理は周期通り、婦人科病気も無いのに妊娠せず!なぜ?

妊活

 

お互い子供はとても欲しく、私はすぐにでもできて良かったが 入籍から半年後に海外挙式、さらにその半年後に国内披露宴を予定していたため 主人は国内披露宴が終わるまでは作らない考え(入籍から1年間)

 

入籍から1年の国内披露宴が終わるまでは避妊したが、その後1年経過しても自然妊娠しないため通院を開始(入籍から2年)

 

初めは、基礎体温をつけてタイミングをはかったが基礎体温がバラバラだったためよくわからなかった。

 

そのためアプリをもとにタイミングを測ったが結果は失敗。

 

病院へ行くまでは、病院にさえ行けばすぐにこどもはできるだろうと、あまり深く考えていなかったため、 カラダは冷さない方がいいとは思ってもレッグウォーマーを買う程度であまり具体的対策を考えたり実施することはなかった。

 

サプリや子宝神社へのお参りなどは実施していたし、二人で旅行も各地の子宝神社へお参り

 

お互いに子供が欲しい気持ちがあることを確認したうえで、自分たちがとっているタイミングが間違っているのか、 何か不妊の原因があるのかを知るためにもまずは病院へ行って確認が必要という話になった。

 

当時は病院にさえ行けば、すぐに原因がわかり妊娠すると思ってたので、夫ともその後将来のことや 治療期間などは特に話し合いは行わず、最初は気軽な感じでの話合いだった。

 

その後数年恵まれないため、半年〜1年に一度、治療の変化点などに話し合いを行い、 お互いの改善点や思っていること、今後の治療をどうしていくかについて都度話し合いを行った

 

生理は周期通りにきており、婦人科系の病気もなかったため自分が婦人科で困ると思っていなかった。

 

ただ学生時代に眩暈で自律神経失調症と診断されたことはあった

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

不妊治療3年、仕事退職して治療再開を検討

妊活

 

不妊治療期間は途中休憩期間として通院しない期間を含めて3年(現在も含む)

 

最初の1年半は近所の産婦人科に不妊専門医がいたため、タイミング療法で通院し、エコーでの排卵タイミングの確認、排卵誘発剤の注射、ホルモン補填の投薬を実施。
(1か月に2回程度の通院、料金は1回1000〜2000円程度)

 

最初の検査では血液検査、卵管造影検査で卵管の詰まり具合を確認、フーナーテストを実施。
(いずれの検査も問題はなし。料金は保険適用で血液検査2000円、卵管造影は1万円)

 

その後通院していた病院が不妊科を閉鎖することや、1年経過して結果がでないことから転院を検討。

 

体外・顕微授精で有名な高度治療を実施するクリニックへ転院。

 

最初の病院同様の検査を一通り実施し、卵管が詰まり気味ということでFT手術を実施。
(転院先では自費検査のため1〜2万円の検査費用、手術は8万円を超過したが高度医療補助申請を行い実費は8万円)

 

その後タイミング、人工授精(AIH)を5回実施したが結果は失敗、体外受精を検討中

 

現在は体外受精へのステップアップを検討中。

 

ステップアップに伴い、まずはカラダが健康でないと結果がで ないだろうということで、まずは体質改善のために 仕事を辞め、食事改善やヨガを行い、通院は停止中。

 

今まで仕事が忙しかったこともあり、義理の両親からステップアップをする前にしばらく様子を見ることを 進められておりステップアップのタイミングを様子みている状態。

 

仕事などのストレスは退職で激減しているので、様子見の選択も一つだとは考えいます。

 

しかし最近は、年齢の制約もあるため少し焦りがでてきており、通院の再開タイミングを検討中

 

最初は治療の費用はかかるが、共働きだったため特にお金に関しては気にしていなかった。

 

仕事が忙しく、常に帰宅は22時以降で、土日も仕事の連絡があったりして気が休まらなかったことや 健康的な食事ができなかったことがストレスでした。

 

また治療中であることは直属の上司にしか伝えてなかったため、通院する際が大変だった。

 

フレックス制度や半休制度を利用しても他のメンバーに度々病院への通院というと何か病気?と心配されることもあり、 また所用と言って何度も所用を使うのが難しい。

 

またかなり待ち時間の長い病院だったため、フレックスの時間に間に合わあいことも度々あり 通院と仕事の両立を行うことが一番の悩みの種であった

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

夫の正論で喧嘩!当たっているだけに言い返せずストレス

妊活

 

病院は平日9時〜15時、土曜日しか開いておらず、自身の周期での通院となるため ほぼ平日の朝に行くしかない状況で、家⇔病院⇔仕事場がそれぞれ30〜40分程度の距離だったため、時間を気にして常に急いで移動する、移動するのが体力的というより精神的に大変でした。

 

夫は協力的で必要であれば一緒に通院してくれたり気を使ってくれたのでありがたかったです。

 

私にとっては、職場での配慮が大変でした。

 

周期やタイミングによっては連日、各日で通院が必要だったため 治療を伝えていないメンバーの視線やどう思われているか、というのが一番気になりました。

 

また外食や総菜を減らしたいという思いがあっても、仕事が忙しい時はどういても頼らざるを得ない状況となるため その点においてもとてもストレスとなっていました。

 

子供がなかなか授からず、自身の両親や義理の両親は何度か遠まわし治療の事を言ってたため、 察して特に何も言わないのがありがたいです。

 

ただ他の親族や祖母からの「赤ちゃんはまだか?」という言葉はつらかったです。

 

タイミングによっては軽く受け流せる時と、とてもダメージを受ける時があります。

 

自分の精神状態で変わるのだと思います。

 

夫とは共に「子供が欲しい」という同じ目標に向かって頑張っているので、結束力があるように思います。

 

また今しかできないから、ということで気分転換に旅行やライブなど自分たちの時間に使えるので 他の夫婦よりもとても仲良しです。

 

やっぱりどこまでいっても女性の気持ちは男性には分からないからだと思いますが、 夫の言動に傷つきます。

 

生理前の妊娠が気になる時期に、ちょっとでも参考にしたいとフライングで検査をすると 「意味がない、検査薬の使い方が正しくないから結果も正しくない」などいわれると正論とわかっていてもケンカになります。

 

また運動不足やお酒の制約など厳しく言われるので、『私ばかり頑張ったり我慢しているのでは!』と険悪になります。
(夫は間違ったことは言ってないので言い返えせず我慢します…これもストレスになります)

 

最初の病院への通院時に人工授精がとてもハードルが高く感じて、ずっとタイミングばかりに頼りました。

 

近くで通院しやすい間にもっとステップアップしてチャレンジしておいたらよかったなと後悔する事があります。

 

カラダを冷やさない、運動する、など基本的なことは女性としても、最初から気にして行っておけばおかったなとは思います。

 

何が良くて何が悪いのかが線引き出来ず分からないのですが、良いとする事をもっと積極的にやれば赤ちゃんを授かったかも…後悔してもしょうがないのですが…

page top