皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】不妊治療しばらく休む事にしたら妊娠判明!諦め自由がストレス減らす

妊活

 

20代女性、パート勤務をしています。

 

夫は20代会社員です。

 

私たちの出逢いは、車の免許取得の教習所がたまたま同じだった事です。

 

いつも待合室で会話していました。

 

交際期間は5年で結婚しました。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

『お互い後悔しないように治療しよう!』と夫婦で話し合い

妊活

 

私は子供がすぐにでも欲しかったのですが、夫は出来ればいいな。とゆう程度で急いではなく、差があったように思います。

 

結婚してから1年で不妊治療を始めました。

 

初めはインターネットで出来やすい日やタイミングについて調べました。

 

そして排卵日の前にタイミングを取ることを実行しました。

 

夫をその気になるように、誘導(笑)

 

それに加えて妊娠しやすい身体づくりのために食べるものを変えてみたり、サプリを飲んでみたりしました。

 

基礎体温を毎日測ったり、体調が安定するように軽い運動をしてみたり、ヨガをしてみたらなど色々しました。

 

そして子宝の神社に行ってお願いしたりもしましたし、近くの神社にもお願いしに行きました。

 

妊娠できないとなると、神頼みです。

 

私は不妊の事をとても気にしていて毎日すごく悩んでいたのですが、夫は全く焦る様子もなく『いつかできればいいだろう』くらいの感覚で温度差が酷かったです。

 

ですので、まずはお互いの気持ちを確認するところから話し合い始めました。

 

治療するにも、お金がかかるので…

 

私は早く欲しいので不妊治療をしたい旨をハッキリと伝えました

 

夫は『そこまで焦らなくても大丈夫だろう』とお互い違う意見の言い合い…

 

なかなか話はまとまらなかったので、喧嘩になることもありましたが、『お互い後で後悔のないように納得いくようにしよう』と最終的にはなりました。

 

私の体は特に生理不順や婦人科系の病気、体の不調などはありませんでした。

 

ただ排卵が無排卵の時もあったみたいです。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

不妊治療しばらく休む!諦め自由にしたら妊娠判明!

妊活

 

不妊治療期間は半年通いました。

 

まず初めの月は毎週産婦人科に通い、生理のリズムや排卵が起こるタイミングを見てもらいました

 

人によってタイミングは違うようで、なんども受診して子宮の具合や、卵子の育ち具合などをみてもらいました。

 

次からはおおよその排卵日を予測して頂き、その辺に病院に通ってタイミングをとりました。

 

これらの通院にかかった費用は一回あたり2000円から3000円で、その後もしばらく通ったのでトータルですと10万円ほどは使いました。

 

現在は無事妊娠し、出産することができました。

 

タイミング法をしてもなかなかできなかったので、排卵しているかを見てもらうとなかなか良い卵子が出来ていなかったようです

 

なので、排卵誘発剤を処方していただき、それを飲んでタイミングを取ることになりました。

 

ですがしばらくしても妊娠する事はなく、しばらく治療を休んで、諦めて自由にしたところ、妊娠が発覚しました。

 

気持ちも大事と言いますが、本当にリラックスして過ごしていて出来たので大事なのだと思います。

 

治療をに一生懸命になるだけでなく、ストレスを失くすことって大事だと思いました。

 

お金の面では、毎回毎回の受診が頻繁にある場合保険が効かなくなるので、全て自費になってしまいとても安いとは言えない値段になってしまいました。

 

生活に余裕があったわけでもないので、しばらくは節約の日々でした。

 

でも私の場合、治療をは半年で10万円しかかかってないので、とても恵まれていたとは思います

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

不妊治療は忙しい!タイミングの夫婦の行為と合間をぬっての通院とやる事多い

妊活

 

私も夫もどちらともですが、タイミングをとって夫婦の行為を行う事も、忙しい合間をぬって病院に行ったりなど、いつも以上に日々が忙しくなってしまいました。

 

する事が増えるのでその分の体力もすごく消費してしまいました。

 

タイミングを逃すことができないので、精神的にも消耗します。

 

私の場合、薬を飲む事で副作用がある場合などがあり、体調がすぐれなかったり周りの方に迷惑をかけてしまうこともあったかと思います。

 

その分旦那にも家のことをお願いしたりなどで、それなりにフォローしてもらわなければならず夫も大変だったと思います。

 

近所の方にも『子供はまだ?』とすごく聞かれる事が多かったのでプレッシャーになりました。

 

言葉や態度は直接心に響いてくるのでなるべく言って欲しくないですし、態度にも出して欲しくないのですが、なかなかそれも難しくプレッシャーになりました。

 

ただ、私たち夫婦はお互いに子供がほしくて頑張っているので、同じ目標に向かって頑張れる事はとても夫婦の絆が強まったと思います。

 

感情を共有できた時にはいつもよりも仲良くする事が出来ましたし、無理せず自然体で居られるようになりました。

 

やはりお互い切羽詰まってくると余裕がなくなり喧嘩にはなりますね。

 

『こんな事なら子供はあきらめた方がいいんじゃないか』と夫が言い出した事に対して、私無言

 

とても行き場のない怒りがこみ上げてきて険悪なムードになってしまいました。

 

子供をいつまでにほしい。と考えてしまうのは当たり前ですし、まわりと比べてしまうのも仕方ないのですが、それは自分にとっても夫にとってもストレスになるので出来ればゆっくり自分たちのペースで進めていくのが良かったのかなと思います。

 

私の場合、治療で授かったのでなく、治療を休んで自由にしたら何故か妊娠したので、妊活・治療ストレスって結構大変だったんだと気づきましたから。

page top