皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】不妊治療は精神的につらい!妊活はダメ元と考えないとうつ病になる

妊活

 

30代(治療の時は20代)女性、専業主婦をしています。

 

夫は40代(治療の時は30代)会社員

 

夫との出会いは、同じ会社の社員とアルバイトで、会社の飲み会などで話をして気があったのですぐ交際に。

 

交際は2年程で結婚しました。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

生理が順調だから不妊体質じゃないというのはウソ!

妊活

 

私はあの頃20代だったし、見えない20代の内の赤ちゃんプレッシャー

 

私はすぐにでも赤ちゃんが欲しかったけど、夫が子供に興味がわくまで1年くらいは待とうと思いました。

 

夫は1年経ってから、やっと子供のことを考えるようになったのです。

 

結婚後1年間は避妊。

 

1年後、結婚前まで生理不順で通院していた婦人科への通院を再開。

 

そこで、不妊治療を開始したほうがいいとのこと、医師のアドバイスもあり不妊治療始めました。

 

もともと生理不順で子供が授かりにくいことは私自身分かっていたので、基礎体温をつけて、排卵があるかどうかの確認はしていました。

 

子宝に恵まれるようにと、旅行先の神社でお守りをいただいたり…。

 

神社のお守りも効く効かないは別として心の安心につながると思います。

 

体がもともとそんなに健康ではないと自分で思っていたので、食事で体を温める方法などを試したり、ルイボスティーを飲んだりしていました。

 

基礎体温は子供が欲しい欲しくないにかかわらず、20歳を過ぎたら一定期間つけてみることをおすすめしたいです。

 

やはり自分の体は自分で把握しないとダメですね。

 

ずっと生理も順調にきていて、健康そのものだと信じていた友人が、なかなか子供が授からず、基礎体温をつけてみたら排卵してなかった、ということもあったんですよ。

 

私と夫の不妊に対する会話では、私はもともと授かりづらいと婦人科で言われていたので、できるだけ二人で協力してできるところまで一緒に頑張ってみようという話になりました。

 

夫のほうも快く検査も受けてくれましたし、嬉しかったです。

 

夫が検査を受けてくれただけでも、夫の愛情を感じていました。

 

あとは、ダメでもともとなんだから、治療するにしても、あんまり期待しないようにしようということを二人話し合いました。

 

不妊治療自体かなり精神的に辛かったので、途中でくじけそうになりましたが、そういう時は二人でしかできない旅行とか行こうって貧乏旅行(?)してみたり、ちょっと遠出をしたりしていました。

 

生理が始まった中学生のころから生理不順の私、生理痛も酷く、体力もあまりない状態でした。

 

うつ病にもなり、精神的にも不安定だった事もあります。

 

大学生のころから婦人科に通院を初め、生理不順の治療をしてました。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

治療開始半年で妊娠出産、しかし赤ちゃんの首にはへその緒が3重巻に!

妊活

 

不妊治療の期間は、六ヶ月くらいです。

 

2週間に1度くらいの通院。

 

治療の内容としては、基礎体温、排卵のチェック、卵巣のエコー、排卵誘発剤の注射、体を温めるための漢方や薬の処方、卵管造影、膣内環境の検査、タイミング指導、フーナーテスト、精液の量、血液検査、受精したと思われるときも流産しないようにする注射など。

 

1回の治療費はだいたい4000〜5000円だったと思います。

 

今までの不妊治療に要した金額は、単純に計算して100,000円くらいだと思います。

 

半年の治療で子供を授かったので、10万円くらいかなと

 

あまり金額を気にせず治療していたので、検査があるときはもう少しかかっていたかもしれません。

 

治療を開始してできるだけの検査が終了し、検査結果で「妊娠できないことはないが、極めて難しい」と言われて気持ちが落ち込んだこともあります。

 

その後まもなくして卵胞が確認でき、夫婦ともども喜びました。

 

でも、流産のリスクも少なからずあることも同時に言われ、緊張しながらの妊娠生活にはいりました。

 

妊娠が分かる少し前からつわりが続いており、それも出産まで続きました。

 

お腹が大きくなってからも腰痛が出たり、普段の生活がしんどかった。

 

妊娠中は、時々赤ちゃんが動かなかったらどうしようと不安に襲われたり、精神も不安定だったので、マンションの管理人さんが掃除をしているだけなのに、不審者じゃないかと思って夫に電話をかけたりしていました。

 

精神的に色々な事に敏感になり、夫を振り回していましたね

 

元気に動いてくれた胎動や、産院で赤ちゃんのエコーが見えた時はとてもうれしくて幸せな気持ちになれました。

 

何とか出産までこぎつけることができましたが、子宮内膜が少し破れた状態で時間が経ってしまったため、陣痛促進剤での出産。

 

生まれても直ぐ赤ちゃんの声を聞くことはできず、一人で赤ちゃんを待っていたらへその緒が3重に首に巻き付いていたそう

 

元気そうでしたが、生まれて直ぐ救急車で総合病院に赤ちゃんだけ運ばれてしまいました。

 

幸い9日で退院して、今は無事に小学生になりました。

 

わが家は裕福ではありませんでしたが、治療にお金をかけて生活に困ることもなく、あまり先の事を考えたりお金の心配はしていませんでした。

 

とにかく出産後の生活よりも妊娠に向けて取り組もうと思っていたので。

 

幸い一人目の妊娠までそれほど時間がかからなかったし、ちょうど治療を続けるかどうかの見直しを考えようかと思ったときに妊娠。

 

治療を開始して、精神的にも金銭的にも無理なら通院はやめようと思っていました。

 

治療期間も短かく、まぁ贅沢なことはできませんでしたが、できる範囲で治療し、生活してました。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

不妊は誰にでも起こりえる、知識が無いと怖さばかりが襲う

妊活

 

通院が辛かった。

 

病院はそこまで遠いところではありませんでしたが、不妊治療専門の病院はいつも混んでいて待ち時間もハンパなくかかりました。

 

そして内診はいつも苦痛でした。

 

内診は何をされるのか分からない怖さと、医師が何かするたびにビックリしたり、又恥ずかしさがあり、慣れることはありませんでした。

 

注射も痛かったので、いつまで続ければいいのかを考えると嫌で嫌で。

 

家事はいつもどうりにしてましたが、極力無茶はしないようにしていました。

 

体力があまりないので、無理をして体調を壊さないように…。

 

あとは、体を冷やさないようにすることですね。

 

冬場の寒い時期はお腹が冷えないように気をつけていました。

 

義理の両親は行くと、子どもの事時々聞いてはきましたが、最初に『子供はまだ作らない!』と宣言していて、作り始めたことも内緒にしていたので大丈夫でした笑

 

私の両親は私が通院していることは知っていましたが、内容はあまり話さず『なかなか難しい』とだけ伝えていたので、心配はしてくれてました。

 

友人には一切何も言わなかったので、なにも言われていないです。

 

言えば心配されたり、変に詮索されたり…言葉は悪いですが面倒です。

 

この頃はあまり人付き合いをしてませんでした。

 

不妊治療は女性が頑張るものだと思われちですが、夫は淡々と無理に励ますでもなく、突き放すでもなく、自分の検査も坦々とやってくれました。

 

夫の優しさだと思います。

 

2人苦労を分かち合ってからの妊娠出産は、順調に授かった人には分からない感動があったと思います。

 

最初はタイミング療法をやっていたので、「今日仲良くしよう」と誘うと「えっ?今日?」みたいに言われ、「自分たちのことだよ?」って夫と温度差を感じたことはありました。

 

その後、夫婦喧嘩にはなりませんでしたが、毎回私がタイミングを伝えるのは、なんだか切なくなっていました。

 

今思う事は、生理不順の原因をもっと早くに知って通院していれば良かったと思います。

 

私、女性なのに、女性のカラダについて知識がなく…

 

生理が3ヶ月も来ないということは排卵していない可能性が高いことを学校教育などで、女性の基本情報としてもっと男女とも知るへきですよね。

 

不妊は誰でも起こりえることなので…

 

又婦人科での治療の内容や、費用の開示をもっとして欲しいですね。

 

右も左も分からず、質問する事もなかなかできず…

 

私の場合ですが、自分の知識も乏しく、まずは知識を得たりすることから始まりました。

 

知識があれば、怖いと思わず、『こんな事もあるんだ!』と動揺せずに精神的にも辛くならずに済んだかもしれません。

 

精神的な辛さは夫婦仲にも良くないし、ストレスが不妊には一番悪いようです。

page top