皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】子供できない不安悩みの夫婦はカミングアウトでストレス防ぐ

妊活

31歳女性、主婦です。
夫は31歳の会社員

 

二人の出会うきっかけは、大学の同級生で、同じフットサルサークルで出逢いました。

 

私たちは、交際から3年半程で結婚しました。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

1年間はタイミングとりセックスしても妊娠できず不妊治療開始

妊活

 

結婚後しばらく2人の時間が欲しいと思っていたので、数年後に子供ができればいいかなと思っていました。
結婚当初は、そんなに妊娠に対し焦っていませんでした。

 

結婚後1年間は避妊、その後1年ほど自分たちでタイミングをとってセックスしていましたが妊娠せず、病院で不妊治療を開始しました。

 

私たち夫婦は、病院に通い出したころから色々と妊娠について勉強したり、努力はしていました。

 

知識:インターネットや妊活用の雑誌を読んで妊娠しやすい時期や生活について夫婦で勉強しました。 

 

体調管理:基礎体温を毎日つけたり、運動をするため夫婦で夜ランニングをしたりしていました。

 

又、葉酸や亜鉛のサプリも飲んでいました。 

 

その他:子宝祈願のため県内外の子宝に恵まれるという神社を色々と訪れたり、妊娠すると言われている噂の画像をスマートフォンの待ち受け画面にしたりしていました。

 

妊婦の友人のお腹を触らせてもらったり、私たちもあやかりたいなと考えていました。。
私たち夫婦は、不妊についても結構話し合っていました。

 

その中で、お互いが「自分に原因があるのではないか」とせめてしまっていた時期があったので、「そういうマイナスの考えはやめよう」と話していました。

 

また、もし子供に恵まれない場合の人生についても話し合いました。
2人で海外旅行にいったり、色々なところに出かけよう

 

2人でならきっと楽しいはずと前向きな考えを持つようにしていました。
また、お互いにそれぞれ、甥っ子や姪っ子がいたので、その子たちをもっともっと可愛がろうとも話していました。

 

私は健康な方で、不妊に思い当たる事がありませんでした。
むしろ生理も規則正しく来ていたし、普段体調を崩すこともなく、体は強い方でした。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

体外受精1回目で妊娠!50万円の治療費かかる

妊活

 

不妊治療を始めて2年半ほどですが、
始めの検査として、血液検査、ホルモン検査、HIV検査、精子の運動率の検査、卵管造影検査などを行いました。

 

その後、まずタイミング指導による治療で通院頻度は生理5日目から2〜3日に1回程度でした。

 

半年ほど続け、妊娠に至らなかったため、その後人工授精にステップアップしました。
人工授精のための費用は1回1万7千円程です。

 

その他ホルモン注射や内服薬で費用は人工授精を行っている期間の費用は月2万5千円ほどでした。

 

さらに体外受精にステップアップし、通院頻度は月13回ほどで、1回の採卵・体外受精で約40万円かかりました。

 

お金もかかりますが、まともに仕事をしていると、通院は難しいと思います。
現在は、妊娠4週目です。

 

体外受精の1回目で授かることができました。
人工授精に入る前、一度子宮外妊娠を経験しているため、それぞれの治療の回数に区切りをつけていました。

 

年齢的には先生にもまだ若い方だとは言われていましたが、人工授精は5回ダメだったらすぐ体外受精へステップアップすることを夫と決めていました。

 

体外受精は30歳で経験しましたが、金銭面が心配なこともあり、3回までしてダメだったら諦める決意でした。

 

人工授精までは月数万円の出費だったので、そこまで厳しいとは思いませんでした。

 

しかし、体外受精にステップアップしてからは、採卵などの手術費用以外に、検査代、注射代や点鼻薬代など出費が増えてきついと思うことも多々ありました。

 

1回目の体外受精を行うまでに治療費は約50万円かかりました。
その分はあらかじめ貯めておいた貯金でまかないました。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

不妊治療の苦しみは夫に相談、生理が来れば一緒に泣いた

妊活

 

体力的にというか、卵を育てる時期には毎日注射を打たなければいけなかったので、痛みに耐えるのがつらかったです。

 

自己注射はそこまで痛くないと聞いていましたが、普通に痛かったですね。

 

採血も多い為、注射が苦手な人には大変だと思います。

 

体外受精へのステップアップを機に退職し、仕事は通院時期以外で派遣の仕事をしていたので、私は通院でそこまで苦労はありませんでした。

 

ただ、点鼻薬など決められた時間に行わなければならない時は、仕事の休憩時間を調整するのが大変でした。

 

親族や一部の友人には不妊治療をカミングアウトしていたので温かく見守ってくれていました

 

お互いの親へも早い時期に説明いていたので、私たち夫婦の前で早く孫がみたいなどと話をすることは全くありませんでした。

 

生理がきてしまった月は夫も一緒に悲しんでくれたことでとても支えられ、絆が深まったと思います。

 

子供が欲しいという思いもありましたが、それ以上に私の体や精神面を気遣ってくれたことで信頼関係も深まったと思っています。

 

治療はどうしても妻である私の方がメインであったので、私の辛そうな態度を見ていた夫は治療をやめても良いと何度か言ってくれていました。

 

それは夫の優しさだと今となっては理解できますが、当時は、「子供が欲しい私の気持ちがわかってない!」とぶつかったことが多々ありました
今は妊娠できたし、今までの治療後悔はありません。

 

事前にステップアップの時期も決めていたし、治療内容に不満もありませんでした。

 

ただ、当時は不妊治療のことを相談できるのが夫しかいなかったので、同じく不妊治療を経験している人と話ができたりしたら、気持ちが少しは楽になったのかなと思うこともあります。

page top