皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】夫が原因の不妊治療は体外受精・顕微授精!1回目の肺移植で妊娠確認

妊活

30代女性、会社員です。
彼も30代会社員です。

 

私たちは、学生時代の友人が紹介してくれて知り合いました。
交際後2年で結婚式を挙げました。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

排卵日付近のセックスに協力的な夫!それでも授からずに気持ちのすれ違い、喧嘩

妊活

 

私は子どもが好きだったのですぐにでも欲しかったですが、彼は居てもいなくてもという無関心という感じでした

 

私自身、妊活は結婚してすぐ始めました。
子ども好きの私は、子どものために結婚したようなもの・・・

 

結婚してすぐにブライダルチェックを受けました。
その後、子どもが欲しかったので、そこの病院に通院して基礎体温をチェックしてもらいながらホルモンバランスを整えるため、漢方を飲んでいました

 

それとは別に私自身では、妊活に必要な知識を得ようと、ネットで色々と調べました。

 

その上で葉酸のサプリを飲み始めたり、身体を冷やさないように心掛けたり、適度な運動や栄養バランスのとれた食事をしたり、自分に出来ることは出来るだけしていました。

 

主人はもともと子どもがいてもいなくてもどちらでも良いという考えでした。

 

子どもが嫌いなわけではないのですが、子どもが欲しいから結婚をしたわけではないし、夫婦二人、ペットがいればそういう生活もいいかなという考え。

 

しかし、出来ることならば、私は一人でも授かりたいという気持ちでしたので、排卵日付近では協力をしてもらいましたが、中々授かれないことで喧嘩になることや気持ちのすれ違いになることも多く、お互いに苦しかったです。

 

私は20代中頃の時に職場のストレスで生理不順になったことがありましたが、その後は特に異常なく普通に生理はあります。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

初めての顕微授精、そして1回目の胚移植で妊娠!

妊活

 

不妊治療は12ヵ月ほど

 

女性の私は、初めに血液検査を受け、その後、卵管造影などの検査を行いました。

 

同時に主人も血液検査後、精液検査を受けてもらいました。

 

検査をしつつタイミング法や人工授精を行いました。
それまでは通院は週に1回くらいだったと思います。

 

医療費も3割負担なので、そこまで負担になるほど掛かっていません。

 

しかし、主人の検査結果が悪く、体外受精、顕微授精になってからは、通院も注射のため、毎日通いましたし、医療費も全額負担になるので50万円以上はかかりました

 

私たち夫婦は初めての顕微授精をし、その後、1回目の胚移植をして妊娠をしました。
今は、臨月に入り、もうすぐ出産です。

 

妊活当初は私に何か問題があり、子どもを中々授かれないと思っていたので、まさか主人の方に原因があるとは考えもしていませんでした。

 

また、体外受精、顕微授精は名前は知っていたものの、まさか私たちが行うとも考えていなかったので、正直頭が真っ白になり、不妊治療中は先が見えなくて苦しくて辛いと感じることも多かったです

 

やはり、体外受精と顕微授精の周期の際は全額負担になるので、自己負担額が想像以上に大きかったです。

 

助成金も30万までですし、初めてのときにしか使えないので、何回も行っている方は本当にお金がかかるので、不妊治療貧乏になってしまいます

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

1年経ってないから不妊と言えない・・・医師のマニュアル的な言葉

妊活

 

不妊治療で辛かったのは、私の場合は採卵に向けて注射を始めた時です。

 

初めは5日だったのですが、数値が上がらずその後、追加で何日も通い、筋肉注射のため打ったところは腫れたり、痛かったったり・・・。

 

採血でホルモンの数値を見るのですが、その採血でさえも身体が拒否しているのを感じていました
仕事と家事の両立、旦那さんの協力や理解は不可欠です。

 

私は仕事をしながら通院していましたので、急にシフトを変更してもらうことも多く、職場の人たちに迷惑をかけていたと思います。

 

また、検査の日には休みをもらったり、検査後や採卵、胚移植後は安静にしていなければならないので、家事など旦那さんにお願いすることもありました

 

私は母親には不妊治療を始めることは伝えていましたが、友人には一切伝えていませんでしたので、友人からのプレッシャーはありませんでした。

 

しかし、友人が次々に出産しているのを見るのは正直辛かったです。

 

母は私の良き理解者でした

 

私たち夫婦の場合、子どもに関する考え方が全く異なっていました

 

私が治療で凹んでいたりすると「辛いならやめちゃえば・・」と言われることの方が多く、不妊治療をすることに関して協力的な部分もありましたが、根は変わっていませんでした

 

先ほども述べましたが、子どもに対する考え方が違っていましたので、根本はお互いに変わっていないと思います。

 

しかし、主人も私の気持ちをある程度理解してくれていたと思いますから、夫婦仲が悪くなったとか、喧嘩が増えるようなことはなく、夫婦間は穏やかに過ごしていました。

 

今、後悔する事は、不妊治療専門の病院にかかる前までの婦人科の病院で「まだ1年経ってないから不妊とも言えないし、様子を見ましょう」ということだったので、その時点で病院を変えるなり早く行動に移していたら、もしかしたら良かったのかなと今は思います

 

30代でしたし、タイムリミットもあります。
1年経ってない・・・というのは、医師のマニュアル的な言葉ですよね

page top