皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】人工授精は何回目で妊娠するの?30代女性は妊娠できずステップアップ

妊活

34歳女性、専業主婦です。
夫も34歳会社員、彼は大学の同級生でした。

 

私たちは、お互い体育会の部活に入っており、その集まりで知り合いました。

 

交際5年間、その後結婚しました。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

自然妊娠せずに結婚9年目に病院で不妊治療を開始

妊活

 

私は結婚後いつでも赤ちゃんは欲しいと思っていました。
ですが、夫はしばらく仕事や趣味等を優先したいという考えでした。

 

そのため、結婚後4年間は避妊しました。
その後は避妊せず自然に任せていたのですが、なかなか自然妊娠せずに結婚9年目に病院で不妊治療を開始しました

 

自分でできる事は、ネットで調べるなどして、自己流妊活してました。

 

ルナルナ等のアプリを使って生理日を管理し、毎朝決まった時間に基礎体温を測りました。

 

基礎体温を見ながらの自己流タイミングを2年ほど行っていました。
また、インターネットで妊活の情報は沢山集めました。

 

情報過多なくらい、ネット頼り・・・。
冷え性が良くないということだったので、ジョギングなどの有酸素運動を週2程度行いました。

 

食事面ではカップラーメンやポテトチップスなどのジャンクフードを控え、生姜を積極的に料理に使うようにしました。

 

不妊治療開始6ヵ月前からは基礎体温にプラスして、排卵検査薬も使用しタイミングをとっていました。

 

このまま自然に任せるのか、病院で治療してまで子供が欲しいのかということは夫婦でしっかり話し合いました。

 

夫は自然に任せる派だったのですが、私は30歳を超えた頃から焦りを感じていました

 

医療の力を借りるので、自然ではないということに抵抗はありましたが、毎月生理が来るたび泣くほど落ち込んでいたので、後悔しないためにも病院に通いたいと夫に懇願。

 

不妊治療を始める前に夫も自分なりに調べてくれたようで、検査や治療で自分が出来ることはなんでも協力すると私にとって頼もしい言葉を言ってくれました。

 

私は今まで、生理痛は重めで寝込んでしまうこともありました。
あとは、婦人科で行った検査で甲状腺ホルモンの異常が見つかり詳しく調べたところ橋本病ということがわかりました。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

体外受精にステップアップで50万円!大学病院へ転院検討

妊活

 

不妊治療は約1年間(まだ現在進行形です)

 

最初に卵管につまりがないかを調べる卵管造影検査、夫は精液に異常がないか調べる精液検査等を行いました。

 

自己流でタイミングを1年以上とっていたので、タイミング指導は1回だけで、早々と人工授精にステップアップしました。

 

人工授精は計3回行いましたが、残念ながらかすりもしませんでした。
その後体外受精に進み、現在に至ります。

 

1回にかかる費用はタイミングが6千円程度、人工授精は2万円程度でした。

 

体外受精は採卵から移植まで諸々トータルで50万程かかりました。

 

体外受精(状況によって顕微授精)を今現在行っています。
今まで採卵を3回しました。

 

排卵誘発剤を用い、卵は複数とれるものの未熟卵が多かったのです。
高誘発、低誘発いろいろ試していますがなかなかうまくいきません。

 

無事受精卵〜胚盤胞まで成長した胚盤胞1個を今は凍結している状態です。
その胚盤胞を今月初めて移植予定です。

 

今は、移植に向け子宮内膜を厚くするための貼り薬や内服薬を飲んでいます。

 

今の病院でなかなか良い結果がでないので、今回の結果次第で大学病院への転院を検討中です。

 

タイミング・人工授精の場合は数千円〜数万円で済みますが体外受精は50万円ぐらいトータルでかかるので経済的に何度もできないなとは思いました。

 

私が住んでいるところには不妊治療の助成がありますが、全額ではありませんし、申請後に後日振り込みですから一度は自分で負担しなくてはならず大変です。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

結婚当初4年間の避妊を後悔

妊活

 

排卵誘発で卵がたくさんできて、おなかが腫れてOHSS(卵巣の腫れや腹水が広がり進行する)になってしまった時は特にきつかったです。
歩いてもお腹に響きますし、ずっと寝たきりの状態でした。

 

体外受精にトライしてからは、排卵前のだるさや薬の副作用、採卵後の痛みなど体調が悪い日が多く体力的に辛い日々が続きます。

 

治療を始めた当初はアルバイトをしていたのですが、急に治療が入ってお休みしたり、体調を崩すことが多く、周囲の人に迷惑をかけてばかりでした。

 

治療に専念するために今は休職させてもらってます。
お金の事について言えば、治療費のお金は多額ですし、仕事もできずで全くのマイナスなのです。

 

又、私が薬の副作用などで体がだるく家事をできない日があり、主人も料理をしないのでコンビニ弁当が続いてしまった時には申し訳なく思いました。

 

結婚して2、3年は義理の両親からのプレッシャーがありました。
10年経って、諦めたのか今はあまり言われなくなりました。

 

友人には「子供はいいよ」と勧められることがたまにあります。

 

結婚して10年も経っているので、私に子供の話はをするのはタブーと気を遣っている友達も多くいる気がします。

 

夫には問題がないのでおそらく私に問題があるようです。

 

主人は子供が好きなので、私のせいでパパになることができないのは可愛そうだと思い、

 

「若くてかわいい子を見つけて、再婚したら?」と言ったことがあります。

 

主人は怒ってくれて、「子供がいればラッキーだけど、二人が元気に過ごす方が大事だよ」と言ってくれたことは嬉しかったです。

 

ちょうど主人が転職したタイミングで給与も以前よりは減ってしまったので、貯金を切り崩して治療の費用にあてていました。

 

その頃は、以前ほど趣味や娯楽にお金を使うことができなくなったため、お互いストレスがたまり険悪になることが多かったです。

 

28歳ぐらいから子供を望んでいたものの、いずれできるだろうと思い、実際病院に通う時には33歳になっていました。

 

結婚当初4年間は避妊していたのに・・・と考える事もあります。

 

今は、体外受精でもうまくいかない日々が続いているので、もっと早く治療を始めていれば何か違ったのかなと思っています。
でももう少し、望みを持って頑張ろうと思います。

page top