皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】不妊治療の病院選びに悩む!親身な病院と技術のある病院どちらを選ぶ

妊活

31歳女性、会社員です。
夫は31歳公務員の男性です。

 

私たちの出会いは、私が入っているスポーツチームに新しく入ってきたのが彼で、そこで出会いました。

 

交際後6年半で結婚しました。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

夫から「オレも検査したほうがいいかな?」夫婦の話し合いが出来るようになる

妊活

 

赤ちゃんの事は、私はすぐにでも欲しかったのですが、夫は1年くらい経って生活にも慣れてきてから欲しがるようになりました。

 

結婚後1年は避妊、その後自然妊娠せず半年してから病院に行きました。

 

3ヶ月ほどその病院に通い、その後半年くらいは病院に通わず、始めとは別の病院で今治療をしています。

 

私は、生理周期が整っているほうなので、基礎体温も高温期と体温期がはっきりわかれており、基礎体温と排卵検査薬からタイミングを計っていました。

 

インターネットで不妊についていろいろ調べたりもしましたが、どんどん不安になるだけだったので、やめておけば良かったな、と思っています。

 

また、私は冷え性なので生姜を積極的に食べるようにしたり、ヨガやウォーキングなどの軽めの運動をして、血行を良くして、体温を上げるように努力していました。

 

始めのうちは夫があまりまだ子どもを欲しがっていなかったので、相談することが出来なかったり、深い話し合いが出来ませんでした。

 

夫も子どもを欲しがるようになって1年くらいしても授からなかったため、夫から「オレも検査したほうがいいかな?」と言ってくれ、それから夫と話し合いが出来るようになりました。

 

今は2人で協力して子どもを授かるために頑張っているので、とてもありがたいです。

 

ただいつまでタイミングで頑張るか、その後のことをまだ話し合えていない状況です。

 

私のカラダは特に生理で悩む事もなく、生理痛は多少あるのですが、子宮内膜症でもないとのことです。

 

デスクワークなので肩こりなどの血行不良、冷え性は普通にあります。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

病院(医師)により全く違う治療内容

妊活

 

不妊治療通院歴は、前の病院で3ヶ月、今の病院で3ヶ月目通院中です。
色々と検査をしています。

 

血液検査で卵子の数やホルモン値を調べる検査、子宮内膜の状態を見る検査、風疹の抗体検査、精液検査、卵管に食塩水を通す検査、など行いました。

 

前の病院では着床しやすくする漢方を飲んだりしていましたが、今の病院では生理が来たら連絡し、卵胞をチェックしてもらうために月に一度の通院のみです。

 

病院により(医師により)全くやり方が違うなぁと感じました。

 

この通院は一回に2500円ほどです。
前の病院の検査も含めると、今までで5万円いってないほどだと思います。

 

卵子の数を調べる検査はそれだけで1万円しました。
現在もまだ治療中です。

 

お金はこれからまだまだかかると思われます。
今は、まだ人工授精などには進んでおらず、タイミングを病院で診てもらっているという状況です。

 

前の病院に通っていた時は週に一度の頻度で病院に通わなければならず、正社員で仕事して家事もあり、通院することが困難で通うのをやめました。

 

精神的にも通うことが苦痛になっていました。

 

今は会社にも伝え、半休をとらせてもらって病院に通わせてもらっています。

 

不妊治療に対する夫の協力と会社の協力により、今は前向きに通院しています。

 

今はまだタイミング法だけのため、通院費はそれほど負担にはなっていません。

 

しかし、検査には保険適用にならない部分もあり、高いなと思うこともあります。

 

今後、人工授精や体外授精を考えると、金額的負担が大きいとおもいます。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

親身になってくれる病院から体外受精ができる病院へ転院

妊活

 

どんなに疲れていても排卵期にはタイミングを取りたい、取らなければ後悔する、ということがあり、私も夫も無理していることが無いとは言えません。

 

夜の夫婦生活は、義務とする事はなかなかできません。
今は疲れていたら今日はやめておこうかと夫に話すようにしています。

 

前の病院に通っていた時は会社にも伝えていなかったので、正社員で働いてから病院に急いで行き、帰ってご飯を急いで作るということがあり、慌ただしくて大変でした。

 

週に一度となると通うこと自体が困難に感じていました。
いとこに子どもが出来ると、不妊で悩んでいることを知らない祖父母は、早く私の子供もみたいと言ってきてプレッシャーは感じています。

 

また友人はだいたい結婚し、子供がいる人も多いので、一緒に遊んだ時にいいなぁと落ち込むことがあります。

 

夫も子どもを欲しいと思ってからは、協力的になってくれ、タイミングをとってくれたり、検査をしてくれたり、とてもありがたいと思っています

 

リセットした時の辛い気持ちも私だけ感じるのではなく共有出来て嬉しいです。

 

そもそも夫は結婚当初、子どもは出来なかったら出来なかったでいい、というくらいの気持ちでいたので、子どもが欲しいというのも伝えづらかったです。

 

たまたまなのですが、別のことで夫と喧嘩する時に、「こんな状態だと子どもを育てる余裕なんてないんじゃない?」と言われとてもショックを受けたことがありました。

 

今は私も夫も同じ方向を向いて頑張っているので、あの時こうすればよかったという後悔はまだありません。
今はまだ挑戦中です!

 

前の病院の方が親身になってくれるところでしたが、今の病院のほうが体外授精なども出来るので技術的な事を考えて、こちらに通っています。

 

どこの病院が私に合うのか、と今も悩んでいるところはあります。

page top