皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】)私たちは妊娠しにくい夫婦?自己流タイミング法1年間妊娠せず

妊活

30歳女性、会社員です。
夫は32歳、会社員です。

 

二人の出会うきっかけは、彼と同じ職場で私が一目惚れをして、共通の知人に番号を聞いてこちらから食事に誘いました。
その後、お付き合いに発展しました。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

当初は不妊治療に反対に夫は「好きにすればいい」

妊活

 

お付き合いの期間は、2年で結婚です。
結婚してすぐに私の父親が亡くなったため、お互いに子作りは1年くらいは辞めておこうと避妊をしていました。

 

結婚後1年間は避妊、その後1年は避妊せず自己流でタイミングを取っていましたがなぜか妊娠せず、結婚後2年経ってから病院で不妊治療を開始しました。

 

まさか自分たちが妊娠しにくい夫婦と思っていなかったので、とりあえずネットで妊娠する前から葉酸は摂取していた方が良いと目にしたので葉酸のサプリだけ飲んでいました。

 

その他は、毎朝基礎体温を計り自己流でタイミングを取っていました。
旅行に行った際には、子宝祈願をして御守りを購入していました。

 

自己流のタイミングを取ってもなかなか妊娠しないため、自分自身冷えに気をつけたり、妊活に良いと言われるざくろジュースやルイボスティーなど、良いと思われるものを毎日飲むようにしていました。

 

夫は特に気にせず気長に待とうと言われましたが、私が年齢的なものや周りの友人の妊娠報告に焦りを感じて毎回生理が来るたびに、すごく落ち込んでいました。

 

自分で不妊治療のことをインターネットで調べて、「病院へ行きたい」と打ち明けた時も、夫には最初は反対されました。

 

しかし私があまりにも生理が来るたびに落ち込むので、そんな私を見かねて「好きにすれば良い」と言ってくれましたが、病院に行くときは付いてきてくれず、当時はとても非協力的で妊活は私の一方通行な思いでした。

 

私は、もともと生理不順で周期もバラバラでした。
基礎体温も二層にならず、無排卵の月も何度かあったり不正出血もありました・・・。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

体外受精2回、採卵から妊娠判定まで100万円かかる

妊活

 

不妊治療は、2年間

 

初めの1年間はタイミング法でした。

 

私のカラダは、排卵しにくい体質のため、クロミッドを服用して卵胞を大きくし、HGC注射で排卵させていました。

 

生理開始4日目から週2ほど通い、排卵日が近づくと1日置きに通院していました。

 

何度も繰り返していると、薬が効かなくなり卵胞が大きくならなかったり、薬の副作用で内膜が薄くなり内膜を厚くする薬も飲んだいました。

 

タイミング法での治療費は1回の診察で薬込みで3000円程でした。

 

次に人工授精を5回、費用は診察・薬・人工授精で1周期4万円程でした。

 

最後は体外受精を2回して、採卵から妊娠判定まで100万程かかりました。

 

お金はかかってますが、体外受精で採卵をして、卵子が17個取れました。

 

そのうち7個が受精して受精卵を凍結し、その内のひとつを移植し無事妊娠、出産をしました。

 

移植する際に子宮状態を整えるため、薬でコントロールしていたため妊娠判定の陽性が出てからもしばらくは薬を飲み続けて子宮状態を維持しなければなりませんでした。

 

その時の薬代は10万円ほどしました。
その後心拍が確認されて不利に治療のクリニックは卒業。

 

出産する産科へ転院し、特に大きなトラブルもなく出産しました。
不妊治療は、お金は大金かかります。

 

タイミング法と人工授精はなんとか毎月の給料でやりくりをしていましたが、体外受精となりと一回の会計が軽く10万以上が何度も飛ぶので貯金を崩したり、ボーナス払いで支払っていました。

 

市から助成金が出ますが、治療が終了してから数ヶ月後に振り込まれるため、そうするしかありませんでした。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

早めに見切り!タイミング法から人工授精のステップアップは早くすべき!

妊活

 

不妊治療で、辛かった事・・・体外受精で採卵をするために、薬でたくさんの卵胞を育てていました。

 

結果、数多くの卵胞が育ち、とにかくお腹が張って辛かったです。
一番辛かったのは、採卵の痛みです。

 

採卵の手術中は全身麻酔で痛みは感じませんが、麻酔の効き目がなくなったあとのお腹の痛さは歩行困難になるほどキツかったです。
2日ほど、歩いたり座ったりすることも痛さがありました。

 

職場には、不妊治療をしていることを伝えていなかったため、急に休むことも多く周りに迷惑をかけていることが申し訳なかったです。

 

その時の理由は体調不良や親戚の不幸などを理由にしており、周りから心配されるたびに罪悪感で胸が痛かったです。

 

夫も私も職場や友人には不妊治療をしていることは言っていませんでしたし、結婚して数年経っていて妊娠していないからか、気を使ってか誰も「赤ちゃん」の話題には触れてきませんでした。

 

私の両親と夫の両親には、やんわり病院に通っていることは伝えてはいましたが、こちらも気を使ってかその話題に一切触れてこなかったため、私自身プレッシャーなどは感じませんでした。

 

初めは非協力的だった夫も、体外受精をする頃にはとても協力的になっていました
それは私が病院へ行って仕事に行く大変さや、痛みに耐える姿を見ていたからだと思います。

 

夫婦の絆が深まったかは分かりませんが、お互いに妊娠することは簡単ではなく、奇跡なんだということを改めて知ることは出来たと思います。

 

不妊治療と言うものは、女性は仕事を休んだり遅刻したり周りに迷惑をかけてしまうし、薬で副作用があったり、採卵の時は痛い思いをするので、「なんで私だけこんな思いをしなければならないのか?」と夫に対して八つ当たりしたことが何度もあります。

 

夫は、「そんなに苦しむくらいなら、辞めればいい」と突き放されて何度も泣きました。

 

私個人が思うことは、タイミング法を1年間してその後人工授精を4回した後に体外受精をしましたが、その間ずっと排卵を促す薬を飲んだり注射をしていたため、身体にはかなり負担かけてしまったなと思っています。

 

そのため、見切りをつけるところはもっと早く、タイミング法からステップアップをしていればと思いました。

page top