皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】夫の精液検査結果が良くない!妊活貧乏になる体外受精と顕微授精

妊活

34歳、女性です。
職業は、会社員です。
夫は37歳、教師です。

 

中学校時代からの親友の紹介で私たちは知り合いました。
交際開始〜結婚までの期間は2年半程です。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

結婚2年は排卵日予測して自己流タイミング、その後専門病院へ

妊活

 

私自身は子どもが好きだったので、結婚したらすぐにでも欲しかったけど、主人は子どもは居てもいなくても良い、私たち二人が一緒にいる事ができれば・・・と思っていたのです。

 

結婚後2年間は排卵日を予測して自己流でタイミング、自然妊娠を期待していたのですが、中々授かれず、その後、不妊治療専門の病院へ通うようになりました。

 

私は昔から子どもが欲しいという思いが強い方だったので、結婚してから「妊活」という言葉通り、妊娠力を上げるために、1人で色々なことをしました。

 

妊娠についての勉強、基礎体温、漢方や葉酸サプリメントを飲む、身体を冷やさない、出来るだけ身体に良い食材を心掛ける、カフェインを摂りすぎない、水天宮にて子授かり祈願をし、近くの神社でもお参りをするなど・・・。

 

主人には排卵日近くに合わせてタイミングを設けてもらうよう協力してもらっていました。
ですが、排卵日前後にタイミングを設けても中々子どもは授かれず、お互いストレスを抱えてしまいました。

 

私は生理が来る度に気持ちが落ち込みましたし、主人は排卵日前後でのタイミングについて気持ちが乗らないなど・・・。

 

私からしたら、「気持ちが乗らないとはどういう事?」と、主人を恨む事もありました。

 

そのことで、言い合いや喧嘩になったり、せっかくの排卵日前後の日でも主人の気持ち的なことからタイミングを設けられなかったり・・。

 

結婚当初から、子どもについての考えに二人の温度差がありましたので、中々、授かれない期間が長く、精神的にはかなり辛かった時期がありました。

 

私のカラダのことで言いますと、20代前半に職場でのストレスから一時的に生理が来なくなってしまったことはあったのですが、その後は特に婦人科系の病気は何もなしです。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

夫の精液検査の結果が悪い!体外受精か顕微授精しか子どもは授かれない

妊活

 

不妊治療の通院を開始してから、治療卒業するまでの期間は7ヵ月

 

通院してすぐの頃は、私と主人共に血液検査、その後、私は卵管造影検査などをし、主人は精液検査をしました。

 

大体週に1回通院をしていたと思います。
その結果、主人の結果が良くないことから私たちには体外受精、顕微授精しか道がなく、体外受精をするにあたり、私は注射などで約2週間ほどは毎日通院

 

その後、採卵、胚移植は私の体調を見て行いました。

 

体外受精のターンの際は保険がきかないので全額支払いになりますのでかなり高額でした。

 

採卵時、主人も精液をとり、培養士さんから数値が良くないので顕微授精になると話がありました。

 

その後、注射の副作用があるため、翌月は生理が来るのを待ち、その後、胚移植をしました。
運よく?というかありがたいことに私は1回目の胚移植で妊娠することが出来ました。

 

体外受精や顕微受精をしても妊娠に繋がる可能性は年齢と共に低くなっていくのでまさか1回目の胚移植で授かれると思っていなかったので、驚きましたし、それまでが辛い日々が多かったので、飛び上がるほどとても嬉しかったです。

 

今、妊娠6か月です。
もうすぐ待望の子どもに会う事ができます。

 

お金の話になりますが、人工授精までは高くても2〜3万程ですが、体外受精や顕微授精になると、金額が高額になり、妊活貧乏になってしまいました。

 

助成金も初回は最大30万円ですが、かかった費用はその何倍にもなりましたし、その後の凍結延長費用や2人目を考えた時の胚移植代や薬代などは微々たる金額しか助成されません。

 

一番は先が見えないということです。
検査や治療でお金はどんどんかかるのに、本当に子どもを授かれるのか不安でいっぱいでした。

 

体外受精のターンの際は毎日、注射を打ちに行き、3〜4日後に採血でホルモン値などを検査していました。

 

注射は痛く、打ったところは腫れあがっていきますし、採血で血管が青黒くなったり、採卵後にはOHSSの副作用がきつかったり、体力的にも精神的のも辛かったです

 

不妊治療をするにあたり、治療費がかなり高額なので、仕事をせざるおえませんでした。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

子供が欲しければすぐ専門病院へ行かないと後悔する!

妊活

 

通院の回数も多いので、病院と仕事の両立が一番大変でした。

 

理解ある人ばかりではないので・・。
家事については体調が悪い時は、私は横になるだけ、主人にお願いしていました。

 

不妊治療をすることに関して、友人には相談などしていませんでしたので、友人からの言葉やプレッシャーなどはありませんでした。

 

唯一、相談していたのは、私の母です。母は「子どもが欲しいならやってみなさい、お金は働けばいいんだから・・」と言ってくれました。

 

主人とは、子どもを持つことについての考え方が全く異なり、温度差がありましたので、今回の顕微授精も主人からしたら私のわがままになるのかもしれませんが、協力してくれたこと、理解をしてくれたことには、とても感謝しています。

 

体外受精のターンに先が見えないことに対して、精神的にも体力的にも辛くなってしまい、気持ちが落ち込んだり、泣いてしまうこともあります。

 

そんなことを主人に話すと「君の辛い姿は見たくない・・・笑顔が見たい・・・」と言われてしまったことがあり、それ以降はどんなに辛くても主人の前では平然とするようにしていました。

 

主人は私の事を考えての言葉だと理解はしていますが、実際主人の前で、弱音は吐けません。

 

まさか不妊治療をすることになると考えていませんでしたが、子どもが欲しいけど、中々授かれないと疑問に思ったら、すぐ不妊治療専門の病院できちんと検査をしてもらった方が良いです。

 

私の場合特に30歳を超えていたので、もっと早く検査すれば良かったと後悔しています

page top