皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】人工授精で妊娠した!1回目で運よく成功!不妊治療費30万円

妊活

34歳女性、会社員です。
夫の年齢は37歳、会社員です

 

私たちの出会いは、あるイベントで知り合いました。
交際開始〜結婚までの期間は1年半ほどでした。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

二人目子作りは高齢化する前に!生理再開して不妊外来へ

妊活

 

夫はいつでも子どもがほしいという感じでしたが、妻はある程度貯金がたまってから考えた方がよいと考え、2年くらいはしっかり共働きをした後に赤ちゃんを考えたいと思っていました。

 

結婚から不妊治療開始までは5年ほどあります。
その間第一子は自然妊娠・出産しました

 

私は元来生理不順で排卵日がよみにくく、妊娠しやすい方ではないと思っていたので、第二子はすぐに考えようと思っていました。
私たちが高齢化して、赤ちゃんが欲しかったと後から後悔したくないと思っていました。

 

第一子の出産後生理が再開してからすぐに不妊外来のある婦人科を受診しタイミングを見てもらうことにしました。
基礎体温を測り、市販の排卵検査薬にてタイミングを試みていました。

 

漢方専門薬局にも通い妊娠に良いという漢方を調合してもらい数カ月服用しましたが、高額(月18000円程度)で長く続けるのは難しく途中でやめました。

 

不妊外来で勧められたヘム鉄とビタミンDは妊娠するまで服用していました。
そのほかネットで売られているような妊活サプリも数カ月服用しました。

 

治療を進めていった場合のステップアップ治療については書籍やネットなどで多少自学自習していました。
一人は授かっていたので、夫とは二人目をどれくらい希望するかを話し合いました。

 

また、不妊治療を始めるとして、どのレベルまでやるかも相談しました。

 

夫は子供一人でもだいぶ満たされていたようで、できなければ一人でも良いかなというモードでしたが、子供のためには兄弟がいたほうがよいという結論に至り、お互いの年齢も考え早めに治療を開始しようということになりました。

 

最初はすぐにできるだろうと予想していたので、夫も自分の精液検査はすることがないだろうと思って気軽に答えていたと思います。

 

私には、10代のころから生理不順があり(基本的に周期が長い)、やや生理痛も重めでしたが鎮痛剤で対応できるくらいでした。

 

また、病気ではないかもしれませんが、第一子の帝王切開の際に子宮奇形があることもわかりました。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

タイミング治療で妊娠しない時何回までやるの?

妊活

 

不妊治療は1年程でした。
タイミング療法の時は1周期につき、卵胞確認に1〜3回、排卵確認に1回程度通院でした。

 

治療費は検査内容により異なりますが3000〜10000円です。
通院し始めは生理周期にあわせて一通りのホルモン検査や通水検査、自費で貧血、糖尿病、AMH検査も行いました。

 

主人の精液検査も行いました。
不妊治療総額としては25〜30万程度です。

 

ただのタイミング治療を3回ほど行った後、排卵誘発剤を用いてのタイミング治療を5回実施、妊娠しなかったので人工授精を行いました。。

 

運よく1回目の人工授精で妊娠し、黄体ホルモン(デュファストン)を6週くらいまでは飲み続けました。

 

心拍は確認できない段階でしたが、不妊外来は卒業してOKと主治医が判断し、その後出産分娩専門の病院に移り7週で心拍の確認ができました。

 

初期に少量出血を1か月程度続きましたが胎児の状態は問題なく、妊娠を継続することでき、最後まで異常なく正産期に第二子出産に至りました。

 

自然妊娠だった一人目の時とほとんど変わらない体調でした。
費用の面では、共働きで所得制限を超えていたので公的補助は何ら受けられなかったこと残念でした。

 

また、二人目不妊だったので子連れ通院ができない点も大変でしたが、幸い保育園に預けていたので仕事の合間に通院して排卵チェックを済ませる等でしのぎました。

 

特に体に負担がかかるほどのホルモン治療等は行わなかったので、私の体調面は大きな影響はありませんでした。

 

やはりタイミングや人工授精のための精液採取など、夫側のコンディションを無視して考えなければならないことがあるため、どちらかというと夫が大変だったと思います。

 

夫の精液採取も、デリケートなものなので、申し訳ないなぁと思う事もありました。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

二人目の子作りは旦那が非協力的?セックス義務感

妊活

 

仕事面では、妻がもともとみなし外勤の仕事だったので、合間に通院するなどの対応ができ、職場に事情を伝えることなく進めることができました。

 

夫は仕事で夜が遅いこともしばしばあったので、あらかじめ予定を伝えて調整をお願いすることもあり、その点で少し苦労をかえてしまったかなと思います。

 

一人目を出産していたので、親からはできれば兄弟がいた方がよいのではないか程度の話はありましたが、それ以上のことはなかったです。

 

特に周りからのプレッシャーで傷ついたりすることはありませんでしたが、友人に二人目ができ始めると早めに妊娠したいなという焦りは多少ありました。

 

一人目妊娠からセックスレスが続いていたので、子供がほしいという明確な理由でそれが解消された点については絆が深まったといえるかもしれません

 

ただ、長く治療を要さなかったので、絆の深まりも微妙です。
今はセックスレスに戻っています。

 

、不妊治療中は私がタイミングでセックスを強要してしまうことがあったため、夫から「自分のことを何だと思っているのだ」と言われたことは正直ありました。

 

こちらはその日のために薬を服用したり何度も排卵チェックに行ったりしているので、それを無駄にはしたくない気持ちが強かったです

 

どうしてもセックスに義務感が出てしまうのでその点で夫との関係が険悪になることはありました。

 

今二人目も出産でき考える事は、もともと自分の不妊因子は自覚していたのですから、一人目をもう少し早く考えていれば、結果二人目治療も若い年齢から始められていたかなと思うことはあります。

 

治療開始後も一人目が自然妊娠だったので、タイミングさえわかれば妊娠できるだろうと安易に考え、ステップアップまでに時間があいてしまったので、年齢も考えると早めにステップアップを考えてもよかったかなと思っています。

page top