皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】タイミング法は何回目で妊娠?医者に言われたのは3ヶ月で切り上げ

妊活

31歳女性主婦です。
夫の年齢は35歳、会社員

 

私たちの出会いは、私の職場の先輩の紹介で出会いました。
男女3対3でご飯をしたのがきっかけです。

 

交際開始〜結婚までの期間は1年半

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

不妊検査は夫も妻も異常なし!夫は不妊治療に反対

妊活

 

二人とも数年の間に子供が授かればいいなという思いでした。
特別焦っていたわけでもなく、いつかできるかなという感じでした。

 

結婚後半年後に妊活開始、自然で1年試すが妊娠せず2年目に病院に通いだし不妊治療開始

 

妊娠に良いというありとあらゆる事を行いました。

 

まずは妊活サプリ、葉酸サプリ、マカ、青汁、酵素ジュース、漢方薬、それも妊娠専門の漢方薬局にでむき処方してもらっていました。

 

体を動かす事では、ホットヨガ、岩盤浴、酵素風呂、毎日散歩を行いました。

 

実際の行動では、タイミング法を図るために、検査薬の使用と基礎体温を毎日かかさず図っておりました。

 

あとは鍼が良いということをきいたので、鍼治療にも何度も通っていました。
私たち、始めは二人ともそのうちできると甘く考えていました。

 

しかしさすがに1年たって授からなかった際に、私は病院に行った方がいいのではないかと主人に相談しましたが、主人は「まだ大丈夫だよ、そのうちできるよ」と、この時夫婦間の温度差があると感じました。

 

しかし夫は検査には応じてくれて、一度検査だけしてみるという形で一緒に病院へ行きました。

 

その後、特にお互いに異常が見つからず
主人は「そのうちできるよ」と病院で治療することには反対でした。

 

でも時間が解決してくれたのが全てで、2年半たち、さすがに「病院へ行こう」という話になりました。

 

私自身、婦人科系の病気などはありません。
生理不順はたまにありました。でもホントたまにです

 

その他不妊検査でも、調べてもらったところ問題点は見つかりませんでした。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

不妊治療2年費用は150万円!体外受精1回で妊娠

妊活

 

不妊治療には2年ほど通いました。
通院頻度はタイミング法の際は週に1回程度

 

排卵誘発剤によるタイミングを図る方法で保険が効いたので医療費は千円程度でした。

 

体外受精の時は、ほぼ毎日の通院になります。
排卵誘発剤によるタイミングを図り、採卵、戻す作業になります。

 

一回の治療で40万程度でした。
しかしこれはかなり個人差があると思います。

 

今までの不妊治療に要した金額は、サプリメント代・漢方薬代金などもろもろを含めると150万円はかかっていると思います。

 

本当にお金がかかります。

 

その後も治療続け無事妊娠しました。

 

私の場合はタイミング法でかなり時間をとってしまいましたが、体外受精1回でありがたいことに授かることができました。
なので、本当に早く気持ちを切り替えて、体外受精にステップアップしてれば良かったと思います。

 

お金はかかりますが、時間はかからなかったかもです。
先生にも何度もいわれましたが、一番大事なのはやはり年齢のようです。

 

1年とダラダラタイミング法を行っていた私は、体外受精の際に病院の院長先生に「すごいねこんなにやってたの?」といわれました。

 

タイミング法はせいぜい3ヶ月くらいで切り上げたほうがいいと思います。

 

始めは妊活にとりつかれたように、良いといわれるものは何でも取り入れていたので、サプリメント、ヨガ、漢方薬、などで1年で10万円はかかってしまっていました。

 

もしかしたら、私のこの行動を夫は見ていられなかったのかもしれません。
自分の洋服を買うよりもサプリを買っていた記憶があります。

 

病院代などは公的な補助もあるので助かります。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

不妊治療後悔は体外受精ステップアップ早くすべきだった!

妊活

 

病院に通うことが本当に面倒になったことがありました。

 

また「通院が次いつ?」ということが中々排卵によって変わってくるので正確にわからず、仕事を急に遅刻にさせてもらったりと、精神的にもホント疲れました。

 

治療も注射はかなり体力的にしんどかったです。
我慢するしかありません。

 

職場では中々不妊治療をしているとは言いずらかったので、休むときなどは気を使ってしまって心苦しかったですね。

 

また、仕事の後の病院で疲れて夜ご飯を作れないこともありました。
自宅に帰り、バタンキューで寝てました。

 

勿論ですが夫の助けもかなり必要になります。
自分より遅く結婚した友人が次から次へと子供を授かった際はプレッシャーでした。

 

また結婚したら、周りの親戚や職場の人から「子供は?」と大体聞かれるので、聞かれるたびになんだかプレッシャーを感じてしまっていました。

 

「子供は?」の言葉は挨拶代りだと理解していまはが、心に刺さります。
主人は楽観的で私は神経質なところがあります。

 

なので、最初は「何でわかってくれないの?」と思っていました

 

しかし楽観的なところが段々頼りになってきて、「大丈夫だよ!次!」と何も考えていない感じで接してくれていたのがかえって助かりました。

 

主人は病院に通うことに、始めはあまり賛成ではなかったので、そこで一度意見の相違で険悪な仲になったことがありました。

 

中々授からない事で、まったく関係ないことでもお互いイライラしてしまい、喧嘩が増えてしまったと思います。
今不妊治療を振り返ると、もっと早く体外受精にステップアップしてれば良かったと思います。

 

体外受精1回目で授かったのですから・・・

 

私は検査で問題がなかったので、自然のタイミングでいつか授かれるとは思っていました。

 

しかし時間はどんどん過ぎて行ってしまい、本当にもっと早く決断していれば良かったと思います。
もう少し早くママになれたかもしれません。

page top