皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】不妊治療やり方は夫婦で決める!人工授精10回までと決めて通院

妊活

30歳会社員事務職です。

 

夫は29歳会社員です。
私たちの出逢いは、友人の紹介で様々な年代が集まる飲み会に参加して出会いました。
交際開始〜結婚までの期間は3年ほどでした。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

元々生理不順で妊娠しにくいカラダと自覚はしていた

妊活

 

私には、元々生理不順などがあったため夫婦とも子供ができれば嬉しいが、できなければ二人だけの人生でも良いと考えていました。

 

結婚後2年ほどは自然に任せていました。
自然に任せていてもその間妊娠せずに、夫婦で話し合い、不妊治療を開始しました。

 

初めは不妊治療の本を3冊ほど購入して勉強しました。

 

その中で治療が開始されると基礎体温を測る事が必須だと知り、通院の前に2クール分の基礎体温を測り体温表に記入していました。

 

また、職場に不妊治療経験者がいたので体験談をよく聞きました。
経験者の言葉は重みがありますね。

 

そして、私たち夫婦でどんな治療があるのかを調べて、自分達はどこまで進めていきたいのかを話し合い確認し合っていました。

 

子宝祈願的な行動としてはザクロの置物が良いと聞き、寝室にザクロの置くものを置きました。
これって迷信???

 

またザクロのジュースなども積極的に飲んでいました。
夫にもザクロジュースを飲ませたりも・・・

 

私自身、元々体調を崩しやすく生理周期も大変不順であり、何となく妊娠しにくい体である事は理解していました。

 

結婚前から主人にも話していたので授からなければ夫婦二人で人生を楽しもうと決めていました。
しかし治療を直接受ける私は、主人よりも子供が欲しい気持ちがどんどん強くなっていたと思います。

 

治療に通院すると、もう周りも同じ患者さんですし、通院のたびに子どもが欲しい気持ちが大きくなったのかもしれません。

 

治療は経済的な問題や私の体の負担を考慮して、体外受精などの高度な治療はしないと最初から決めていました。

 

人工授精までと決めて、自分の中では多くても10回までにしようと思っていました。
私のカラダは、生理不順があり酷い時には8か月も生理が来ない事もありました。

 

婦人科で生理不順でホルモン治療を受けている時期もありました。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

人工授精1回目で妊娠確認!保険効かず15000円

妊活

 

不妊治療期間は、6ヶ月
通院前から付けていた2クール分の基礎体温表を持って病院にいきました。

 

引き続き基礎体温測定をするようにと先生の指示、そして各種検査が始まりました。

 

子宮や卵巣、卵管の検査をしながら治療も並行して行うという事でした。
採血でホルモンバランスの検査、体の状況などを調べます。

 

また感染症や貧血の有無なども確認しました。
毎回血圧測定も行いました。

 

膣エコーで子宮の様子を調べますが、その時その瞬間に体に力を入れなければ痛みはなかったです。
ただ、膣エコーは何度もやると、慣れてきていました。

 

不妊治療は、初めは2週間に1回程度の通院で、薬物療法が始まると2、3日に1回置きに筋肉注射を受けていたので頻繁に通院する事もありました。

 

先生には、早めに人工授精を取り入れたいと申し出ていたので、卵が良い状態になるとすぐに人工授精を開始しました。

 

人工授精の1回の費用は保険はきかないので15000円でした。
1人目は1回目の人工授精で無事妊娠しました。

 

その後も妊娠を継続するための内服薬を服用して、無事に着床が確認されてからは内服薬などはなく自然に経過を追っていきました。

 

妊娠してしまえば、通常の妊娠と特に経過は変わらず、妊娠期間も安定して過ごせました。
出産は予定日よりも11日早まりましたが、これも人工授精をしたことが原因ではなく通常の事のようです

 

出産後も変わらずに生理不順があったので、2人目そろそろ欲しいと思った時は、迷わず不妊治療を受けて人工授精で妊娠、出産しました。

 

保険の適応外である人工授精を希望したので、1回に15000円かかるのは不安でしたが幸い1回目で妊娠できたので妊娠が判明した時には時にはホッとしてました。

 

費用が10万円を超えれば医療費控除を申し込もうと考えていました。
夫婦二人の収入の中で不妊治療が受けられ、貯金に頼ることはありませんでした。

 

ただ不妊治療が長期に及ぶと、経済的にも途中で諦めていたかもしれません。
私の場合、1回目の人工授精での妊娠ですので、不妊治療でお金がかからない方だったと思います。

 

治療を始めてから、検査やそれぞれの治療の費用を知る事が多かったので、事前に病院へ確認していけば良かったなと思いました。

 

始めは、知識もなく、今後どうなるのかも分からず、金額いくらかかるのかも不明でとても不安でした。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

不妊治療は夫婦で人工授精までやる!体外受精には進まない

妊活

 

又、不妊治療の種類によっては2、3日に1回は通院しなければいけないことがありました。

 

仕事もしていたので、受診できる時間までに仕事も終わらせて病院に向かうなど、生活全般がバタバタしていました。
仕事で疲れ切っていても、病院に向かう日々でした。

 

私は、不妊治療をしている事は職場には伝えていなかったので、出来るだけ治療による早退や遅刻をしないように考慮しました。

 

やはり職場の同僚や上司に申し訳ない気持ちがありますから、自分でできるだけ解決したいと考えていました。

 

家庭内では就業後の通院で夕食作りが遅れることがありましたが、夫とは早く帰宅した方が夕食作りをしていたので問題はありませんでした。

 

私と同じ様に人工授精をして妊娠、出産をした先輩がいました

 

が不妊治療をしていることを公表してなかったのですが、人工授精の妊娠の確率の低さを話された時には、辛い思いをしました。

 

両親も義両親も子供に関しては何も言わないので、プレッシャーはなくとても助かりました。

 

夫婦間では、お互いを思いやることが出来るようになった気がします。
家事などを相手任せにするのではなく、出来る方がする様にして、夫も協力的でした。

 

不妊治療も私だけがしているのではなく、今日はどんな内容だったなどと話をして共有する事で、二人で揃って治療に臨めました。

 

とても協力的な夫で助かりました。
人工授精ですから、夫の協力がないとできません。

 

夫は精子を採取する時も抵抗があったと思いますが、嫌な顔一つせずに応じてくれました。

 

通院に一緒についていってくれたり、もし結果がダメでも大丈夫と言ってくれてとても心強く思ったものです。
不妊治療は、やはりお金の問題が大きいですね。

 

何も分からず病院に行くのですが、知識としてももう少し費用の事を調べて、事前に通院する病院に確認してくべきでした。

 

お金の事を聞くのに抵抗がありますが、実際に後で困るのは当事者である自分なので気にせずに細かな費用まで確認すべきです。

 

不妊治療を開始する時、夫婦間で治療をどこまでにするのかを決めていたのは良かったです。

 

医師の言われるまま、流れのままでなく、自分たちの意志で治療を進める事は大事だと思います。

 

私たちは不妊治療は人工授精までと決めて、体外受精には治療を進まないと決めていたので、医師にも最初から意思表示できました。

page top