皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】不妊治療流れはどうなるの?体外受精何回で妊娠するの?

妊活

30代女性専業主婦です。
夫は30代後半、半導体会社に勤めています。

 

私たちの出逢いは、同じ会社の違う営業所に所属していたが、合同の会議で出会ったのがはじめて。

 

交際開始〜結婚までの期間は1年間ほどでした。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

セックスすれば子供が出来る!排卵期の知識もない夫婦の不妊治療

妊活

 

私たちは最初から、子どもは欲しいとお互いに認識していましたが、特に時期などは考えずに自然にまかせ授かれば、という考えでした。

 

結婚後は避妊せず1年半程度、その後、友人が不妊治療を始めたことをきっかけに私も不妊治療開始。
友人が不妊治療という事で、影響は大きいです。

 

不妊治療中の友人から話を聞く事はとても勉強になりました。
又、妊活としては、体操をする、基礎体温、神社での子宝祈願など、

 

あまりしっかりとしたことはやらず、気分的な事程度の事だけです。
何よりも友人から話を聞いたことが一番大きかったですね。

 

不妊治療にどんな段階があるか(タイミングなど)、恥ずかしいことに排卵期などの知識も、この友人から教えてもらいました。

 

不妊治療というものも、検査して異常なければ→タイミング→人工授精→体外受精というステップアップもこの頃知った事^^;

 

とりあえず病院へ行って、詳しい検査・指導をしてもらおうという考えでしたので、サプリなどは不妊治療前には取り入れていませんでした。

 

私はなかなか子どもができないことが不安であること、避妊せずに2年妊娠しなかったら不妊治療を始めるといいという意見を夫に話しました。

 

夫は私のやりたいようにやっていい、というスタンスで、協力的でないわけではないのですが、いまいちやる気などは伝わってきませんでした。

 

当時、夫はあまり焦っていないと言っていましたが、排卵期などの話はさすがに知らなかったようで、タイミングが重要ということにとても驚いていました。
(セックスすれば子供が出来るの感覚 笑)

 

私には生理不順や婦人科系の病気はありませんでした。

 

もともと貧血気味とは言われていましたが、病院へ行くほどではありませんでした。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

私がやった不妊治療流れ!体外受精何回で妊娠?

妊活

 

不妊治療期間は、途中1年弱の休止を挟み、合計4年程度です。

 

私がやった不妊治療流れとして、
@基礎検査…クラミジアが発見され、夫婦とも投薬治療を受けました。
クラミジアの発見はちょっとショックではありましたし、驚きでした

 

Aタイミング法…基礎体温チェックとエコー検査で排卵時期を特定し、その時にセックスすることを指導されました。

 

排卵時期周辺になると、卵胞の大きさチェックや排卵したかなどの確認のため、かなり頻繁に通院が必要になります。
夫婦でのコミュニケーションが大事だなと思わせてくれる治療です。

 

B卵管造影検査…卵管に造影剤を入れて検査をします。
人によってはかなり痛いそうです。

 

しかし、この卵管造影検査だけで、卵管の詰まりが解消できて妊娠できる女性もいるそうですね

 

C人工授精…夫の精子を用意して、排卵のタイミングでちょうどいい場所に置く治療です。
これも排卵時期になると頻繁に通院が必要です。

 

また、夫の予定と合わせる必要が出てきます。

 

D体外受精…人工授精を何回かやった後にステップアップ
開始から実際の処置まで数か月かかる治療です。

 

ここから治療費が一気に高額になり、お金の悩みも出てきます。
体外受精は、卵胞を多く大きく育てるところから始まります。

 

投薬や自己注射が必要で、採卵は全身麻酔で半日がかりで行われます。

 

私の治療ですが、タイミング法を1年、人工授精10回程度、体外受精を3回行い、3度目で妊娠することができました。

 

妊娠経過は、切迫流産で自宅安静が1カ月間あったこと以外は順調でした。
出産時も大きなトラブルはなく、幸せにも子育てが出来ています。

 

採卵して無事に育った受精卵は3つで、という最後の1つで妊娠できましたので、現時点で凍結してもらっている受精卵はありません。

 

第2子をどうしようかと夫と相談しています。
もし不妊治療を再開するとしたら、費用面と子どもの預け先が問題です。

 

市からの補助はありましたが、共働きだったため所得制限にかかり補助を受けられませんでした。
二人の家計からと、たまに私個人の貯金を切り崩して不妊治療に充てていました。

 

かなり高額ですので、主人にも怖くてすべてを報告できませんでした。

 

体の方は、治療自体それほど体力を使うものではないので大丈夫だったのですが、仕事の後に治療に行ったときは、待ち時間もあってかなり帰宅が遅くなったり疲れますね。

 

それが連日続いたときは、さすがに疲れて帰宅してすぐに寝てしまいました。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

タイミング法「今日はセックスしよう!」と妻からは言いづらい

妊活

 

職場の近くの通いやすい病院を探したのですが、待ち時間が長く、少しでも短くしようとすると朝一番や夕方少し早い時間に行く必要がありました。

 

朝一番だと仕事に遅刻しそうになることもあるし、夕方早い時間だと早退する必要があり、緩い職場でしたがすこし気まずかったです。

 

親族からプレッシャーは特にありませんでしたが、友人や職場の人の妊娠報告を聞くたびに、私自身憂鬱な気持ちになっていました。

 

あからさまにプレッシャーをかけてくる人はいなかったことが救いでした。
出かけていても、妊婦さんがいると自然と私は避けるようになっていました。

 

お金がかかっていることや、それにもかかわらずなかなか妊娠できないと情緒不安定になっていた私に、夫が「何度でも挑戦していいんだよ。次の1回で成功するかもしれない」と言ってくれたこと嬉しかったですね。

 

最後の体外受精の妊娠判定時には、病院に同行してくれました。

 

不妊治療が始まったばかりの頃の事、タイミング法のときは「今日はセックスしよう!」を言い出すのが難しく、紙に書いて貼っていたのです

 

それに夫が気付かなかったり、どうしても体力が辛いからやめようとか、気分的に今日はちょっと・・・と断られるとショック、納得はしたものの私の心は少し冷たくなってしまいました。

 

そんなタイミングの難しさから、タイミング法はさっさとやめて次の段階へ移るべきでした。

 

先ほども言いましたが、セックスのタイミングを言い出せずに精神的負担があったので、それに比べると人工授精・体外受精の方が言い出しやすかったです。

 

あるいは、早めに「夫婦二人でいいじゃない」という道を探るのも手だったと思います。

page top