皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】とにかくすぐに子供が欲しい!30代夫婦は結婚半年不妊で治療開始

妊活

31歳女性事務職の会社員です。
夫は33歳デスクワークの会社員です。

 

私たちの出逢いは、職場恋愛でした。
最初は部署が違ったのですが、私が異動になり同じ部署になり知り合いました。

 

交際開始〜結婚までの期間は3年くらいで挙式をやりました。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

すぐに子供がほしい!30代夫婦はとにかくすぐ子供が欲しかった!

妊活

 

私たちは結婚したのがどちらも30歳を超えていたので、子育てのことも考え、とにかくすぐにでも子供が欲しいと二人とも思っていました。

結婚して半年経過で不妊治療を始めるために病院へ行きました。
まずは夫婦とも妊娠できるカラダかどう検査が必要とも思っていました。

 

不妊治療をしていたことがある友達からのアドバイスで、基礎体温は結婚する前からつけていました。

 

通院前には、自己流ですが本でタイミング法を勉強して、自分たちなりに基礎体温と照らし合わせてタイミング法を試していました。

 

体を冷やしすぎないようにするなどの体調管理をしたりはしていました。

 

あとは、不妊治療のためというよりもいつ妊娠をしてもいいように、結婚してからは葉酸や鉄分の入っているサプリメントも夫婦で飲んでいました。

 

夫婦で旅行がてら子宝で有名な神社にお参りに行った事もあります。
夫婦共々、結婚したらすぐに子供が欲しい。と話し合っていましたし、迷信気休めでも色々と妊活はしていました。

 

すぐに授かればいいけど、それが難しようなら子育てや子供の進学のことも考えて夫が40歳になるまで頑張って授からなければ諦めようと、ふたりで話をしていました。

 

そのため夫は40歳まではとにかく子供を授かることを第一に考えよう。と言っていました。

 

しかし、不妊治療を始めてからは夫は自分が40歳をすぎたとしても私の方が年下だし、私がまだ治療を続けたいと言ったら続けよう。と言ってくれていました。

 

私は、生理も順調でしたし、婦人科系の病気は全くありませんでした。

 

ただ、どちらも30歳を超えていたので漠然と不安はありました。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

タイミング法は期間どれくらい試す?ステップアップの目安は?

妊活

 

不妊治療期間は、半年くらい
1回目の通院の時は夫婦で行きました。

 

そこから問診などをしてまずは私の検査からということで2回目の通院で子宮卵管造影検査をしました。

 

そこで保険適応がありましたが8000円くらいかかったと思います。
あとは排卵のタイミングでホルモン検査があったのですがそれで6000円くらいかかりました。

 

私には、婦人科系の病気もなく、排卵もホルモンも全く問題がなかったので、タイミング法をまずは試す事にして、排卵時期になると週に二回は通院していました。

 

そして、タイミング法で妊娠し、出産しました。

 

半年間タイミング法をしたのですが、妊娠せずそろそろ次のステップに移った方がいいかもしれない。と先生から言われていた矢先の妊娠でした。

 

半年間タイミング法をするのも長いかな。と思ったのですが、私自身が採卵に対して少し恐怖があったのでタイミング法を粘っていました。

 

妊娠中は、特に問題はなく無事出産できました。

 

夫婦で二人目が欲しいということになりもう一回通院した方がいいのかもと思いましたが、子供がいるし働いていたのでなかなか難しいと思っていた時、自然に任せていた時に二人目を妊娠しました。

 

不妊治療のお金は公的な補助や保険適応でまかなえる部分は使っていましたが、それがない場合は貯金を使っていました。
保険適応でも万単位のお金を支払うこともありました。

 

普通の風邪などと比べてはいけませんが、やはり高いな・・・。と感じました。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

不妊治療経験者の助言で結婚前から基礎体温をつけていた!

妊活

 

基礎体温を毎日測るのは慣れるまでは大変でした。
起床時間の10分前に目覚ましのセット、忘れないようにと気をつけて

 

あとは、排卵のタイミングで病院に行かなければいけないのが大変でした。

 

待ち時間も長いので前の日残業だったりすると、疲れてしまい待合室で寝ていることもよくありました。
排卵のタイミングで病院に通うので仕事の都合をつけるのも大変でした。

 

週に二回も病院に通うこともあったので、半年で有給を使い切ってしまうくらいの勢いでした。
夫は自分も不妊かもしれないということで、自分から検査を望むくらい不妊治療には積極的でした。

 

そのため不妊治療に対してはとても理解があり気持ち的に助かりました。

 

私の友達も不妊治療で妊娠出産をしている人が何人かいたので、治療の流れを聞いていたので良かった。
また、目の前に不妊治療をして妊娠出産をしている人がいる事にも安心できました。

 

不妊治療の期間も短かったので親戚などから何か言われることもありませんでした。
夫が自分も検査を受けると最初から言っていたので、それは驚きました

 

中には男性は検査を受けたがらないという話も聞いていたので。

 

病院に行った日には必ず夕食の時に病院の結果やどんなことをしたのかの報告は夫の方から聞かれていたので、こちらから話し始めるよりも、私的には話をするのも気が楽でした。

 

常に夫が気にかけていてくれたのでその部分では絆が深まったと思います。
不妊治療に対して夫は私のやりたいようにさせてくれました。

 

そのためタイミング法が少し長かったと思います。

 

出産した後に聞いたのですが、夫としてはタイミング法はもう少し期間を短くして、次のステップの人工授精に進んだ方がいいのではないか。と思っていたようです。

 

もしも、当時その話を聞いていたら険悪になっていたかもしれません。
実際に妊娠出産をしたので不妊治療に対して後悔はありません。

 

やって良かったです。

 

私は周りに不妊治療をしている人がいて、話を聞いていたので結婚前に基礎体温をずっとつけていました。
なかには病院に行き始めてから基礎体温をつけ始める人もいるようです。

 

そうなると二ヶ月くらいは治療方針がはっきり決まらず、基礎体温の結果待ちのような状態になる病院もあるようです。

 

もしも、結婚前だけど結婚して早く子供が欲しいと思っている人は、今から基礎体温をつけることをお勧めします。

page top