皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】流産繰り返さない為に仕事を辞めました!不妊治療に専念

妊活

28歳女性、元幼稚園教諭です
夫は28歳の公務員

 

二人が出会ったのは、高校時代の友人が、旦那と同じ職場の同期ということで、紹介で知り合いました。

 

交際開始から結婚までは1年

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

流産繰り返しても出産したい!赤ちゃんが死なないベストを尽くす!

妊活

 

結婚初日から、夫はいつ子供ができてもいいという考えでした。
私は半年くらいは2人で過ごすと思っていたので驚きましたが、子どもは好きなので、いつできてもいいと思っていました。

 

結婚初日から避妊なし。
最初の3か月で妊娠するが流産

 

その後一年後に再度妊娠するも二度目も流産しました。

 

仕事柄ストレスが溜まりやすいので、できるだけ精神的な負担になることを減らそうと思い、ストレス発散に努めました。
まずはじめに基礎体温をつけることからスタートしました。

 

基礎体温はきれいに二層になっていたため、排卵日を予想してタイミングをとっていました。
また、葉酸サプリメントを摂取するようにしました。

 

口コミを見ながら、無添加のものを選びました。
また、シャワーで済ますことが多かったのですが、体を冷やさないように、湯船に浸かる回数を増やしたり、排卵日後は腹巻きをしてお腹を温めたりしました。

 

子どもは授かっても流産する事が続き、母体の負担も大きいのではと、妊活をするかどうかについて話し合いました。

 

なぜ子供がほしいのか、いつまでにほしいのか、仕事のペースは変えるのか、夫婦2人の生活を想像できるのかなど、色々な話をしました。

 

また、始めて病院に行くタイミングについても何度も話し合いました。
妊娠はするので、気長に待つのか、妊娠しても流産するので病院で原因を調べるのかと悩みました。

 

2人とも年齢が若いので、様子をみることも考えましたが、赤ちゃんが死なないベストを尽くそうということを確認しあいました。
今までカラダの不調や生理不順など特に思い当たる事もありませんでした。

 

強いていうなら生理痛がきつい程度です。

 

飲酒はたまに少し、喫煙なし、過度なダイエット経験もなし、2人とも中肉中背です。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

排卵しているのに妊娠できない!不育症検査は保険適応外

妊活

 

不妊治療期間は9ヶ月で、現在進行中です。
最初は不育症の検査をしました。

 

保険適応外の検査も多いので、トータル通院が5回、検査費用が5万程度かかりました。
その後しばらくはタイミング法をしています。

 

タイミング法だと、排卵前に2〜3回、排卵確認に1回、自宅判定後に1回の合計4回程度の通院が1ヶ月に必要です。

 

また、不妊の検査もすることになり、不育と重なっている検査もあるため、不妊だけの検査で2回かかり、費用は5000円程度でした。

 

夫の精液検査もしました。
二回の流産を経て、現在タイミング法で治療中。

 

排卵は起こっているので、排卵後にアスピリンを服用しています。
流産の際は、なぜ私が?と落ち込み、町で妊婦さんをみるたびに涙が止まりませんでした。

 

何よりも夫を父親にしてあげられなかったことが悲しかったです。
タイミング法では排卵がしっかり確認されるので、不安感は少しましだと思います。

 

また不妊と不育両方の治療の為の薬を服用しています。
今はタイミング法4回目ですが、人工授精にステップアップするタイミングについても検討中です。

 

不育症検査は保険適応外だったので高額でした。

 

タイミング法のみの治療だと、1ヶ月に一万弱なので、今のところは大丈夫ですが、不妊治療のために仕事を退職したので、今後のことは不安です。

 

自治体は不育症にも助成金がおりるのでありがたいですが、出産もしくは流産してからでないと申請できません。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

幼稚園担任持つ保育士の仕事は安静にできない

妊活

 

不妊治療で体力的に大変だった事は、排卵日付近でタイミングをとることです。

 

仕事の帰りが遅いので、朝したりもしています。

 

また、体の調子にあわせての通院なので、急な事も多々あって大変です。

 

ホルモンの薬を飲むので、体がだるく感じることも多いです。

 

幼稚園での担任の仕事は休むことが許されず、通院も一番ベストの日にはなかなか行けません

 

また日々力仕事で、プールや運動会など体を酷使しているため、着床したとしても安静にはなかなかできません。
また子どもを見る仕事なので、精神的にも辛かったです。

 

年齢的に妊娠出産する友達が多く、なんとなく疎遠になりました。

 

プレッシャーは特にないですが、妊婦を見ることが辛く、「おめでとう」なんて言える精神状態ではないので、できるだけ遠ざけています。

 

一番は自分の心を守ることですから。
夫婦では、よく話し合うようになりました。

 

私の苦しい気持ちを受け止めてくれたり、夫も辛いはずですが文句も言わず前向きでいてくれるので、ありがたいです。

 

不妊の検査をすると、対策もできますが悪いところも見つかるので、夫に対して申し訳ない気持ちが強くなってしまいますが、前向きでいてくれることが一番の支えです。

 

夫は、私の体の負担が大きいので、あまり強く自分の思いは主張できず気が引けるようです。

 

産むのは妻、流産で手術をするのも妻なので、次に向けてチャレンジしたいと強く押せないとのこと。

 

しかし、私からすると私がしたいといったらする、辞めたいといったら辞める、俺はどーでもいいと言われている気持ちになり、ぶつかったことがあります。
まだ継続中なのですが、ムリは絶対によくないですね。

 

周りの人や職場など、周りの人から見た自分の責任を果たそうと頑張っても、赤ちゃんが死んでしまったら意味がないのです。

 

後悔しないように、赤ちゃんにとってできることは全て整えてあげられるように、無理せず自分を大事にしたらよかったと思います。

page top