皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】結婚6年子供出来ない30代夫婦!不妊治療開始半年で妊娠

妊活

33歳女性専業主婦です。
夫は37歳広告代理店勤務です。

 

私たちの出逢いは、お互い共通の友達の紹介で知り合いました。

 

交際開始〜結婚までの期間は10年間でやっと結婚出来ました〜

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

結婚6年子供出来ず!不妊原因どちらが異常?

妊活

 

私が子供欲しいと思うほうが夫より強かったと思います。
夫は、できたらいいかな。程度にしか考えてなかったと思います。

 

結婚してから不妊治療に行くまで、6年間を要しました

 

本や、インターネットで調べたり、友達がしてる事を聞いたりして、まずは基礎体温 を毎日つけるようにしました。

 

後は、葉酸を飲んだほうがいいと友達からきいたので、毎日飲むようにしたり、ルイボスティーを飲むようにしたりして、体の中から整えるように意識しました。

 

その後は基礎体温を見ながらタイミング療法で自分なりに排卵日がこの日だと思うタイミングで合わせて、夫婦生活をしていました。

 

その後は、産婦人科でタイミング療法を少し見てもらったりしてました。

 

最初は、夫婦どちらに問題があるとか考えてなく、子作りのタイミングだけが合わないだけという軽い感じで夫とら話していました。

 

それでも結婚してから6年もできないので、「これはどちらかに問題があるかもしれないね。」とは話していました。

 

が、不妊治療の為の病院に行く決意ができなく、時は過ぎて行きました。

 

でも、「どちらかに何か問題があるかもしれないから検査してみよう」と決意、とりあえず、私が先に検査をしてみることになり、不妊治療をしている病院に行きました。

 

もともと私には生理不順はありません。

 

毎月きちんと決まった日に生理がきてましたので、何も自分に問題があるとは思っていませんでした。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

不妊治療予約していても4〜5時間待ちの治療!

妊活

 

不妊治療期間は、半年間ほどの通院

 

検査は6万円程度かかり、私の卵管が狭かったので、その手術をして、高額医療費がでたので実際にかかったのは3万円程度。

 

その後は薬を飲みながらタイミング療法。
その時は毎月生理後と排卵する前とで月2回程度の通院。

 

医療費は5000円程度。

 

それでもできなかったため体内受精に切り替えて、1回3万円程度が2回程かかりました。

 

その後、無事子どもを授かる事ができました!

 

保険にも入っていたため、保険金が入ったりで、実際自分が使った金額は10万円程度で済みました。

 

無事妊娠して、全くつわりもなかったのですが、妊娠8ヶ月目に入ってから逆子になりました。
針治療に通い、ギリギリ妊娠33週目頃に逆子が治りました。

 

なので、帝王切開はまぬがれたと思ってたら、予定日がきてもなかなか陣痛が起こらず、結局、胎盤が危険になるギリギリまで待ち、41週と3日目で帝王切開をしました。

 

赤ちゃんは全く骨盤にもはまることなく、お腹の上のほうにいて、全くでてくる気配がありませんでした。

 

出産まで毎日1時間のウォーキングをしてましたが・・・ダメでした。

 

費用の面では、高額医療費や、自分が入ってる保険がなければ、全然まかなえてなかったと思います。

 

それがあったからこそ10万円程で収まりました。

 

半年間で、検査の6万円も入れてこの金額なので、長かったらもっとかかってたと思うと、我が家では無理だったかもしれません。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

卵管を広げる手術は全身麻酔で私は意識もうろう

妊活

 

体力的にも大変、不妊治療をしてる人は意外に多いため、少しでも遅い時間に行くと、予約をしていても、4時間も5時間も待ち時間があります。

 

私は朝一の8時からの予約をしていたので、毎回7時前には家を出たりするのが大変でした。

 

妊活をするため、正社員は辞めて、派遣に行っていたので、予定も決めれたので仕事の面では大変な事はありませんでした。

 

家事も、不妊治療自体は朝に行っていたので、昼過ぎには自宅に戻れていたので、負担はありませんでした。

 

周りからの赤ちゃんまだの期待が多々ありましたが
親族は、もう見守るのみで、不妊治療を始めてからは何も言われませんでした。

 

友人の言葉も、子供がいる人から言われると嫌だったので、遊ぶ回数は減っていました。

 

ちょうど、私の周りには不妊治療してる人が何人かいたので、気持ち的に救われました。

 

私が、卵管を広げる手術をするときに、全身麻酔だったため、その後の朦朧とした姿を見てから、体に負担をかけながら私が頑張ってる姿を見てから、夫も、それまで以上に協力してくれるようになりました。

 

それがなかったらどうなってたか。

 

夫は、始めから「不妊治療してまで頑張って子供作らなくても」っていうほうでした。

 

タイミング療法の時は、私は薬を飲みながら、排卵のタイミングを見てるのに、いざ今日って時に全く協力してくれない日とかは険悪になりました。

 

不妊治療に行ってから、私の場合は半年間で授かる事ができたので、不妊治療でこうすればよかったって事はありませんでしたが、逆にもっと早くから不妊治療に行ってれば、もっと早くに授かる事ができたんじゃないかな。と後悔しました。

page top