皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】不妊原因は夫の無精子症と卵子の老化!体外受精にステップアップ

妊活

35歳女性主婦です。
夫は36歳理学療法士です。

 

私たちの出逢いは、高校の同級生です。
高校を卒業してから付き合うようになりました。

 

交際開始〜結婚までの期間は7年

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

結婚8年経過で病院不妊治療開始

妊活

 

私は子供をすぐにほしい気持ちでしたが、実際は、当時夜勤のあるハードな仕事をしていたので無理かなと思っていました。

 

夫は、しばらく2人だけで結婚生活を送ってからでもいいのではという感じでした。
結婚後5年間は避妊、その後3年間自然妊娠せず、結婚後8年経過してから病院で不妊治療開始

 

5年間は避妊していたので、子どもの事はあまり考えていなかったのですが、避妊しなくても3年間自然妊娠しなかった時には、自分でも不思議で情報収集や勉強などを始めました。

 

知識:本で勉強、不妊治療関連のブログを読むことも多々ありました。

 

そのなかでも、治療を長く続けても妊娠できない女性、すぐ赤ちゃんを授かった女性など、勇気づけられたり、自分に当てはめてみたり・・・妊活経験者のブログはずいぶんと参考にさせたいただきました。

 

体調管理:基礎体温(実際は不規則勤務でつけられない日が多かったです) 
その他:タイミング(なかなか思うようにタイミングを図れないことが多かったです)、

 

タイミングは夫の協力もかなり必要です。

 

排卵検査薬も使っての自分でのタイミング法、でも実際は、気持ちでは焦っていても、必死に努力したりということはしていなかったと思います。

 

占いや子宝祈願等は全くしていませんでした・・・なんか迷信のような気がして・・・
妊活サプリメント服用、通常の食事の管理はやってました。

 

野菜多めで、亜鉛や豆類をより多く取る努力など、できる事はコツコツとやりました。
夫との会話も重視してました。

 

お互いの理想とする家族像の確認、夫婦だけで生きていくということに関しての思いを打ち明けたりもしました。

 

又、夫婦それぞれの子どもがほしい度合い、不妊治療をはじめるかどうか、治療を始めることに関しての思いを共有しました。

 

一番は、子どものこと(孫)を楽しみにしている両親へなんと話していくか、この現状をどう説明していくか(不妊治療をはじめることに関しても親に話すべきかどうか)、私の仕事に関して(仕事が忙しく、体も心も疲れていることも原因なのではないかと夫より話があり、今後仕事をどうしていくか)、色々と夫婦で話し合いました。

 

私には特別病気や体調不良はありませんでした。

 

私の体は、生理は毎月来ていましたが、周期はまちまちで23日〜28日でした。

 

生理痛はひどく常に鎮痛剤を服用していました。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

不妊原因は夫の無精子症と卵子の老化の診断

妊活

 

不妊治療期間は、来月で1年になります。
初めは、夫婦揃ってのカウンセリング、基本的な検査を行いました。

 

検査結果として、私には異常ありませんでした。
しかし、年齢的なことから卵子の老化はあると思うとのことでした。

 

やはり妊娠しやすい20代の内だと良いそうです。
夫の方は精子無力症と診断されました。

 

私の年齢と、夫の精子の状態から、すぐに人工受精を行いました。

 

人工授精は4回行いましたが、子どもを授かることはありませんでした。

 

その後は体外受精へステップアップです。
採卵を2回行い、体外受精で受精卵を育てました

 

新鮮初期胚移植を1回行いましたが、陰性でした。
受精卵の分割が遅く、現在は残っている受精卵はありません。

 

人工受精は1回1万円ちょっとでしたが、体外受精に進んでからは一気にお金がかかるようになりました。

 

採卵2回、移植1回で約60万円かかりました。
今までにかかった金額は、検診など全部で150万円程度です。

 

体外受精を行うことになってからは、多いときで週に3回通院が必要です。

 

交通費やサプリメント代などは含めていません。
今現在の状況は、まだ妊娠には至っていません。

 

不妊治療で通院継続中です。
つい先日、初めて行った新鮮初期胚移植の判定日でした。

 

今月は治療は行わず、体を休めなければなりません。
来月の生理が始まったら通院し、ピルを服用し体を整えていく予定です。

 

その後また採卵から始めようと考えています。

 

年齢が気になるので少しでも早く治療したいという気持ちもありますが、体外受精では治療と治療の間を少しあけなければならないことが多く、なかなか順調には進んでいかないんだなと実感しています。

 

とにかく体外受精に進んでからは、かかる金額の高さに驚いています。

 

今は私は仕事をしていないので、貯金を切り崩しながらの生活で、とても不安です。

 

また、実際の病院でかかるお金の他に、食費やサプリメント代がかかることも負担です。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

不妊治療の後悔は早めの病院検査と早めの卵子凍結

妊活

 

田舎に住んでいることもあり、病院まで車で通院しています。
片道2時間かかるので、往復4時間運転にかかります。

 

ガソリン代もかかりますが、体力的にも大変。
ですので、病院に通うだけで正直疲れてしまいます。

 

また、薬の影響で調子が悪い日もありました。

 

そんなときでも家事をこなさなければならないのが大変ですが、夫の協力で食事の用意ができないときは臨機応変にお惣菜など買ってきてもらいます。

 

私は以前医療職でしたので、仕事を休んだり早退するのがとても難しかったです。

 

自分が休むことになれば、代わりの人を出勤させたりするような職場でしたので、急に休めず本当に悩みました。

 

もちろん、上司に相談したら何とかしてくれたかもしれませんが、結局は一緒に働く仲間に迷惑がかかることになるため、なかなか休めません。

 

結局、仕事をやめ今は主婦です。

 

結婚してまもなく10年近いのですが、両親からのプレッシャーは常にあります。

 

結婚して時間が経っていても、両親は子ども(孫)を諦めるという選択肢はないようです。

 

親ですので、孫の誕生を楽しみにしているのは普通です。
それがわかっているからこそ、申し訳ない気持ちで余計に自分を責めてしまいます。

 

友達はさすがに結婚して長いので、子どもができないことを感づいているので、話題に触れない感じでプレッシャーはありません。

 

今の私は、子どものことより、まずは夫婦として仲良くしっかりやっていくことが大事だという夫の思いが聞けたことが良かったと思っています。

 

万が一授からないときのことも考えていかないとという夫の言葉は、ある意味で私の気持ちを楽にしてくれました。

 

治療に対しての夫婦の知識の差、相違があります。

 

男性と女性なので当たり前の事かもしれません。

 

私は色々なことが気になって、調べたりしていますが、夫が何か調べたりということはありません。

 

わたしが知る限りですが・・・。
そういう時に、私とは思いの強さに違いがあるのかなと少し寂しくなります。

 

治療のために節約生活をしたいのですが(治療費もかかるため)、夫はそこまでしなくてもという考えがあります。

 

夫婦険悪にはなりませんが、二人の考え違うところだなとは感じています。
今まだ治療中ですが、不妊治療に関しては後悔はありません。

 

諦めていないからです。
まだ最中ですので、何とかもう少し頑張りたいなという思いです。

 

後悔としては、もっと早く病院に行けば良かったなということは少しあります、

 

また、早めに卵子凍結をしていたらなという思いはあります。
若い卵子の方がやはり良いですからね・・・

page top