皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】流産2回連続したらもうダメ?原因不明も病院治療2か月再妊娠

妊活

30代後半女性、スポーツクラブの受付です。
夫も30代後半、会社員営業の男性です。

 

2人が知り合ったきっかけは、友達同士の飲み会

 

夫は当初の飲み会メンバーには含まれていませんでしたが、たまたま実家に帰省していて、当日声が掛かり、偶然参加し、私たちは知り合いました。

 

運命の出逢いなのかもしれません(笑)
交際開始〜結婚までの期間は4年

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

流産2回連続はもうダメなの?原因は?

妊活

 

夫の転勤により引越した為、妻が再就職をし、3年位は仕事に専念しようと思い、私たちは結婚当初直ぐに子どもを欲しいとは考えていなかったです。

 

結婚後3年間は避妊
避妊解除、その後3年の間に2回流産をし、結婚後6年経過してから病院で不妊治療を開始しました。

 

流産は2回連続だったのでもうダメ?と諦めかけた事もありましたが、治療に通いました。
まずは基礎体温をつけて、排卵日検査薬を使用し、排卵日のタイミングを計りました。

 

また、なるべく体を冷やさないように、腹巻やレッグウォーマーなどを使用するように心掛けました。

 

フィットネスクラブで筋トレやヨガと有酸素運動を行い、体を鍛え、冷やさない体作りをしました。

 

夫とは、鉄分と葉酸を摂取するように心掛け、一緒にサプリメント選びもしました。

 

さらに、夫婦の旅行も兼ねて伊勢神宮へお参りに行き、特に子宝の神様としてお祀りされている、木花佐久夜毘売様に子宝祈願をしたり・・・。

 

これは夫婦二人の良い思い出でもあります。
さらに、地域で子宝の神様としてお祀りされている神社にもお参りに行きました。

 

妊活を始めてから、2回流産をしていた為、妊娠出来ない体ではないと思っていましたが、女性の年齢的にも、授かれるタイムリミットがある事や、卵子の老化などもある為、妻ばかりが焦っている状態でした。

 

夫と話しをしても、授かれるタイムリミットや卵子の老化などの知識や、妊娠に対する意識の高さに、大きな温度差を感じ、妻ばかりが焦っているように感じ
同じ温度で妊活に臨めていないように感じて、とても悲しかったです。

 

また、もしもこのまま子どもを授からなかった場合の、今後の人生についても話しをする事もありました。

 

2人だけの生活も趣味や旅行など、楽しみをみつけようとの会話もありました。
私には、20代中頃から、不正出血や生理不順があり、何回か病院に通院

 

投薬治療程度で、毎回特に原因ははっきりしない状態でした。
流産2回連続も原因は不明のまま

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

不妊治療2か月で妊娠は奇跡!3回通院治療費13000円

妊活

 

不妊治療期間は2ヶ月間

 

幸いな事に、1回目のタイミング療法にて子どもを授かれた為、妊娠する前までに、3回のみの通院で済みました。

 

受けた検査は、甲状腺機能検査、クラジミア検査、ホルモンの数値の検査でした。
検査は1回3000円から7000円程度で、妊娠までの間の3回の治療費としては、1万3千円程度で済みました。

 

ただ、もしも1回のタイミング療法で授かれていなかったら、タイミング療法を受ける為の通院頻度としては、排卵日前後のタイミングを見る為に、生理初日から数えて15から16日後に、月に一度通院をするようになる予定でした。

 

また、2回連続流産をしていた為、その後の経過も私としては怖い思いでした。

 

走ったら流れるのではないか?早く寝なくちゃ!と安定するまで、いつもお腹を気にかけながら過ごしてました。

 

妊娠直後から、流産防止の為、バファリン配合錠という薬を処方され、妊娠が継続できるように治療を行っていました。

 

不妊治療では幸いな事に、1回目のタイミング療法にて子どもを授かれました。
ふつうはこんな早く授かる事はないでしょう。奇跡だと思います。

 

私たちは運が良かったのかもしれません。

 

2回流産の経験から、妊娠直後からバファリン配合錠という、血流をよくする薬を処方され、流産予防の治療
その薬は、妊娠3ヶ月位まで飲み続けていました。

 

その後、流産をすることはありませんでしたが、妊娠後期に入ってから、切迫早産になり、出産直前までの1ヶ月間完全寝たきり

 

そのうち半月入院し、ウテメリンという張り止めの薬を24時間点滴にて入れていました。
治療の甲斐があり、何とか正産期にて、出産をすることが出来ました!

 

幸いな事に、ほぼ初期の検査費用のみで子どもを授かれた為、お金の面では、大きな出費にならず済みましたが、もしさらに治療期間が掛かったり、治療をステップアップするとなった場合、治療費が嵩んで負担になっていったのではないかと思います。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

子供が出来ない時自己流・自然任せは良くない理由は?

妊活

 

幸いな事に、1回目のタイミング療法にて子どもを授かれた為、体力的に大変だった事はありませんでしたが、治療の為とはいえ、排卵をしているかどうかを確認する為に内診をしたり

 

また、休みを取っても、通院に時間を割いてしまう為、仕事が休みでも、実質の休みではないような生活は、精神的に大変でした。

 

排卵のタイミングに休みを取らなくてはならない為、休みを変更して頂いたりするのは、上司や同僚の理解がないと言い出しにくく、精神的に大変だと感じました。

 

この生活が治療中エンドレスで続くと思うと、体力的にも精神的にも本当に大変な事と思います。

 

よく不妊治療をお休みしている妊活ママさんのブログを拝見する事もありましたが、こういう苦しみなんだと実感しました。
休み時、やめどきは決断が要るものです。

 

また、治療をしている事を、仕事休みを変更する申請をする際に、伝えなくては理解を得られないと思い、不妊治療カミングアウトしました

 

話したくないと思っていたプライベートな事を話さなくてはならなかった点も、精神的に大変だと感じました。

 

家事については、夫の理解もあり、普段と変わらずにお互いに協力をして行なっていました。
義母のみプレッシャーになる言葉をかけられていました。

 

希望や期待が大きかったのだと思います。
特に今でも心に引っかかっている言葉は、「子どもが出来ないわけではないでしょう?」とはっきりと質問をされた事です。

 

子どもを授かれるかどうか、本人が一番知りたいと欲している上に、本人でさえも授かれるかどうか分からないことなのに、一番気にしていて、かつデリケートな事を聞かれ、とても嫌な気持ちになりました。

 

妊活中、夫の、子どもを授かる事に対して、責任を持てるかどうか不安に感じ、子どもを授かる事を迷っている様子に見えたが、病院に通院するようになってから、迷いが消えてきたように見え、二人で子どもを授かりたいと、同じ温度になれた様に感じました。

 

おそらく、妻の本気度合いが分かり、夫も前向きになれたのではないかと感じました。
義母から、心ないと感じられる言葉やプレッシャーをかけられた時は本当に辛かった

 

夫に対して「義母に子どもについての話しをしないで欲しいと伝えて欲しい」とお願いした事がありますが、ダメでした。

 

妻の気持ちに理解を示してくれず、義母に上手に伝えてくれないと感じた事があり、夫婦仲が険悪になりました。
初めて病院に行くまでの間には、とても勇気がいり決断が必要です。

 

半年程、病院に行くかこのまま自己流で頑張るか悩みました。

 

勇気を出して実際に病院に行ってみると、自分よりも若そうな方も通院されていたり、沢山の方が通院されていらっしゃったので、悩んでいる時間が勿体無かったかなと思いました。

 

不妊の方って珍しくはない、多くの女性が悩んでいるのを知ることができました。

 

また、基礎体温をしっかり計れていると思っていましたが、体温計の、短時間で簡易に測れるモードの計り方では、正しい基礎体温を計れていませんでした。

 

病院で5分間計るモードの計り方で計るように指導され計ったところ、綺麗に二層に分かれる体温表になった為、あのまま自己流で頑張らず、勇気を出して病院に来て良かったと思いました。

 

何事も自己流とか、自然任せで悩むより、病院へ行くべきですね。

page top