皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】子宮内膜症、子宮筋腫持ち妊娠できない?結婚10年経過で不妊治療

妊活

35歳女性、専業主婦です。
夫は35歳会社員の男性です。

 

2人が知り合ったきっかけは、会社の同期として知り合い、仲良くなりました。

 

交際開始〜結婚までの期間は4年間

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

子供は好きでないけど夫婦には社会的にいた方が良い?

妊活

 

子供は特に強く希望していたわけではなく、お互い仕事が忙しかったこともあり、授かればいいかなという程度に考えていました。

 

でも、気付けば結婚してずいぶんと年月が経過して、避妊してないのになぜできないのか?疑問には考えていました。

 

結婚10年目で病院で不妊治療を開始しました。
まず、自分で気を付けたこととして、

 

タイミング方法自己流でやってみたり
ネットでいろいろな情報を探したり掲示板で質問、

 

同じように不妊で悩んでいた友人知人に話を聞く、
テレビや芸能人の妊活情報を集める、

 

基礎体温を測る、アプリで体調を管理する、
ウオーキングやジムなどのトレーニングで体調を整える、

 

妊活専門の雑誌を購入する、
子宝のご利益がある神社へのお参り、

 

全国各地の子宝スポットへの旅行に行くこともありました。

 

私たちお互い、何もしなくてもいずれは子供が授かるのではないかと、ゆるく思っていたので、できる範囲で色々な事をやっていた気がします。

 

私は子供が好きではなく、夫も積極的に欲しいというより周囲に子供がいたり、社会的になんとなくいたほうがいいかなぁ程度の考えだったので。

 

なので、「できないねー」、程度のことは言っていましたがとくに悲壮感や焦りはなく、淡々としていました。

 

不妊治療を始める時、私が仕事を辞めたので、子供というより「今後仕事どうするの?」と将来的な話をすることはありました。

 

私の体の状況はというと、以前から子宮内膜症、子宮筋腫持ちです
手術を複数回受けましたが広範囲にあるため内膜がとりきれず、長年通院しています。

 

これが不妊の原因かもしれません。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

不妊治療というよりは子宮内膜症・子宮筋腫の治療がメイン

妊活

 

不妊治療の期間は、3年程度

 

私が通った病院は、女性について総合的に診てくれる病院なので、内膜症の治療の際に相談したり検査したりしました。

 

不妊治療そのものというよりは、内膜症、子宮筋腫の治療がメインになりますが、タイミング法や排卵誘発を試みました。

 

知人には200万も300万円もかけて治療した人もいますが、わたしはそこまで子供が欲しいという情熱がなかったため、1回数千円程度のことを試みたのみです。

 

腫瘍摘出手術などとのトータル金額でしか把握していませんが、保険が効いたため50万円くらいのものです。

 

治療中も、内膜症が悪化して月の半分以上生理で出血している状態になった事もあり、タイミングをはかるどころではなく、いつの間にか不妊治療については、立ち消え状態になりました。

 

その時も、特に子供を熱心に欲しいわけではなかったのでとくに悔しいと思ったりはしませんでした。
それよりも体調がかなりつらい時期が多くなって、子供うんぬんより自分を支えるのに精いっぱいになっています。

 

平和に子供がいる人は本当に健康でうらやましいなと思います。
仕事しながら、子育てするという人に至っては別の惑星の人のように感じています。

 

わが家は、夫の収入が割と高いので、金銭面で困ったことはまったくありませんでした。

 

ただ、私自身が仕事を辞めて家庭に入ってしまったためちょっとした買い物(夫へのプレゼントなど夫へ知られたくない内緒のもの)を購入する際に困っています。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

結婚して10年経過、不妊治療は遅すぎた?

妊活

 

体力的に大変なのは、子宮内膜症と子宮筋腫があるせいか常にと言っていいほど貧血気味で、また体力がないためあまり無理が出来ないことです。

 

生理中はほぼ寝たきりになるので、その日に通院日が重なると通院が難しいため日程調整に苦労しました。
度重なる貧血や体調不良が続き、職場から救急車で搬送されたことが数回あります。

 

皆さん優しかったのですがあまりにも体調が辛くて仕事は続けることが出来なくなりました。
夫は申し訳ないほど私に配慮してくれています。

 

今まで周りの人たちに「子供が嫌いなの?」「早く作りなよ!「作れば内膜症なんかなくなるよ!」などなど失礼で無知な言葉は多数かけられてました。

 

こんな会話をしてくる友人知人とは縁を切りました。
こちらから連絡を取らずで、連絡来たら返事をするくらい

 

義実家は私をいたわってくれていますが、いまだに孫をあきらめていない様子を感じます。

 

夫は具合が悪く食事の支度が出来ていなくても一切怒ることはなく、家事も手伝ってくれます。

 

職場の方は、古い体質の会社なのできっと陰でいろいろ言われているだろうなと思いますが、私には直接的には何も言わないです。

 

本当に職場の方達には感謝しかありません。
しかし、どうしても身体の辛いことがわからないらしく、子供も簡単に出来ると未だに思っている節があります。

 

畑が荒れ放題なのに実が実るわけがないという言い方をしています。

 

夫自身で積極的に不妊についての知識を得ようということがなかったので、そこはどうなの?と思う事もあります。
でも夫は一番の理解者です。

 

今考えるのは、もっと早く、20代のうちに婦人科に行って治療をするべきだったと思います。
そうすればもっと働けたし、妊娠もできたのかもしれません。

 

結婚して10年、やはり病院へ行くのが遅すぎた感はあります。
不妊治療というより、普段から自分のカラダを大事にすることも必要ですね。

 

いま現在生理が辛いと思っている方には一日でも早く婦人科に行ってほしいと願います。

page top