皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】不妊治療も夫との関係も上手くいかず離婚!再婚したら妊娠できた!

妊活

30代女性(治療当時は20歳代)、専業主婦です。
夫は当時20代会社員の男性。(←離婚したので元夫になります)

 

2人が知り合ったきっかけは、私が正社員で入った会社に、大学生のバイトで主人がいました

 

交際開始〜結婚までの期間は4年くらい

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

若いうちに子供産む!子育ても早く終わらたい!

妊活

 

二人とも、いつでも子供は欲しい状態でした。
少しでも早くに産んで若いうちに子育てのいろんなことを終わらせたかったと思ってました

 

結婚して1年半くらいで不妊検査で病院へ通いだしました。
元々生理不順とかで婦人科にはかかっていたので、基礎体温をちゃんとつけてかかさず通院をしていました。

 

特別にサプリを飲んだりとか、何か物に頼ることはしてなかったように思います。

 

タイミングをみて子作りしてはいましたが、毎月の生理が来て毎回期待を裏切られる結果に、これはもう、病院先生にも相談して本腰入れて不妊治療をしないといけないのかなーと思って覚悟を決めました

 

それまでは本当に、自分たちがこんな事になるとは、あまり重くは考えていませんでした
とりあえずは、私が病院で検査したりしました。

 

最終的には主人の検査をしようと考えていました。

 

子供が出来ないって、まず疑われるのはどうしても女の方で……主人の親からも会えばそういったオーラ、視線みたいなものを感じていて。

 

主人もきっとそうだったんじゃないかなーと思います。

 

私が通院中に、旦那や義理の親からの暖かい言葉もなかったですし、実親はいつも「焦らなくても、そのうち授かるよ」とか私の気持ちをくんでくれたりあったのですが、そういう所が夫側、妻側の温度差でしょうね

 

私はもともと生理不順で、生理痛も結構きつい方でした

 

貧血もあり鉄剤を飲んだり、生理を一度止めるためにピルを服用したりもありました

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

不妊治療1年で授からずに旦那と離婚!数年後再婚自然妊娠!

妊活

 

不妊治療は1年くらい
まず私は、子宮内膜症があったので、その改善のためにピルを服用したりしました。

 

先生の治療方針に従っていただけですが。

 

あと、私の卵巣は排卵しにくい多嚢胞性卵巣だということもわかり、排卵誘発剤を打ったり、腹腔鏡手術で卵巣の様子も見て、多嚢胞をいくつか焼ききる手術をしました。

 

治療費、手術にかかった金額は健康保険もあり、すごく毎回高額だったとは記憶はしていません。

 

しかし、生理不順・貧血・内膜症・・・交通費やら何やらトータルしたら結構かかった(60万円〜70万円?)とは思います。

 

自宅から離れた病院に通っていたので、車の燃料代、駐車場代、検査代、注射代、手術代、入院代、どれだけかかったのか、その日その月やりくりしてたので、全く記録はしてなかったのですが、いっぱいいっぱい

 

共働きだったのに・・・貯金はありませんでした。
病院代は、その時の給料で支払っていました。

 

経済的にも大変な思いをして不妊治療していたものの、旦那とは上手くいかなくて、離婚しました。
赤ちゃんが出来なかった事も結局は離婚に関係してるんだとは思います。

 

こっちも生理が来てしまった時の苛立ちやらもあって、主人に対しての言動もよくはなかったり、義理の親とも上手くいかなくなったので、気持ちも体も離れていったんだと思います。

 

離婚した時は、子どもも出来ない自分を責めたりもしていました。
しかし、それから数年たって男性との出会いがあり、30歳過ぎて再婚して無事妊娠しました!

 

不妊治療は元旦那と離婚を期にやめて、そのことを全然考えなくなり、知り合った人とすぐ子供が出来ました。

 

気持ちも体もリラックスしたのかもしれません。
こんなに早く妊娠するとは、不妊の原因は元夫の方だったのだと思います。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

婦人科系の病気を抱えていても妊娠できる!

妊活

 

不妊治療で大変だった事……体力的には頑張れるくらいでした。
私は体力もあり、痛みにも結構強いので。精神的なものの方が大変だったと思います。

 

あっ、でも、通院するだけでも大変だったかもですね。
病院まで遠いし、待ち時間とかもありますし。

 

もちろん、職場には不妊治療の話なんてしてませんでした。

 

仕事には迷惑かからないようにしてましたし、それを理由にしてるように思われるのも嫌だったので。
そのかわり、自宅では休みたい時は休んで、幸い主人がいない時間も結構あったので、のんびりと・・・

 

実親は、私のことを心配して、プレッシャーかけないようにとか、あまり関わってこないようにしてくれてました。
友人も心無い事言うような人はいなかったですし。

 

とにかくは主人側の親族人間が、あらゆる事をぽんぽん言ってきましたね。

 

「いつか授かるのよー」とか言いながらも、違う意味を含んでいる感じでした
それがあったら、離婚してなかったでしょうね・・・。

 

些細なことから始まって、不妊だ、何だーとお互いの気持ちがすれ違って行ったと思います。

 

支えてくれるような、気を使ってくれるような主人ではありませんでした。
私に見る目がなかったんですかね

 

元夫は、非協力的で、他人事のように思っていた主人ですから、私ばかりが頑張ってて、主人はなにもしてくれないっていう生活がずっと続いてました。

 

病院に付き添ってくれたこともなかったと思います
不妊治療に踏み込むのに、夫婦の絆って、不可欠です。

 

2人が同じように感じて同じように頑張って、同じ方向を向いていて、協力し合い支え合うことが出来ないとダメなのがわかりました。
その結果が離婚でしたので。

 

でも後悔はしてないです。

 

離婚のおかげで、出会いがあり再婚、子どももできたのですから・・・
今考えると、不妊の原因はもしかして元夫にも有ったのかもしれないと思います。

 

私も色々と婦人科系の病気を抱えていますが、再婚した男性とはすぐ妊娠できた事を考えると、元夫も怪しいです(笑)

 

不妊治療で頑張ってる方、今から頑張ろうとしている方、簡単なことではないですが、大事なのは夫婦の絆だと思います

page top