皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】ブライダルチェックを結婚後受けたが異常なし!不妊原因は夫側!

妊活

30代前半女性、パート職員です
主人は30代前半の会社員です。

 

主人とは、高校時代の友人の紹介で今の主人と出会いました。

 

交際開始から結婚までは1年半

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

もしかして私たちは不妊症?2人で生きていく覚悟も

妊活

 

私は子どもがすぐに欲しかったのですが、主人は子どもはいてもいなくてもどちらでも良いと考えていました。

 

結婚後すぐにブライダルチェックを受け、そのまま自然妊娠を待つが、結果が出ず、結婚1年後に不妊治療専門の病院に通院

 

まさか私たちが不妊治療をすることになるとは当時考えていなかったので、結婚後も今まで通りに夫婦生活をしながらも、私は年齢的にも出来るだけ早めに子どもが欲しいと考えていたので、ブライダルチェックを受けました。

 

その結果は、妊娠を妨げるようなものはなく、異常なし

 

先生から、妊娠しやすい身体つくりのために、当帰芍薬散の漢方を処方され、それ以降は漢方と葉酸を毎日必ず飲むようにしていました。

 

また、その他には、基礎体温をつけながら排卵日をチェックしたり、身体を冷やさないような生活、子宝祈願などをしていました。
私たち夫婦は子どもについて結婚前から考えが違っていました。

 

私はもともと子どもが好きでしたので、年齢的にも出来るだけ早めに子どもを授かることが出来たら・・と考えていました。

 

主人は、子どもはいてもいなくてもどちらでもよい(子どもが嫌いなわけではなく、子どもを作るために結婚したわけではないので、出来なかったら出来なかったで仕方がない)という考えでした。

 

そのため、毎月排卵日前後にタイミングを設けても中々授かることが出来ず、お互いストレスになったり、喧嘩になることも増えていました。

 

その頃から、もしかしたら、これは不妊症なのかも・・ということが頭をよぎり、主人に相談し、不妊治療の病院に通院することになりました。

 

そして、通院し色々試してみても、結果、子どもを授かることが難しい場合は子どもを諦めて2人での生活を考えていこうということになりました。

 

私はそれまで婦人科系の病気をしたこともありませんでした。

 

ただ、まれに生理周期がずれてしまうのが気になっていたくらいです。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

夫の精液検査で自然妊娠・人工授精は厳しいとの結果

妊活

 

通院して妊娠するまでは約4ヵ月くらい
私が通院した病院は不妊治療専門の実績のある病院でした。

 

初めに私も主人も血液検査をしました。
その後(後日)、私は卵管造影検査、主人は精液検査をしました。

 

私は特に問題なく一安心していたのですが、主人の精液検査の数値がかなり低く、再検査。

 

再検査でも結果は同じで、この数値だと自然妊娠や人工授精は厳しく、体外受精を勧められました

 

通院後2ヵ月くらいの頃でした。
その後、私は採卵のため、毎日注射に通い、採卵→顕微授精→子宮に戻すという治療をしました。

 

トータルでの費用は約80万くらいでした。
その時々の治療や薬代などによって費用は異なります。

 

今現在は妊娠9カ月目に入ったところです。

 

ありがたいことに1回の顕微授精でグレードの良い卵がいくつかあり、5回までに妊娠で出来ればよい方とされる中1回目で妊娠することが出来、その後も元気に育ってくれています。

 

卵をお腹に戻した後も特に体調の変化がなく、妊娠判定の日はとてもドキドキしていました。

 

また、妊娠していることが分かったものの今後も妊継続されるか、心拍が確認できるかなど、その後も週1回通院して赤ちゃんの様子を確認しました。

 

無事に不妊治療の病院を卒業でき、産院に通うことが出来た日はとても嬉しかったです。

 

不妊治療は精神的にも体力的にも、経済的にも辛いことが多く、私自身も先が見えないことに対しての不安や辛い治療などに対してかなり、精神的に不安定になった時もありました。

 

そのため、せっかく授かれたこの子を大事にしていきたいという思いが強くなり、安定期に入るまでは様々なことに注意しながら生活をしていました。

 

そのため、安定期に入るまでの期間が物凄く長く感じました。

 

不妊治療の助成金があるものの初めて申請する人のみ初回30万円が限度

 

私の場合、1回の治療で約80万かかっていたので、お金の面ではかなり苦労しました。

 

ありがたいことに1回目の治療で子どもを授かることが出来ましたが、先が見えない治療でしたので、不妊治療しながらパートで働き始めました。

 

今も残りの卵を凍結継続していますが、それにもお金はかかりますし、もっと助成金の回数や金額を増やしてほしいです。

 

そうでないと子どもが欲しくても金銭的にどんどん苦しくなり、結果治療を受けられないことも考えられます。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

夫から「そんなに辛いなら辞めれば・・」と突き放される

妊活

 

私の場合は採卵に向けて注射を毎日するのに、自己注射ではなく通院して注射をしました。

 

時折、採血で数値を見るのですが、中々数値が上がらず注射の日が増えていきました。

 

筋肉注射のため打ったところは痛いですし、腫れたり、青くなったり、また採血も3回くらいしたので血管が腫れて青あざのようになったり、体力的にも精神的にもとても辛かったです。

 

また採卵当日は全身麻酔でしたので、採卵後は憔悴しきっていました。
またOHSSの副作用でお腹が大きくなったり気持ち悪くなったりして辛かったです。

 

不妊治療をしながら仕事を探すことがまず難しく、なかなか仕事が見つかりませんでした。

 

また、面接時に治療のことを正直に話すと落ちてしまうこともありました。

 

治療をしたくてもお金がかかるため仕事をせざるおえないのに中々仕事が見つからず苦しかったです。

 

また、主人に治療が辛いことなどを話すと「辛いなら辞めれば・・」と言われ、私の気持ちを理解してもらえないことが多くやりきれない気持ちになりました

 

不妊治療をしていることについては友人には一切、話をしていませんでした。

 

また、私の母には不妊治療を受けることを相談しましたが、母は「子どもが欲しいならやるだけやってみたら・・」と背中を後押ししてくれました。

 

私が子どもが欲しいという気持ちが強く、やれることはやってみたい・・という思いで顕微授精を始めたので、治療費は私が全て出しました

 

主人は治療中、先が見えないことに対しての不安や精神的体力的に辛い時でも「そんなに辛いなら辞めれば・・」と突き放されてしまって・・・

 

絆が深まることはなく、反対に理解してもらえないことに対して悲しい気持ちになっていたのをよく覚えています

 

もともと私たち夫婦は子どもに対する考え方が違っていましたので、不妊治療中もその考え方についてはお互い変わりませんでした。

 

そのため、主人の前では弱音を吐いたり、辛くて苦しくてもそれを隠しながら過ごしていました。

 

もっと早めに不妊治療専門の病院に通えば良かったと後悔しています。

 

ブライダルチェックを受けた病院ではまだ1年経っていないから不妊とも言い切れないと言われ様子見の1年を過ごしてしまいましたが、その時点で、病院を変えておけばよかったと思いました。

page top