皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】体外受精ステップアップは費用が約60万円!やめ時悩む補助金上限

妊活

30代女性、主婦(元看護師)です。
夫は30代自営業(建築士)の男性です。

 

2人が知り合ったきっかけは、偶然訪れたお店の設計を彼がしており、たまたま来店していた彼に「素敵な内装ですね」と声をかけたことがきっかけです。

 

交際開始〜結婚までの期間は1年半

 

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

以前から卵巣の病気有りで結婚入籍前から不妊治療開始

妊活

 

交際前に私に卵巣の病気が見つかり、医師からは妊娠を急いだ方が良いと言われていたのもあり、私はすぐにでも子どもがほしいと思っていました。

 

彼にも交際時に事情を説明しており、彼も強く子どもを望んでいたため、入籍前より通院し不妊治療を開始しました。

 

婚約段階でブライダルチェックもし、不妊治療を開始しました。

 

まず私たちは、ふたりで本を読んで妊娠の仕組みから学び、授かりやすい身体づくりに努めました。
(食生活、運動、冷え対策など)

 

しかし当時私は看護師をしており、時間が不規則だったこともあり、基礎体温はガタガタ・重い生理痛に悩まされていました。

 

彼の勧めもあり、仕事よりも身体的にリミットのある不妊治療を優先させるべく、退職・転居をし生活環境を整えました。

 

その後は葉酸サプリやアーモンド、豆乳、ルイボスティーを積極的にとり、妊活鍼灸にも通いました。

 

交際当初より双方強く子どもを望んでおり、また私自身の卵巣の病気により自然妊娠は難しいということを彼に理解してもらっていた為、「可能性のある治療は全てやってみよう!」と前向きな話し合いをしていました。

 

結果的に授かることが出来なかったとしても、何もせず自然に任せた結果より、「やれることはやった!」と思えた方が、後悔しないのではないかと。

 

夫はいつも不妊治療に対して前向きであり、協力的であったため、私が不妊治療で悩んだ時にも何でも相談できる、よき理解者です。
私の体は、仕事が忙しくなった20代後半から生理痛が重くなりました。

 

気になり当時病院に行っても異常なし。

 

様子を見ていましたが、翌年の職場検診で卵巣の病気が見つかりました。
また、姉や親族に不妊治療経験者や婦人病経験者がなぜか多いのです。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

体外受精にステップアップし費用は約60万円

妊活

 

治療開始から現在まで、約3年通院しています。

 

はじめは通院し、ホルモン補充をしながらのタイミング法を半年行いました。
その時の通院頻度は月6回程です。

 

その後夫の精液検査、私の卵管通水検査、フーナーテストなどの検査を行いました。

 

検査に異常はなかったので、自然妊娠と受精率が殆ど変わらないとされる人工授精はとばし、体外受精にステップアップしました。

 

体外受精での通院頻度は大体月5〜7回程です。

 

体外受精にかかる費用は、その時の方針により大きく異なりますが、大体50万円〜60万円程です。
ホント高額です・・・。

 

現在も体外受精を続けており、今月3回目の採卵を予定しています。

 

体外受精は何よりも金銭的な負担も大きく、また治療中は私も就業することが難しく、貯金を切り崩しながら何とか治療を続けている状態です。

 

県・市より補助金が出るため、その上限回数6回までは頑張ってみようと夫は言っています

 

しかし、私は正直なところ夫に申し訳なく思っており、3回目の体外受精を終えて授かれなかったらその時は今後の治療については改めて検討しよう、と話してあります。

 

金銭的に大変なのは、とにかく体外受精の費用が高額なことです。
公的な補助金を貰ってももちろん負担が軽くなることはなく、貯金を切り崩しています。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

東京都内の体外受精専門病院は待ち時間5時間待ち

妊活

 

また治療スケジュールが不規則な為私が仕事に就きづらいのも不妊治療中の悩みのひとです。
卵胞チェックに頻繁に通院しなければならず、排卵前は連日のように通院することです。

 

また現在体外受精を受けに通っている病院は東京都内の有名な体外受精専門病院であり、大変混み合う為毎回4〜5時間は待ち時間があることがしんどいです。

 

不妊治療に通う女性の多い事に驚きます。自分だけではないと励みになる事も・・・

 

あと辛いのは、採卵の痛みでしょうか…

 

一時派遣看護師をしながら治療をしていましたが、治療スケジュールが不規則で特定が難しい為、事情を話し月の半分は丸々お休みをさせて貰っていました。

 

それにより職場の皆さんから嫌味を言われたりすることはありませんでしたが、迷惑をかけてしまう引け目を感じていました。
不妊治療をしているとかはオープンにしているので、言葉や態度にプレッシャーを感じたことはありません。

 

ただ姉や母親が心配して、体外受精の進捗状況などを逐一聞いてくることは、負担に感じてしまうことはありました。
夫婦間では、不妊治療は二人三脚で行う治療のため、自然と話し合う機会が増えました。

 

例えば治療のことばかりでなく、家族観や万が一授かれなかった場合の今後の生き方について、など。

 

また、よくふたりで話すのは、不妊治療をしなければ、治療をしている人の気持ちを理解することはできなかったね、その意味で視野が広がったね、ということです。

 

いつも話し合い、一緒に決めているので…ただ、体外受精で陰性判定が出た後にすぐ夫の実家に連れていかれた時は、「無神経だ!」と泣きながら気持ちをぶつけたことはありました。

 

その時々でやれる範囲のことはしたつもりなので、不妊治療に後悔はありません。

 

まだ治療中ですし・・・

 

ただ、不妊治療経験者である姉に、早めに体外受精に進むよう勧められていましたが、当時新婚であったこともあり、タイミング法にこだわり、時間を費やしてしまったことは勿体無かったかなぁと結果的に思っています。

page top