皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】不妊治療やめたら妊娠するって本当だった!ストレスフリーが良い

妊活

30代女性、専業主婦です。
夫は40代会社員の男性です。

 

2人が知り合ったきっかけは、結婚相談所に入会し自分の条件に合う人をお互い紹介された事から。

 

一番に出てきたのが今の旦那です。
交際開始〜結婚までの期間は3ヵ月でした。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

婚前約束した子供3人欲しいは大変な事!まさかの不妊治療

妊活

 

子供は結婚する前に「3人欲しいね!」とお互い確認して結婚
直ぐに授かれましたが流産してしまいました。

 

その後、私の両親が病気になり、旦那から「2年位休んでから落ち着いたら再開しよう」と言われて、子供は暫く作れませんでした。
両親の病気入退院で、今授かれば大変だとの思いからでした。

 

そして、子供を流産してから2年後に不妊治療を開始しました。
子供って結婚したら、避妊しなければ出来ると思っていたのが間違い・・・出来ないものですね(笑)

 

婚前3人欲しいの約束は、実は大変な事かもと思い始めていました。

 

自分たちでは、基礎体温、子授け祈願、お守り、ストラップ、タイミング さまざまなものにチャレンジし、毎日枕元にお守りや御札様を置いて拝んだりしてました。

 

ネットでも何かできる事はないか、沢山探してチャレンジしました。

 

上手く行かないときはストレスを発散させたり気晴らしに自分の趣味に取り組んだりして、なるべくストレスを溜めない様に気を付けていました。

 

旦那にもご飯から妊活に必要なものが取れる様に料理も工夫して、食べて貰ってました。

 

夫婦で一緒に葉酸や亜鉛のサプリメントを取る事も・・・。

 

子供がなかなか授かれなくて不妊治療に通いたい気持ちが出てきてからは、不妊治療に行くのが怖いけど、旦那に相談したら頑張れる。そう思って、相談をしました。

 

旦那も、私同様に子供が欲しいと思っていたので、お互いに時間を作り通うことにしました。

 

最初は上手くいきませんでしたが、旦那も協力してくれる様になり不妊治療先の病院で旦那も精液検査をしてくれました。

 

大変な時は付き添ってもくれました。
そんな姿をみて子供が授かれる様に頑張って行こう!そう思いました。

 

私の体調的なものは、生理不順で生理が1ヵ月来ない時もありました。

 

排卵もないときもあり基礎体温もなかなか高温期にならない時も・・・

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

ストレスから不妊治療やめたら3か月後に自然妊娠!

妊活

不妊治療の期間は、2年病院に通いました。

 

最初は、週2〜3回の頻度で通い、タイミングで挑戦していたので、保険適用で7000円〜9000円位を行ったり来たりしてました。

 

現在は、旦那も血液検査をしたので約3000円かかりましたが、陽性があり再度検査項目を増やす事になり、6500円追加で支払う事になりました。

 

次回からは人工受精に挑戦するので保険が使えず、15000円+診察代がかかるそうです。
旦那の精液検査も容器に代金がかかるらしく500円でした。

 

人工受精が成功しなくても7000円かかりました。
結婚して直ぐに妊娠しましたが、心肺確認前に流産。

 

その2年後に不妊治療を開始し半年しましたがなかなか授かれず、ストレスから、やめたら3ヵ月後に自然妊娠しました。

 

この時、不妊治療の通院でストレスを感じていた事をあらためて自覚
治療も痛いし、不快だし、待ち時間は長いし・・・病院通うだけで辛いです。

 

しかし、妊娠6ヵ月でお腹の赤ちゃんに病気が見つかり妊娠7ヵ月に大学病院に入院し検査検査の毎日で、やっとの思いで出産しました。

 

それから3年が経ち、現在は2人目が欲しくて不妊治療に通い3ヵ月が経ちました。

 

なかなか授かれずにストレスから通わなくなったりもありましたが、病院を変えて気持ちを新たにして頑張れてるので良かったかな?と思います。

 

1回の不妊治療の費用が高いので、毎回通うときに、通帳から引き出したり、生活に余裕がある時は生活費から出したり、治療費は旦那に相談していました。

 

不妊治療の資金作りで、オークションで自宅にある、いらない品を販売してお金を作ったりもしていました。
もう、家の中からお金を絞り出すような思いです。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

通水検査の痛みは激痛、血管細く採血チャレンジ6回は辛すぎる

妊活

 

内診で通水検査をしたときには、最初に陣痛見たいに痛い時があると、看護婦さんから聞いていましたが、実際に体験すると声が出せなくなるほど痛くてビックリしました。

 

もう激痛です!!

 

又、血管が細いので、血液検査でなかなか針が通らず2人の看護婦さんが交代でチャレンジして6回目位で成功した事も何度かありました。

 

2人目の不妊治療では、上の子供が幼稚園に通う時間に終わらせないといけなかったので、送って直ぐに病院へ向かいました。

 

早く終われる日は良いですが、なかなか終われないときは看護婦さんに話して早く終わらせて貰ったり、旦那が仕事休みの時はお迎えを頼んだりしてました。
旦那の協力も大事だし、助かります。

 

両親や義母が、凄く孫が見たいらしく、「子供はまだか?とか、仲良くやってる?」って聞いてきて、早く孫が欲しい気持ちが伝わってきたので、私たちはそれをきっかけに不妊治療を開始ししました。

 

友達に2人〜3人子供いるのを知った時は目茶苦茶ショックで「頑張って作らなきゃ!」って思いがありました。

 

私たち夫婦は、お互いの体調を心配したり、ストレスを溜めないように気晴らしに夫婦でお出かけしたりしてました。

 

又、体によい食べ物があるとお互い教えあったりして夫婦で妊活に取り組める様にしていきました。

 

旦那も子供が欲しいって気持ちも向か合う姿勢から見えてきて嬉しかったです。
タイミングで不妊治療をしていた時は、排卵日に合わせて自宅でセックスチャレンジするのがお決まりでした。

 

しかし、旦那は仕事の疲れから、出来ない時もあり、「私が治療頑張ってるのに何でやってくれないの?」と怒ったりした事もありました。

 

不妊治療を始めてから、自分自身も旦那の事も体を気遣う様になりました。

 

私は代謝が低いので、なかなか汗を欠かず冷え性、食べ物やサプリメントから葉酸など摂取したり運動して体を温めたり、毎日の積み重ねが大事だと思い頑張らないとと反省しました。

 

妊娠ってこんなに大変な事なんだと改めて思います。

 

テレビで見るような子だくさん家族、出来婚、授かり婚が信じられない時があります。

page top