皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】排卵誘発剤とタイミング法で双子妊娠!誘発剤は双子の確率高い?

妊活

29歳女性、美容師です。
夫は34歳自営業の男性です。

 

2人が出会うきっかけは、美容室で働いていたときの同僚の紹介でした。

 

交際開始〜結婚までの期間は1年

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

基礎体温の波がバラバラ、私は排卵していないと気づいていた

妊活

 

私は元々生理不順で、20歳くらいの時から、子供ができにくい体と分かっていたので結婚式、新婚旅行が終わったらすぐにでも子供がほしかったのですが、夫はゆっくりでいいという考えでした。

 

入籍してから新婚旅行が終わるまでは約10ヶ月。
そのあと病院で検査、不妊治療開始しました。

 

最初の頃から、私は基礎体温をつけたりしていましたが私は排卵していなかったため、波がバラバラでタイミング法はできませんでした。

 

私がは韓国ドラマにはまっていたこともあり、その時韓国ドラマで不妊症で悩んでいる人が枕元にザクロを置いて寝るといいと言っていたので、私はザクロを買って食べていました。

 

昔から「子宝に恵まれるフルーツ」と言うそうです。

 

他にも友達からいろいろと聞いて、体の中から温めた方がいいと言われ、しょうがを使った料理や生姜湯など飲んだりしました。

 

生姜入りの紅茶など、体がポカポカしたものです。

 

女性に冷えは大敵、妊活中なので特に冷やさないように気を使って生活してました。

 

夫の親戚は私が子供ができにくいということを知らなかったため、

 

「なぜ子供ができないのか。子供の作り方は知っているのか。」と言われるようになりました。

 

挨拶代りのようなこの言葉、冗談でも私には冗談とは思えません。

 

その事を夫に話して、どのくらいで子供ができるかわからないから、病院に通い不妊治療を始めたいと夫に伝えました。

 

病院に行くと、私の検査と同時に、夫に異常がないか調べると言われました

 

夫は検査をすることに抵抗があったので、夫と話し合い夫の検査は後々していこうというふうになりました。

 

私のカラダは、元々生理不順がありました。

 

生理が2週間続いたり、終わったと思ったらまた出血したりして、若い頃はピルで生周期を整える治療をしていました。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

不妊治療1ヶ月、排卵誘発剤とタイミング法で二卵性双子を妊娠

妊活

 

不妊治療は、1ヶ月
私は近所の婦人科ではなく、少し遠いですが不妊治療専門医に通院しました。

 

通院し始めてから、排卵しているか検査をしたり、卵管に詰まりがないか空気と食塩水?を通したりして検査をしました。

 

その結果卵管には異常はありませんでしたが、やはり排卵はしていませんでした。

 

そのためまずはタイミング法をしてみようと言われ、排卵誘発剤を処方されました。

 

誘発剤を飲んだあとまた受診し排卵しそうな日を医師に指示され、「この日に性交してください」と言われました。

 

治療費ははっきり覚えていませんが、薬を処方されただけで検査も思っていたより安かった覚えがあります。

 

私は運よくその1回の誘発剤で妊娠することができました。

 

夫との性交を指示された日に実行するタイミング法をして、次の生理予定日が受診日でした。

 

私はその受診する前に妙にポン酢が飲みたいと言うようになったり、お腹が痛いと感じる日が増え、生理予定日前に受診

 

妊娠検査薬にうっすら反応は出ているが、エコーで何も見えないため子宮外妊娠の可能性があると言われました。

 

それから大きい病院を紹介されすぐに行き、血液検査を1週間に1回しました。

 

私は子宮外妊娠ではなく、普通に妊娠していました。
それも二卵性の双子でした。

 

排卵誘発剤は双子になる確率が高いのかなと思います。

 

それから2人の子供はすくすく大きくなり順調に育ち、帝王切開で出産しました。

 

私は排卵誘発剤1回の処方で妊娠できたため、そこまでお金の面で苦労はしませんでした。

 

しかし、これでできなかったら有名な病院に行こうと考えていたので、人口受精になったときのために少しずつではありますが、貯金はしていました。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

親戚のネチネチ発言に涙する日々、夫は抱きしめてかばってくれた

妊活

 

体力的に大変だった事は、通院と検査の時の痛みに耐える事、そして排卵誘発剤を飲んだときの副作用でした。

 

通院に1時間くらいかかり、それから病院での待ち時間もありそれプラス検査での痛みに耐えていたので、通院した日はヘトヘトでした。

 

病院選びの際、近所の婦人科でなく、家から遠くても不妊専門医を選択したので、通院に1時間かかるのはやむを得ない事でした。

 

でもそのおかげで治療1ヶ月で妊娠できたとは思っています。

 

そして私は薬の副作用もあり、強い吐き気があった事は、辛いものでした。
私がその時働いていた職場は、理解がある職場でした。

 

正直に不妊治療をしていることを話し理解してもらい、通院する時間、休日をもらっていたし、家事に対してもいつもと変わらずしていたので大変だと感じたことはありませんでした。

 

親戚等周りの反応は、夫の親戚からはネチネチずっと言われていて、一人で涙してました。

 

不妊だと知らないから仕方なかったと思いますが、不妊だと知っている夫のお義母さんがかばってフォローしてくれるわけでもなかったので、夫の前でも泣いたことがありました。

 

私の夫はもともと何かあっても謝るような人ではありません。

 

しかし、その親戚からいろいろ言われ、それを泣きながら夫に伝えた時はかばうように抱き締めて謝ってくれました。

 

その時初めて、私の気持ちが伝わったのかな?と嬉しい気持ちになりました。

 

気持ちが分かり合えた事は、安心感につながります。

 

タイミング法でしていたこともあり、お互いに子作りが作業になってしまいます。

 

夫は今日そんな気分ではないのに、私は「病院で今日って言われたから!」とお互いを求めるのではなく本当に作業になってしまった時は凄く険悪になりました。

 

治療や検査の辛さもあり、医師の指示通りを夫に強要していたこと、今は後悔してます。

 

不妊治療でいくらタイミング法とはいえ、子作りが作業になるのではなく、お互いがお互いを求めあって楽しく子作りができてたらよかったのかな?と思います。

 

妊娠できた事は凄く嬉しかったですが、夫婦仲良く雰囲気がいい状態で子作りできてたらもっと良かったです。

page top