皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】夫側の男性不妊!人工授精5回期待せず諦めモードも無事妊娠!

妊活

32歳女性、会社員です。
夫は37歳会社員の男性です。

 

ふたりが出会うきっかけは、同じ会社の同僚(先輩と後輩)。

 

職種も同じだったため仲良くなりやすい間柄でした。
交際開始〜結婚までの期間は3年半

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

新婚ライフ満喫のため1年半の避妊夫婦生活はのちに後悔

妊活

 

結婚してすぐは2人の時間を大切にしたかったので新婚ライフを満喫した後に、いずれは子供が欲しいという考えでした。

 

結婚後1年半は避妊しての夫婦生活

 

その後1年半妊活しましたが自然妊娠せず、
結婚後3年経過してから病院で不妊治療開始しました。

 

私たちの妊活は、妊活本やネットで情報収集しまずは基礎体温をつける事からやり始めました。

 

葉酸やマカなどの妊活サプリが良いと聞けばネットで発注

 

ネットの知識で自分たちでタイミング法を試したり、又排卵検査薬も買って、努力続けました。

 

腹巻や冷える食べ物は避けるなど温活
食事の内容は妊活食を意識

 

ホットヨガ、登山、ランニング、ストレッチなどの運動や体を動かす事

 

神社に子宝祈願もずいぶん行きましたね(笑)

 

出産をした友人にアドバイスをもらったり、友人オススメの妊活専門漢方薬局へ行き、これも友人から誘われ妊活セミナーにも参加

 

良質な睡眠時間を取るよう心がけ、夫婦仲良くスキンシップを増やす、趣味でストレス発散など、子供欲しさに何でも手を出してました。

 

二人とも子供が欲しいという強い願いは共通しており、妊活し始めてタイミングを合わせてもなかなか授かれない日々が続きました

 

夫は「いつかはできるからあまり気負いしない方が良い」という考えでした。

 

リセットする度に落ち込む私に「ずっと2人の生活でも僕はいいよ」と言ってくれましたが私は精神的に追い込まれるばかりでした。

 

一年を過ぎても変わらなければ通院したかったので勇気を出して不妊治療のことを話しましたら意外にも知識や理解があって驚きました。

 

実は夫も不妊を気にして、色々と調べたりとしていたようです。
夫は、その後の治療にも協力的な姿勢でとても助かりました。

 

私の体調は、今まで特に婦人科系の異常はありませんでした。

 

生理はすごく規則正しかったので排卵日の予測がしやすかったですが、基礎体温の二層グラフが綺麗にならなかったのでホルモンバランスに問題があったのかと思いました。

 

新婚ライフ満喫のため、結婚当初1年半の避妊夫婦生活はのちに後悔でした。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

夫側の男性不妊?最初から人工授精をすすめられる

妊活

 

不妊治療は、半年のお休みを含めて1年3ヶ月ほど

 

まず最初に行う不妊治療検査では血液検査、尿検査、排卵造影検査、ホルモン検査、子宮鏡検査、クラミジア検査などフーナー検査以外の基本的な検査は受けました。

 

夫は精液検査、ホルモン検査を受けました。

 

検査の結果、夫の数値が少し悪かったためタイミング法ではなく人工授精をすすめられ、全部で5回の人工授精を行いました。

 

3回目のあと疲れてきてしまい半年のお休み期間を設けました。

 

人工授精は何度もやると、体力的にも精神的にも疲れます。
何度も病院に通うし、時間の都合もつけなければなりません。

 

治療で授かれば良いのですが、気分が夫婦ともに落ち込む時期があるのです。

 

一度の人工授精を受けるのに30000円かかり、実行するまでに排卵日前後には多くて4回通院しました。

 

全ての妊活における不妊治療を含めた金額を合わせると60万円〜70万円近くになると思います。

 

人工授精5回目にして奇跡的に妊娠できまして、今妊娠9ヶ月です。

 

人工授精は5回までは頑張ろうと自分の中で決めていましたが、3回目終わった後に疲れてしまい半年ほど治療をお休みしました。

 

その後再開して残りの2回にかけてみることにしました。

 

4回目も安定のリセットで5回目はダメ元で諦めモードで、これまでの中で一番期待をしていなかった回だと思います。

 

実はその同時期に初めての転職活動をしており、面接を通じて自分に自信がつき二社から内定もいただきました。

 

新たな環境で働けることを楽しみにしていた矢先、妊娠が発覚しました。
泣く泣く転職は断念し今の職場に残留を決定しました。

 

転職活動を通じてポジティブ思考になれて久々に楽しい!嬉しい!と心底思えることがあったのが良かったのだと思い、妊活はメンタル面が何より大切ということを身をもって体感しました。

 

不妊治療の費用ですが、妊娠に至るまでにかかった費用は60万〜70万円ほどだと思います。

 

東京都の助成金の申請をして補助を受けましたが、治療を半年休んだこともあり上限までの助成金は受けられなくて悔しい思いをしました。

 

私の貯金を切り崩して治療にあてていたので生活の見直しが必要となりました。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

女性のカラダは年齢を重ねると妊娠しづらくなる

妊活

 

急な通院が決まったりなど仕事の調整を急遽しなくてはならないことは大変に感じましたが、幸運なことに私の職場の周りには理解があったので希望通りに通院することができました。

 

私自身、体力には自信があるほうだったのでそこまで苦痛になることはありませんでした。

 

職場の上司にはあらかじめ不妊治療をしている旨を伝えてあったこともあって、フォローしてくれたおかげなのか特に嫌な思いもせずにお休みや遅刻をしてしまっても理解してもらえました。

 

夫の仕事もうまく調整できたので苦労は特にしてません。

 

親は結婚当初はしきりに孫の顔が見たいと言ってきましたが、しばらくするとプレッシャーになるからと言わなくなり、それが逆に私にとっては気を使われている感じが辛く感じることもありました。

 

私よりも後に結婚した友人が次々に妊娠出産をしていて焦りと落ち込みはずっとあり、素直に祝福ができなかったのが正直なところです。

 

不妊治療においての基本的なことが元々夫の知識としてあったのはありがたく、ただ、改めて夫婦二人で妊活とは不妊治療とはという内容を学び共有するようにしました。

 

夫には、妊娠しやすくするためにサプリを飲んだり、禁煙をお願いしましたが受け入れてくれたのはうれしかったです。

 

私のお願いを聞いてくれたことで、夫が協力的だと分かりました。

 

病院選びを始め不妊治療の開始タイミングや次のステップへの移行時期などや すべて私が主導で決めていきました。

 

私が好きなようにしていいよと任せてきたので、それはそれで私ばっかり…と夫に対してイライラすることもありました。

 

あとは失敗が重なる度に、イライラと落ち込みで喧嘩の原因になることもありました。
これは私自身の精神状態が普通ではなかったからだと思います。

 

もっと早く避妊をやめておけばよかったなと、今、後悔しています・・・。

 

年齢を重ねれば重ねるほど妊娠しづらくなり、自分の意思ではコントロールできない授かりものはとてもデリケートなものなのだと強く感じました。

 

女性のカラダのなかの「タマゴ」は新鮮な内に・・・ということです。

 

妊活にはいろんな方法がありますがどれが結果に結びついたのかは分からないし、何よりもポジティブ思考でいるということが大切だと結果がでた今だからこそ思います。

page top