皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】子宮がん検診で不妊原因判明!即治療開始!5回目の人工授精で妊娠

妊活

26歳女性、専業主婦です。
夫は26歳会社員の男性です。

 

ふたりが出会うきっかけは、結婚していた友達夫婦の紹介で会うことになり、デートを3回程してお互い惹かれあうようになり交際に発展した。

 

交際開始〜結婚までの期間は2年間でした。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

子宮がん検診でたまたま見つかった不妊の原因、即治療開始

妊活

 

私は、子供がすぐにでも欲しいと思ってた。

 

夫もすぐにでも欲しいと思ってたと思うが、1年以内に自然とできると勝手に思ってた。

 

結婚後子宮ガン検診に産婦人科に行き、この時たまたま不妊の原因が見つかりすぐに不妊治療を開始。

 

不妊治療をすぐ開始したため不妊治療前には妊活しなかったが、治療を開始してから本やネットで勉強を。

 

県外の不妊治療で有名な神社に行き祈願したり、妊娠した友達に赤富士を描いてもらったりもした。

 

また、基礎体温はもちろんのこと葉酸のサプリメントを妊娠するまで毎日飲み続けていた。
体調管理のためにウォーキングやランニング。

 

いろんなことを試してみたが、精神の安定が一番大事だったと今ではすごく感じる。
焦って色々とやり、気を使いすぎたかもと思う

 

妻は妊娠できない原因が自分にあったため、治療をすぐ始めて妊娠したい気持ちが大きくなっていったが、不妊治療を始めたころは夫はまだ真剣に考えていないようだった。

 

夫は出張の多い仕事をしていて、家をあけることが多かったため近くにいることができず心配はしてくれているようだった。

 

しかし夫には原因がないため、ひとりで治療を頑張っている気持ちになり悲しくなったこともあった。

 

不妊治療を終えて、今思えば夫との温度差はあったと思う・・・。

 

私のカラダは、婦人科系の病気はしたことはなかったが、学生時代から生理不順であった。

 

生理を安定させるためにホルモンの薬を飲んだ時期もあったが、気分がすぐれなかったためやめてしまっていた。

 

薬が合わなかったのかもしれません

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

不妊治療1年半で約30万の費用かかる!

妊活

 

不妊治療は、1年半くらい通いました。
1ヶ月に5回は通院していた。

 

卵管造影検査をしたり、ホルモンの検査など一通りの検査は行った。
夫も精子の検査を行った。

 

一回の治療費は日によって異なるが、クロミッドなど薬と内診の日は1000円程度。

 

注射 の排卵誘発剤の日は2000円ほど。
人工授精の時は20000円程だった。

 

不妊治療を終了するまでに要した金額は、色々な妊活費用も含めたらだいたい30万円ほど。

 

しかし市で助成金の制度があったため利用して、半額で済むことができた。
5回目の人工授精で無事妊娠

 

妊娠中はむくみがでることはあったが、なにごともなく妊娠生活を送ることができた。
出産はおしるしが来てたら2日後に陣痛が始まった。

 

しかし赤ちゃんの旋回の仕方が悪く微弱陣痛であった。

 

陣痛促進剤を入れて子宮口が広がったが、陣痛が休みなく来るようになり背中から麻酔を入れた。

 

最後は吸引分娩になり、とても痛かったが無事出産することができた。
子供は今10ヶ月になり元気に過ごしている。

 

出産できたのは嬉しいが、費用として1年半不妊治療をして、かかった金額はだいたい30万円ほどはやはりキツイ。

 

正社員で働きながら不妊治療を行っていたため、お金にはそこまで困ることはなかったが、貯金はできなくなってしまった。

 

市で助成金の制度があったので少しは助かっている。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

人工授精5回目で妊娠は奇跡!体外受精の前に治療終了

妊活

 

正社員の仕事をしながらだったため、不妊治療に通院は、体力的にも精神的にもきつかった。
また体力のいる仕事だったため体調を崩すことも度々あった。

 

また病院まで車で45分ほどかかる場所だったため通うことも少しきつく感じていた。
運転が大変だった。

 

正社員で働きながら不妊治療をしていたので、職場の理解が必要で上司に時間の調整などお願いすることが多く、精神的にもつらく大変だった。
お願いしづらい状況で、言い出しにくい・・・

 

夫は理解してくれていたため、家の事は大変だということはあまりなかったが、病院から帰って来てクタクタの状態での溜まった家事が大変。

 

義理の親に不妊治療をしていることをはじめの頃言っていなかったため、「こどもは男の子じゃない」とだめだと言われたことがあり、すごくプレッシャーに感じたことがあった。

 

男の子とという、跡取りを期待されていた。

 

友人が私より後に結婚してもすぐ妊娠していたため、無言のプレッシャーになった。
こんなに努力してもできないのに、あっさりと妊娠できる友人が羨ましかった

 

夫婦で協力したり、支えあいながらでないと不妊治療を続けることはできなかったため、自然と私たちの絆は強くなったと思う。

 

私が不妊治療に疲れて泣いてしまった時によく慰めてくれることがあり、支えてくれたこと感謝している。

 

夫は自然に妊娠することにこだわっていたため、タイミング療法を長くしていた。

 

私は妊娠する確率が上がるのなら、人工授精を早くから試してみたかったのだが夫との考え方が違うところがあったため、話し合いを繰り返して納得してもらった。

 

繰り返しの話し合いで、治療のタイミングが遅れた感はあります。

 

若い年齢から不妊治療をしていたため、「なんでそんな早く治療する必要があるの?」と周りから言われたことが結構あったのだが、早めに始めて妊娠に至れてよかったと思う。

 

5回目の人工授精で妊娠は奇跡!、体外受精にステップアップする前に妊娠できて嬉しかった。

 

体外受精からはお金がすごくかかると聞くので、セーフでした!

page top