皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】姑の子どもはまだ?プレッシャー辛い!卵管造影検査後妊娠率UP

妊活

20代後半の女性、事務職パートです。
主人は20代後半、建設業です。

 

主人と出会ったきっかけは、職場の先輩に連れられていった飲み会で知り合いました。
交際開始から結婚までは約3年です。

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

コッカスドリンク効果あり!飲んで妊娠に備える!

妊活

 

お互いにいつ妊娠してもいいと思っていて、すぐに授かれると思っていました。
二人とも早く赤ちゃんが欲しいとおもっていました。

 

結婚後4ヶ月しても授からなかったので不妊治療はじめました。

 

病院を受診するにも基礎体温を計った方がよいと聞いていたので基礎体温を結婚してすぐつけていました。

 

それにあわせて葉酸のサプリをのんだり、インターネットでご利益があるといわれる写真をダウンロードして、携帯の壁紙にしていました。

 

体を冷やしてはいけないときいて腹巻きやカイロをしたり、地元の不妊の人が通っているときいた整体にいって骨盤体操を毎日していました。

 

コッカスというドリンクものんでいつ妊娠してもよいように楽しみにしていました。

 

絶対にすぐできると思っていたのに毎月毎月生理がきて、私の方が滅入ってしまいました。

 

主人は私よりかはそこまで慌ててなくて大丈夫だと思っていたようです。

 

子供がまだできないの?てきなことも姑から遠回しに言われたりで凄いプレッシャーだと主人に話しました。

 

毎月排卵の日に夫婦の行為を行えてないから出来ないんだと主人を責めたりもしていました。

 

最終もうだめかもね…とあきらめて二人で生活していくことも話し合って視野にはいりました。

 

もともとは生理痛が月によりあるときがあるくらいで、他に自覚症状などのからだの不調はありませんでした。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

卵管造影検査翌月に妊娠!まさにゴールデン期間

妊活

 

不妊治療は1年くらい。
はじめは通院頻度は月2回くらいで基礎体温表に基づいて先生より排卵前排卵後に受診するようにいわれて、指導のみでした。

 

治療や検査が増えてきた頃は生理が終わったら通水検査、排卵が近づいてきたらホルモン注射をうち、子宮のなかを受精しやすいようにクッションをふかふかにしましょうといわれ注射していました。

 

卵管造影の検査もしました。
そして、血液検査。

 

内服薬ももらったと思います。

 

卵管造影をして、結果が片方は卵管がつまっていて、もう片方は細くて長い卵管なので子宮までたどり着けるかわからないといわれ、そこであきらめかけていました。

 

それによって糸がきれたのか翌月に妊娠しました。
病院では造影のあとがゴールデン期間といわれてましたが、先生からは人工受精を検討することといわれていました。

 

その後治療の効果もあり、妊娠して、無事出産しました。
出産後10ヶ月で二人目妊娠して、逆子でしたか普通分娩で出産しました。

 

その頃は生活に余裕もあったのでお金は大変だとは感じていませんでした。
治療費は主人の給料から受診していました。

 

自分には長い期間でしたが治療がまだ早い段階で妊娠できたのでそこまでお金のことを考えずにいられたのだと思います。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

不妊治療で夫婦険悪、セックスが仕事!愛情がわからない

妊活

 

不妊治療で体力的に大変だったことは、確率を少しでもあげたかったので排卵が近づいてくると毎日のように子作りの行為をしていたので、お互いにこれは仕事のようになっていたので、体力的にも気持ちも大変だったと思います。

 

仕事や家事で大変だったことは、結婚の時期が近かった友達が妊娠して、自分は妊娠できないと思って心から友達の妊娠に祝福できない自分が嫌で大変でした。

 

治療時に仕事は当時行っていなかったので、職場への迷惑などとくに問題はなかったです。

 

主人が長男の跡取りなので、親ほか周りはわたしたちに子供ができることを本当に心待にしていました。

 

とくに姑はすぐ妊娠すると思っているのか、『早く作ったらええんやー!』って簡単にいわれて心のなかで号泣しました。
姑のプレッシャーは、辛かったです。

 

とりあえず、卵管造影をするまでは妊娠のことで頭が一杯でお互いに相手・主人を思いやるとかできなかったです。

 

でも、卵管造影ををして、私が激痛だったこと、先生に結果を言われた言葉で主人が一緒に泣いてくれて大切に思ってくれてるんだと感謝をしました。

 

不妊治療で険悪になったことは、やっぱりセックスが仕事になってしまったことです。
愛があったかなかったのかわからないくらい淡々としていました。

 

なので仕事としてセックスしていた頃は会話も少なくお互いに疲れていました。

 

今だからあんなに一生懸命やらなくても良かったのにって思いますが、その時の私はやれることは一生懸命全部やりたいって思っていたのでもし同じ状況になっても同じようにすると思います。

 

今まで不妊治療など、やってきたことに後悔はありません。
妊娠して、無事出産できたのですから・・・。

page top