皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】片側卵管無しで妊娠出来るの?人工授精も出来ないと医者は言う

妊活

30歳女性、パート勤務です。
夫は30歳、看護士の男性です。

 

ふたりが出会うきっかけは、実家から上京して就職した職場の同期です。

 

交際開始〜結婚までの期間は4年です

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

夫婦でタイミング!排卵日のセックスが事務的になる

妊活

 

交際期間が長く、結婚までに時間がかかって、若いうちに子供は早く欲しいなと思うような状況でした。
ようやく結婚が決まったら、ほぼ同時に一人目を授かりました。

 

一人目を出産して、1歳になる頃から二人目を考え始めたのですが、避妊せずに1年半経過

 

病院に行き、治療を始めました

 

初めは、一人目も授かれたし二人目もそのうち授かれると簡単に考えていたので、アプリで排卵日を狙ったタイミング法を実践していました。

 

ですが全然合わず、1年経過してからちゃんと基礎体温を付けるようにしました。

 

アプリの生理周期と基礎体温を照らし合わせたタイミング法を夫婦自己流で実践していましたが、それでも半年経っても授かる事が出来なかったのです

 

ネットで色々調べて通販で排卵検査薬を購入し、基礎体温と排卵検査薬を使ってタイミングをとっていました。

 

自己流で色々と試してもダメ!
主人は2人目不妊の原因が私にあると思っていたようです。

 

不妊で妊活の事を会話をしても、ほぼ無関心な状態でした。

 

主人も、子供はもう一人欲しい気持ちはあるみたいだったのですが、やはり妊娠するのは女性である私

 

生理がくる度に落ち込む私をただ放っておくような状態で、いざ排卵日になっても、夫婦のセックスが事務的になっていました。

 

私もだんだんこんな状態が嫌になってきて、32歳までに授かれなかったらあきらめようとか、このくらい経っても子供ができなかったら病院で調べてもらおうと、私から夫に対して話しをしました。

 

夫には、セックス行為を事務的にしないでもらいたい事も打ち明けました。

 

私のカラダは、生理痛が重くて、若い頃は子宮内膜症の診断を受けていました。
一人目を産んだ後に卵巣嚢腫が見つかり、手術しています。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

排卵痛感じて夫婦でタイミング、妊娠検査薬は陽性!

妊活

 

不妊治療は、約2年間です

 

子宮外妊娠歴があり、片方の卵管がないので、最初は卵管造影検査を行い、5,000円ほどかかりました。

 

その後タイミングを見てもらう為に排卵日付近に通院

 

半年ほど経ってから黄体ホルモンの数値を計る血液検査をしたのですが、結果が悪かったので生理が来たら通院して排卵誘発剤のクロミッドも処方されました。

 

そして排卵日付近に注射をしてまた夫婦でタイミングを合わせるという流れで、月に3,000円〜5,000円ほどかかっていました。

 

左側の卵管がなく、毎回左側からしか排卵しないと言われました。

 

このままでは人工受精も出来ないといわれ、その日は注射も薬も出ずに帰され、泣きながら病院から帰宅したのを覚えています。

 

その周期の排卵日付近に排卵痛のようなものを感じて、タイミングをとりました。
生理予定日に出血があったのですが、翌日には止まっていて基礎体温も高温。

 

妊娠検査薬をドキドキしながら使ったら陽性でした!
鳥肌が立ちました。

 

度々出血があり心配でしたが、無事に出産できました。
医師も諦めモードで治療無しの時の、まさかの想定外の自然妊娠

 

自分でも驚いています。

 

経済的な事は、主人の給料も決して多くないし、主人は他人事で出してくれる事もなかったのでとても辛かったです。

 

月に5000円だとしても、2年で120,000円。

 

その他にも検査代・薬代などでかかっていたので貯金を崩して通った事もありました。

 

総金額では20万円〜30万円位になると思います。

 

幸い人工受精までいってないので、他の妊活ママさんに比較すればそこまで高額にはなりませんでした

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

思いつめない!悩まない!諦めモードも時には大事

妊活

 

通院中には、排卵痛が酷くて動けない月もありました。

 

病院までも車で30分ほどかかるので冬の雪道など辛かったです。

 

遅くに帰宅してからも家の家事などはいつも通りしないといけないので、病院に行った翌日などは疲れてヘトヘトになっていました。

 

不妊治療だと職場には言えず、婦人科の病気だとだけ伝えていたのですが、排卵日が確定していないので当日に早退なども多々あり迷惑をかけてしまう事がありました。

 

店長が男性だったためとても言いづらく、職場に既婚者も少なかったので職場での状況は厳しかったです。

 

一人目が3歳になった頃にだんだんと「二人目はまだなのか?いつ作る予定なのか?」など聞いてくる親戚や友達がいて、辛かったです。

 

ちょうど一人目が2歳の頃に子宮外妊娠になって精神的にも肉体的にも辛かった頃でした。

 

夫婦関係で良かったのは、やはり主人にも検査を受けてもらって、私からではなく病院の先生から今の状況を伝えてもらい、それをもとに話し合えた事です。

 

私だけが頑張っても出来るものじゃないので、たくさん話し合って、一緒に病院にも通ってもらいました。

 

しかし、なぜ妊娠出来ないのかイライラと不安で私が押し潰されそうになっていたのですが、主人は無関心で排卵日のタイミングすら事務的になっていました。

 

そういう態度なども私はストレスで、会話も減り、だんだん夫婦間は険悪になっていました。

 

今思うのは、もっと早く病院に行っていればよかったと思っています。
あとは、必要以上に悩まない事です。

 

私はアレコレと悩みすぎました。

 

実際授かった周期は先生に今期は見送りですと言われ諦めモードだったのに授かる事ができました。

 

あんまり思い詰めない方がやはり出来やすいんだなあと実感しています。
そう思うのも難しいんですけどね。

page top