皆がやってる妊活方法!どんな事する?やる事やった事【経験談】

妊活

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

妊活

【経験談】不妊治療病院と鍼灸院通院して月5万円の出費!先の見えない不安

妊活

20代女性、会社員です
夫は20代会社員の男性です。

 

2人が出会うきっかけは、会社の同僚で、飲み会にて知り合い、連絡先を交換した事から。

 

交際開始〜結婚までの期間は2年

妊活 >>>今まで何度も失敗、奇跡を起こしませんか?

吐き気と気を失うくらいの強い生理痛と多嚢胞性卵巣が不妊の原因?

妊活

 

お互い、結婚生活を楽しみたいという思いから、すぐには子供が欲しいとは思わなかったです。

 

1〜2年後に妊娠して、授かればいいかなという思いでした。
結婚して1年後から妊活開始するも、自然妊娠しなかったため不妊治療開始しました。

 

まずは基礎体温を計り、葉酸のサプリを飲み始めました。

 

サプリだけではダメと思い、冬には足がとても冷たくなるため、お風呂に毎日入って冷え性改善する努力もしました。

 

そうしながらも、基礎体温とおりものの変化により、自己流タイミングで頑張ってきました。

 

旅行に行く際は必ず子宝に恵まれる神社やスポットを探し、年末には子宝守りを買いました。

 

神社めぐりでは必ず子宝祈願(笑)・・・半信半疑でもお祈りです。

 

最近では、不妊専門の鍼灸院へ行き、お灸や針治療を行い、体を温めて血流を少しでも良くしようと努力しています。

 

鍼灸院の先生から月の満ち欠けにも体が影響することがあるとの情報を得て、新月の日にはお願い事をしました。

 

夫婦共に子供が大好きで、賑やかな家庭にしたいとの思いから、焦りもありました。

 

しかし、焦って授かるわけではないので私たちのペースで気長に頑張ろうと夫婦で毎日話をしています。

 

今後、家を購入予定ですが、家の間取りや場所、時期など子供に合わせて建てたいという話をしています。

 

子供や家の建築に関してはお互いすれ違いはなく、真剣に将来のことを考えています。

 

家の建築では、子供部屋の問題もあります。
子供部屋を最初から用意すべきか?

 

スマホやパソコンでは、インターネットで調べて、少しでも妊活に良い新しい発見があればとりあえず試してみようと夫と情報共有をしています。

 

私のカラダは、初潮からの生理不順がありました。
生理の初日には必ず吐き気と気を失うくらいの強い生理痛が起こります。

 

また、クリニックでは多嚢胞性卵巣と診断されました。

 

妊活 >>>生理が来るたび落ち込む貴女、諦めるのはまだ早い!

 

不妊治療は月5万円、不妊原因不明で先の見えない不安

妊活

 

不妊治療は、6ヶ月通院中です。

 

平日は仕事のため病院に通うことができないため、治療は週に一度のみです。

 

現在の検査内容としては血液検査と内診、そして鍼灸院での針とお灸の治療のみです。

 

治療費は血液検査は約7000円。
内診と診察で約500円。

 

不妊専門の鍼灸院は1回10,000円。
今までの治療費は30万円ぐらいですが、交通費で2〜3万円ほどかかっています。

 

血液検査はLH、FSHの数値より多嚢胞性卵巣と診断されたため、その後は多嚢胞性卵巣の原因を探るために再度血液検査を行いました。

 

現在はルトナールとクロミッドを服用し、タイミング法を行なっています。

 

生理不順と無排卵の可能性があることや、まだタイミング法は始めたところということから、しばらくはタイミング法にて様子を見ています。

 

同時に、鍼灸院にて針とお灸治療を行い、冷え性の改善にも務めています。

 

多嚢胞性卵巣ということから、なかなか卵がせず、血液検査での原因も不明とのことからいつタイミング法が終わるかは不明とのことでした。

 

先が見えない不妊治療はとても不安に感じてます。
会社員とはいえ、収入は多くありません。

 

毎月の貯金が出来ず、さらに貯金を崩さなければいけないことです。
交通費含め、一ヶ月に約5万円は不妊治療に使っています。

 

この先、体外受精や凍結などの方法を行うのであれば不安です。

 

妊活サプリ >>>経験者が飲んでいる!【妊活サプリベスト3】

 

20代不妊治療行くのは勇気がいる「治療に行く=自分が不妊」認める事に

妊活

 

お互い正社員のため、仕事が終わってからは疲れてなかなかタイミングが合いませんでした。

 

知人から紹介された不妊治療の病院が、家から約2時間かかるため、通院にかかる時間が長いことから、体力的に疲れることが多かったです。

 

ストレスや疲れを溜めるのは妊娠しづらいと聞くので、転院も検討中です。

 

結婚してすぐに周りから「子供はまだ?」と何度も聞かれることが辛かったですね。

 

「子供が欲しくて頑張ってるのに出来ない」なんて周りに言えず、誤魔化す毎日。

 

同僚からは悪気はないだろうが「予定外に子供が出来ちゃった」と言われ、素直におめでとうと言えませんでした。

 

親族の集まりの際に必ず子供の話が出るので、とてもプレッシャーに感じることが多いです。
そして、親族の集まりにも行きにくくなりました。

 

夫婦間では私たちのペースで頑張ろうと言い聞かせてるのですが、「子供ができたら…」とか「そろそろ子供は?」と言われると自分の気持ちを保つことが難しくなり、辛かったです。

 

不妊治療して分かった事は、妊娠すること、出産をすることは奇跡的なことだということを理解できました。

 

妊活・不妊治療を終え、無事妊娠、出産できた時には、他の人よりもたくさんの苦労をした分、たくさんの愛情を子供に注いであげようねと夫と話をしています。

 

頑張ろうというモチベーションがずっと保てず、「なぜ私は妊娠できないの?」「なぜ他の人は簡単に妊娠するの?」と辛くなり、泣いてしまうこともありました。

 

どれだけ怒っても、どれだけ泣いても、現状は変わらないのは分かっているが、自分の気持ちをぶつけてしまった時に夫とは喧嘩になりました。

 

最初、不妊治療をすることにとても勇気がいりました。
20代でしたし、「治療に行く=自分が不妊」として認めてしまう気がします。

 

ただ、今思えばもう少し早い段階で治療していたらよかったなと思います。
まだ20代ですが、いつ妊娠するかわからない不安と今も毎日戦っています。

 

定期的に検診を行ったり、病院に相談しに行くことでスムーズに妊娠することも出来たのかなと思います。

page top